Chat WiFiに無制限プランが新登場

カシモWiMAXとGMOとくとくBBはどっちがいい?料金やキャンペーンを徹底比較

当ページのリンクには広告が含まれています。
カシモWiMAXとGMOとくとくBBをプロが徹底比較

カシモWiMAXとGMOとくとくBB WiMAXは最安値級WiMAXプロバイダとして人気があります。

今コチラの記事をご覧のあなたも、「どう違って契約するのはどっちがいいんだろう?」という疑問をお持ちではないでしょうか。

結論からお伝えすると、手間なく現実的な安さと安心感で選ぶならカシモWiMAXです。その理由は、料金の安さだけでなく契約条件などを含めた、想定外の費用の掛からなさと安心感において、明らかに違いがあるからです。

山本

カシモWiMAXは、シンプルな安さで人気がありますよね!

よっくん

シンプルという言葉が本当に深いです。
GMOとくとくBBも安いですが、カシモWiMAXの安心感に及ばずといった印象もあります。

カシモWiMAXとGMOとくとくBBにはどんな違いがあるのか?料金差はどの程度なのか?一般的な比較ではわからない部分を丸裸にしました。

この記事の監修者
瀬戸根(セト・せっちゃん)

瀬戸根 弘宜
ネット回線アドバイザー

神戸新聞社が認めるネット回線アドバイザーであり株式会社LIFEFiTの代表取締役。利用ユーザーのことを第一に考えた、本来あるべきインターネット回線の選び方を提唱。Yahoo知恵袋専門家でもある。
監修者プロフィール(マイベストプロ)

WiMAXプロバイダ全ての比較はこちら

この記事の目次

カシモWiMAXとGMOとくとくBBの基礎情報

まず、カシモWiMAXとGMOとくとくBBの料金プランやキャンペーン情報など、おさらい的に簡単にご紹介します。

カシモWiMAXの料金プラン・キャンペーン

カシモWiMAX 最新18000円キャッシュバック
転載:カシモWiMAXキャンペーンサイト
※当サイト経由限定キャンペーン
項目ギガ放題プラス
(WiMAX+5G)
容量制限無制限
(3日制限なし)
月額料金毎月4,818円
(初月:1,408円)
キャンペーンAmazonギフト券
18,000円
+
解約時端末5000円買取
※自動送付&当サイト経由限定
端末代実質無料
(36ヶ月770円割引がある))
事務手数料3,300円
必須オプション不要
利用回線au 5G
au4GLTE
WiMAX2+
※デフォルト時
違約金0円
契約期間縛りなし
2023年2月1日〜の現行プラン

月額料金は4,818円固定で、初月のみ1408円固定となっています。途中から値上がりしないので安心感のあるプラン設計となっています。

カシモWiMAXのキャンペーンについて

カシモWiMAXは原則キャンペーンを行っていません。

しかし、カシモWiMAXが優秀だと認めるサイト経由であれば、Amazonギフト券10,000円を自動的にプレゼントを行う特別キャンペーンがあります。

キャンペーン画像
通常キャンペーンカシモWiMAX公式サイト
通常の公式ページ
Amazonギフト券
キャンペーン
カシモWiMAX限定キャッシュバック
限定公式キャンペーンページ
(Amazonギフト券10,000円)
どちらも公式キャンペーンです。

Amazonギフト券のある公式キャンペーンページには、「当ページ限定特典18,000円分」の記載があります。

カシモWiMAX18000円キャッシュバック

この記載がないページからのお申込み時はAmazonギフト券は受け取れないのでご注意ください。

GMOとくとくBBの料金プラン・キャンペーン

GMOとくとくBB WiMAX 2024年4月からのキャンペーン
転載:GMOとくとくBB WiMAX
項目ギガ放題プラス
(WiMAX+5G)
容量制限無制限
(3日制限なし)
月額料金1~35ヶ月目3,762円
36ヶ月目~4,807円
(初月:1,375円)
キャンペーン現金17,000円
キャッシュバック
※4.0万円は他社乗り換え時のみ
端末代27,720円
(分割なら770円×36回)
事務手数料3,300円
必須オプション2種類
利用回線au 5G
au4GLTE
WiMAX2+
※デフォルト時
違約金なし
契約期間縛りなし

GMOとくとくBB WiMAXは、実質総額ベースで最安値級となるようキャッシュバックを利用したプラン設計をしています。

ただキャッシュバック条件などを踏まえると、悪く言えば安く見せてるプランとも言えます。

GMOとくとくBB WiMAXのキャンペーンについて

GMOとくとくBB WiMAXのキャンペーンは一つだけです。

キャンペーン画像
キャッシュバック
17,000円
GMOとくとくBB WiMAX 2024年4月からのキャンペーン

GMOとくとくBBは17,000円キャッシュバックキャンペーンのみとなっています。

ただ他社からの乗換えで契約する場合、最大40,000円キャッシュバックが受けられるキャンペーンもあります。

カシモWiMAXとGMOとくとくBBはどちらも取扱い機種は同じ

カシモWiMAXとGMOとくとくBB WiMAXは、どちらも同じ機種を取り扱っており、モバイルルーター1機種とホームルーター1機種となっています。

Speed Wi-Fi 5G X12(モバイルルーター)

Speed Wi-Fi 5G X12

Speed Wi-Fi 5G X12は、Speed Wi-Fi 5G X11の後継機として2023年6月1日登場したモバイルルーターです。

下り最大速度が3.9Gbpsとハイスペックに仕上がっており、今までになかった5G SA(5G通信時に今まで以上に速く低遅延になる)や、5G回線を受信しないモードにできるネットワークモード切り替え機能がつきました。

特にネットワークモード切り替えは、5Gエリアとの境目やビル内等で安定した通信ができるようになるモードとなっており、5G回線の電波が弱い、5G回線の電波が来ているはずなのに遅いと言った場合に効果的です。

項目詳細
名称Speed WiFi 5G X12 NAR03
メーカーNECプラットフォームズ
発売日2023年6月1日
対応回線・5G(Sub6/NR化)
・4G LTE
・WiMAX 2+
通信速度下り最大:3.9Gbps
上り最大:183Mbps
バッテリー
(連続使用時間)
約9時間
※メーカーでは約540分と記載
サイズ約W136.0×H68.0×D14.8mm
重量約174g
液晶サイズ2.4インチ
同時接続台数Wi-Fi:16台
USB:1台
WiFi規格IEEE802.11a/n/ac/ax(5GHz)
IEEE802.11b/g/n/ax(2.4GHz)
※WiFi6対応
Bluetooth規格Ver.5.1
USB端子USB Type-C
カラーバリエーションシャドーブラック
アイスホワイト
クレードル対応
対応
端末価格プロバイダ次第
対応プランギガ放題プラスS
Speed Wi-Fi 5G X12のスペック表

Speed Wi-Fi HOME 5G L13(ホームルーター)

Speed Wi-Fi HOME 5G L13

Speed Wi-Fi HOME 5G L13は、従来機種のSpeed Wi-Fi HOME 5G L11やL12より、スペック上の通信速度は約160%向上(下り速度1.5Gbp向上、上り速度103Mbps向上)しています。

今まで最速だったドコモのホームルーター「home5G HR02」と同じ速度に仕上がっており、マンションタイプの光回線の規格上の速度より速い数値となっています。

また5G SAモードも利用できるので、5G Sub6回線が安定して入るエリアだと、さらに高速・低遅延での通信が可能になった機種です。

項目詳細
製品名Speed Wi-Fi HOME 5G L13 ZTR02
発売日2023年6月1日
メーカーZTE Corporation
対応回線au 5G(Sub6/NR化)
au 4G LTE
WiMAX 2+
速度下り最大4.2Gbps
上り最大286Mbps
サイズW100×H207×D100mm
重量635g
有線ポート有線LAN2つ
WiFi規格IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz)
※Wi-Fi6の4ストリーム対応
同時接続台数WiFi32台
有線LAN2台
※2.4GHz:20台,5GHz:20台
WiFiセキュリティーWPA3
※最新規格
SIM(UIM)au Nano IC Card 05 U
対応プランギガ放題プラスS
(5G SA専用プラン)
Speed Wi-Fi HOME 5G L12のスペック表
販売終了した旧機種

それぞれの端末スペックを詳しくご紹介します。

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01(販売終了)

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

WiMAX+5G専用のモバイルWiFiルーターで、一番おすすめのハイスペックなモバイルルーターです。

4G回線通信時でもWX06より速く、5G回線通信時なら100Mbps以上でることも多いですが、Galaxy 5G Mobile Wi-Fiの強みはそれだけではありません。

端末としての操作性の良さやバッテリー持ちの良さもココ6年間で一番の出来となっています。

項目WiMAX+5G専用
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
スタイルモバイル型
正式名称Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01
メーカーSAMSUNG
対応プランギガ放題プラス
通信速度下り最大:2.2Gbps
上り最大:183Mbps
通信回線
(スタンダード時)
※ハイスピードモード含む
au 5G(3.7GHz)
WiMAX2+(2.5GHz)
au 4G LTE(1.7GHz/2GHz)
サイズW147×H76×D10.9㎜
重量203g
連続使用時間
(バッテリー)
最大16時間
WiFi規格IEEE802.11b/g/n(2.4GHz)
IEEE802.11a/n/ac(5GHz)
セキュリティーWPA2
同時接続台数最大10台

Speed Wi-Fi 5G X11(販売終了)

Speed WiFi 5G X11(ホワイト)

WiMAXから2つ目に登場した5G専用モバイルルーターです。

Wi-Fi規格やセキュリティーは最新のものを採用していますが、液晶付きではあるもののタッチパネルではないので操作性はGalaxy 5G Mobile Wi-Fiに劣ります。

項目WiMAX+5G専用
Speed Wi-Fi 5G X11
スタイルモバイル型
正式名称Speed WiFi 5G X11 NAR01
メーカーNECプラットフォームズ
対応プランギガ放題プラス
通信速度下り最大:2.7Gbps
上り最大:183Mbps
通信回線
(スタンダード時)
※ハイスピードモード含む
au 5G(3.7GHz)
WiMAX2+(2.5GHz)
au 4G LTE(1.7GHz/2GHz)
サイズ約W136×H68×D14.8mm
重量約174g
連続使用時間
(バッテリー)
約8時間
※メーカーでは約490分と記載
WiFi規格IEEE802.11a/n/ac/ax(5GHz)
IEEE802.11b/g/n/ax(2.4GHz)
※WiFi6対応
セキュリティーWPA3
同時接続台数最大16台

最新機種ではありますが、バッテリー持ちなどを含めて考えると、Galaxy 5G Mobile Wi-Fiにするのをおすすめします

Speed Wi-Fi HOME 5G L11(販売終了)

Speed Wi-Fi HOME 5G L11(WiMAX+5G)

ホームルータでも一番人気を誇るWiMAX+5G専用ホームルーター。

ホームルーターとしてのスペックも非常に高く、更にスペック上の通信速度はWiMAX最速の2.7Gbpsまで対応。

また、次世代型高速WiFi規格であるWiFi6に対応しており、更にWiFiセキュリティー規格もWPA3と最新のものを採用しています。

そのため、”最速級かつ安全にWiFiが使えるホームルーター”でもあります。

※WiMAX2+(4G)のホームルーターは既に生産終了していて、多くのプロバイダで販売終了しています。

項目WiMAX+5G専用
(HOME 5G L11)
スタイル据え置き型
正式名称Speed Wi-Fi HOME 5G L11
メーカーZTE
対応プランギガ放題プラス
通信速度下り最大:2.7Gbps
上り最大:183Mbps
通信回線
(スタンダード時)
au 5G(3.7GHz)
WiMAX2+(2.5GHz)
au 4G LTE(1.7GHz/2GHz)
サイズW70×H182×D124㎜
重量599g
連続使用時間
(バッテリー)

※コンセント給電必須
WiFi規格802.11a/b/g/n/ac/ax
WiFi6対応
セキュリティーWPA3
同時接続台数最大30台

Speed Wi-Fi HOME 5G L12(販売終了)

Speed Wi-Fi HOME5G L12

WiMAXから11月に登場した最新のホームルーターで、Wi-Fi6の更にスペックの高い4ストリームに対応したハイスペック端末です。

発売して間もないので情報自体少ないですが、実際のスペックはSpeed Wi-Fi HOME 5G L11とあまり差がなく、どちらを選んでも良いでしょう。

特に最近は、国内の半導体メーカーは料金の割にスペックが低いと言われているため、あえてZTEのSpeed Wi-Fi HOME 5G L11にする方も多いことと思います。

項目詳細
スタイル据え置き型
正式名称Speed Wi-Fi HOME 5G L12 NAR02
メーカーNECプラットフォームズ株式会社
対応プランギガ放題プラス
対応回線au 5G(Sub6/NR化)
au 4G LTE
WiMAX 2+
通信速度下り最大2.7Gbps
上り最大183Mbps
通信回線
(スタンダード時)
au 5G(3.7GHz)
WiMAX2+(2.5GHz)
au 4G LTE(1.7GHz/2GHz)
サイズW101×H179×D99mm
重量446g
連続使用時間
(バッテリー)

※コンセント給電必須
有線ポート有線LAN2つ
WiFi規格IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz)
※Wi-Fi6の4ストリーム対応
WiFiセキュリティーWPA3
※最新規格
同時接続台数42台
有線LAN2台
WiFi40台
※2.4GHz:20台,5GHz:20台
対応プランギガ放題プラス
(5G専用プラン)
Speed Wi-Fi HOME 5G L12のスペック表

カシモWiMAXとGMOとくとくBBを4軸で徹底比較|料金・キャンペーン・サポート・契約後の手間など

ここから、カシモWiMAXとGMOとくとくBBのどちらを契約するべきか判断できるように、「料金の安さ」「キャンペーンの受けやすさ」「契約後の手間」「サポートの安心感」の4つを徹底的に比較しました。

カシモWiMAXとGMOとくとくBBはどっちが安い?料金を徹底比較

カシモWiMAXとGMOとくとくBBはどちらも実質的に縛りなしなので、2年間シッカリ利用して解約する想定と、1年間ほどで解約する想定の2種類の料金比較を行いました。

2年間の料金比較表

※現行機種「Speed Wi-Fi 5G X12(X11の後継)」「Speed Wi-Fi HOME 5G L13(L11の後継)」で利用できるギガ放題プラスSの最新比較表です。

※2024年4月17日時点のデータ

スクロールできます
プロバイダ実質月額
(2年想定)※1
実質総額
(2年分)
月額料金
(初月)
端末代キャンペーン事務手数料契約期間解約時費用
最安値
カシモWiMAX
カシモWiMAX 最新18000円キャッシュバック
※当サイト経由限定
キャンペーン
端末買取なし
4,093円
端末買取あり
3,894円
端末買取なし
102,340円
端末買取あり
97,340円
毎月4,818円
(初月:1408円)
実質0円
※2年で実質無料
一括:27,720円
分割:1155円×24ヶ月

※2年間毎月1155円割引有
Amazonギフト券
18,000円

※当サイト経由限定

解約後
端末5000円買取
3,300円縛りなし0円
現実的人気No1
BIGLOBE WiMAX
BIGLOBE WiMAX メインビジュアル
※当サイト経由限定
キャンペーン
4,119円102,972円1~24ヵ月3,773円
25ヶ月目~4,928円

(初月無料)
一括:27,720円
分割:1,155円×24ヶ月

分割770円×36ヶ月
現金18,600円
キャッシュバック

※当サイト限定キャンペーン
3,300円縛りなし0円
+
※36分割時は

端末残債9240円
GMOとくとくBB
GMOとくとくBB WiMAX 2024年4月からのキャンペーン
CB受取失敗時
4,907円

CB受取時
4,227円
CB受取失敗時
122,683円

CB受取時
105,683円
1~35ヶ月目3,762円
36ヶ月目~4,807円
(初月:1,375円)
一括:27,720円
分割:770円×36回
現金17,000円CB
※40,000円は
他社乗換時のみ
※1年後
※オプション2種類必須
(総額728円)
3,300円2年間0円
+
※分割時は

端末残債9240円
5G CONNECT
5G CONNECT
※3ヶ月おまとめ時
4,502円112,550円1~24ヶ月4,300円
25ヶ月~4,950円
(初月:1ヶ月目カウント)
実質無料
※毎月1375円だが
2年間同額割引がある
3ヶ月おまとめ払い時
毎月200円割引
&
30日お試し
4,400円2年間1~24ヶ月
4,500円
Vision WiMAX
Vision WiMAX
5,208円130,206円1~12ヶ月目4,400円
13ヶ月目~5,049円
(初月:0円)
一括:24,420円
分割:12,210円×2回
現金10,000円
キャッシュバック
3,300円2年間1~24ヶ月
5,049円
シンプルWiFi
シンプルWiFi
4,972円124,300円毎月4,840円無料レンタルなし3,300円縛りなし0円
UQ WiMAX
UQ WiMAX
4,969円124,234円1~13ヵ月:4,268円
14ヶ月目以降:4,950円

(初月:日割り)
一括:6,732円端末割引3,300円縛りなし0円
+
※分割時は

端末残債9240円
Broad WiMAX
Broad WiMAX
(新プラン)
5,289円126,929円1~36ヶ月目3,773円
37ヶ月目~4,818円
(初月1,397円)
一括:31,680円
分割:880円×36回
なし3,300円2年間1~24ヶ月:4,818円
25ヶ月以降0円

+
端末残債
ヨドバシWiMAX
ヨドバシWiMAX
(家電量販店系代表)
4,595円114,884円1~12ヵ月:4,268円
13ヶ月目以降:4,950円

(初月:日割り)
0円
※店舗により異なる
なし無料縛りなし0円

端末残債
ASAHI NET
WiMAX
ASAHINET WiMAX
5,004円125,092円1~11ヵ月:2,728円
12ヶ月目以降:4,928円

(初月:無料)
一括:27,720円
※別途代引き手数料440円
なし3,300円縛りなし0円

端末残債
J:COM WiMAX
J:COM WiMAX
4,988円124,696円1~12ヵ月:4,268円
13ヶ月目以降:4,950円

(初月:無料)
10,780円端末代割引3,300円縛りなし0円

端末残債
au WiMAX
auロゴ
6,938円173,450円1~12ヶ月目4,908円
13ヶ月目~5,458円
(初月日割り)
一括:27,720円
分割:770円×36ヶ月
なし3,300円縛りなし0円

端末残債
FreeMAX+5G
FreeMAX+5G
4,932円123,300円毎月4,800円無料レンタルなし3,300円縛りなし0円
ZEUS WiMAX取扱いなし
ギガ放題プラスSの2年利用の料金比較表
※実質総額は、月額料金(24ヶ月分)+初月分(0ヶ月目分)+事務手数料+端末代+解約違約金の合計からキャッシュバック分を差引きした実質負担額です。
※1 実質月額は、実質総額を初月分も含む25ヶ月分の月額に計算しなおした実質的な月額です。
※2 キャッシュバックが最もお得なサイト経由キャンペーンを選択

キャンペーンなど全てを含めた料金の実質的な安さでは、「カシモWiMAX」が安いです。

カシモWiMAXの勝ち

実際、カシモWiMAXとGMOとくとくBB WiMAXの2年間の料金差は、8,343円〜25,343円もあり、大きな料金差があります。

また、GMOとくとくBBには注意点があり、キャッシュバックを受け取れた場合に限る!ということです。

もし万が一、キャッシュバックを受けられなかった場合は、カシモWiMAXのほうが圧倒的に安いという結果になります。

キャッシュバックが
受けられなかった場合の料金比較

プロバイダ2年総額
(CB受取失敗時)
月額料金
カシモWiMAX
カシモWiMAX 最新18000円キャッシュバック
アマギフ18000円
97,340円
※ほぼ確実に受け取れる
毎月4,818円
(初月:1408円)
GMOとくとくBB
GMOとくとくBB WiMAX 2024年4月からのキャンペーン
現金17,000円
※11ヶ月後に手続き
122,683円1~35ヶ月目3,762円
36ヶ月目~4,807円
(初月:1,375円)
キャッシュバックが受けられなかった場合の料金比較

なぜ、GMOとくとくBBのキャッシュバックが受けとれないリスクを想定するべきなのか?という答えは次のキャンペーンの受けやすさ比較でわかります。

またさらに、オプション代金がかかるリスクと、コールセンターでの通話料がかかってしまうリスクもあるので、この比較通りの結果にならない想定でいる方が理想ではあります。

カシモWiMAXとGMOとくとくBBのキャンペーンの受けやすさを徹底比較

キャンペーンの受けやすさ=キャッシュバックの受けやすさで、キャッシュバックには条件があるプロバイダも多いので、比較をする際に無視できない要素の一つです。

キャンペーンの受けやすさという点を比較すると以下の様になります。

プロバイダキャンペーン
(キャッシュバック)
条件
カシモWiMAX
カシモWiMAX 最新18000円キャッシュバック
Amazonギフト券
18,000円
・キャンペーンページから申し込む
3ヶ月後に届くアンケートに回答
GMOとくとくBB
GMOとくとくBB WiMAX 2024年4月からのキャンペーン
現金25,000円
キャッシュバック
・キャンペーンページから申し込む
・11ヶ月後に届くGMO用メールから手続き
・契約時オプション2つ加入

※手続きには期限がある
キャッシュバックが受けられなかった場合の料金比較

カシモWiMAXは、キャンペーン用公式ページから申し込みをして、3ヶ月後にメールで届くアンケートに回答するだけとp超簡単です。

Amazonギフト券はアンケート回答後、自動的に申し込み時に入力したメールアドレスに3ヶ月目と12ヶ月目に送られてきます。

カシモWiMAXの勝ち

GMOとくとくBBのキャッシュバックはお世辞にも受けやすいと言えない内容になっています。

GMOとくとくBBのキャッシュバックは受取り難易度が高い!?

GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックには、以下4つの注意点があります。

4つの注意点
  • GMO申し込み時に新規発行したメールアドレスに、端末発送月を含む11ヶ月後にキャッシュバック手続き用メールアドレスが届く
  • 手続き用メールが届いた日の翌月末までに手続きが必要
  • メール転送設定をしていないと、タイミングをみてBBnaviにログインが必要
  • 大量に届いているメルマガの中から探す必要がある

キャンペーンサイトには、たった3STEPでキャッシュバックが受け取れるとなっていますが、手順を明確にすると上記注意点が目立ってしまうわけです。

思ったより簡単と思う人もいるかもしれませんが、ほとんどが11ヶ月後ってだけで忘れるかもしれないのに、更に普段使わないメールアドレスを11ヶ月後に見にいかないといけないの?と不安に思う方ばかりです。

しっかりと全て対策しても、カシモWiMAXと3年間336円しか差がでないので、手間を考えるとカシモWiMAXの方がお得と言うのは間違いではないでしょう。

瀬戸根

信用できる情報筋から聞いた話では、キャッシュバックは7割が受け取れてないようです。
情報非公開のため裏取りはできていませんが・・・。

GMOとくとくBBのキャッシュバックを確実に受取る対策

GMOとくとくBBのキャッシュバックを確実に受取るための対策は、以下3つを確実に行うだけしかありません。

  1. 申込時に発行したGMOとくとくBBのメールアドレスをスクショorメモ
  2. 発行されるBBnaviログイン用「ID」「PASS」をスクショorメモ
  3. 端末到着時から11ヶ月目の末日にリマインダーをセット(カレンダーの通知機能)

これらの対策は、ある程度のリテラシーがある方なら問題なくできるかと思いますが、一つでも意味不明であれば、キャッシュバックの受け取り忘れのリスクが高いと思ったほうが良いです。

GMOとくとくBBにされる場合は、受け取れないかもしれないと考えておくか、いっそカシモWiMAXにするかをおすすめします。

カシモWiMAXとGMOとくとくBBの契約後の手間を徹底比較

契約後の手間というのは以下3つです。

  • 必須オプションを解除する手間
  • キャッシュバックの受け取り手続きの手間
  • 解約時の手続きの手間

この3つの手間を比べてみました。

カシモWiMAXGMOとくとくBB
カシモWiMAX 最新18000円キャッシュバックGMOとくとくBB WiMAX 2024年4月からのキャンペーン
必須オプション
なし

2種類
(1ヶ月経過後WEBで解除可)
キャッシュバック
受取り手続き

3ヶ月後
アンケート回答

11ヶ月後
GMOメールから手続き
解約時の手続き
電話のみ

電話のみ
(更新月のみWEBで可)

先に結論からお伝えすると、カシモWiMAXはほとんど手間の掛からないプロバイダです。対照的にGMOとくとくBBは少々手間の掛かるプロバイダとなっています。

カシモWiMAXの勝ち

カシモWiMAXは「必須オプション」「キャッシュバック受取り手続き簡単」ですが、GMOとくとくBBは必須オプションを外す手間も必要で、キャッシュバックの受取り手続きは11ヶ月後に必要です。

また、解約する際の手続き方法として問題となるのがコールセンターの繋がりやすさで、カシモWiMAXは解約したい時でもコールセンターに少々待つ事はあっても、しっかりと繋がります。

ただGMOとくとくBBは、更新月であればBBnavi(WEB)で解約ボタンが出ているので簡単に解約できますが、更新月以外はコールセンターへの電話が必要で、15分〜40分程度待たされることもよくあり、回線混雑時なんかは勝手に通話が切れてしまうこともあります。

ちなみに、GMOとくとくBBのコールセンターはナビダイヤルなので待機中も通話料がかかるため非常に高額になります。

どうしてもGMOとくとくBBは手間が少々かかるプロバイダとなってしまいます。

瀬戸根

GMOとくとくBBのコールセンターに繋がらないという悪い口コミは、少々目立っているのも確かです…。

カシモWiMAXとGMOとくとくBBのサポートの安心度を徹底比較

サポート事態の幅は、各プロバイダで差はほとんどありませんが、サポートの受けやすさにおいてはものすごく差がでてしまいます。

そして、サポートの受けやすさは以下3つに現れます。

  • コールセンターの繋がりやすさ
  • メールのレスポンス
  • サポートの営業時間

ある意味で、サポートが受けやすいプロバイダ=安心感のあるプロバイダとも取れるわけで、機械等に疎い方はサポートが受けやすいプロバイダにしておきたいですよね。

カシモWiMAXGMOとくとくBB
カシモWiMAX 最新18000円キャッシュバックGMOとくとくBB WiMAX 2024年4月からのキャンペーン
コールセンターの
繋がりやすさ
(平均的な待ち時間)
平均5~15分平均15~35分
メールのレスポンス最短1時間
(営業時間後は翌日になる)
最短5~6時間
(翌日以降がほとんど)
サポートの営業時間10:00~17:00
(年末年始除く)
平日10:00 ~19:00
(土日祝休み)
コールセンター窓口050-3185-6551
(IP電話)
0570-045-109
(ナビダイヤル)

基本的に、カシモWiMAXはサポートセンターの応答が早いプロバイダの一つです。

サポートセンターの営業時間事態は短いですが、土日祝日でも営業しているので平日は忙しくて電話できないという方でも安心して連絡できるようになっています。

ただ、GMOとくとくBBは人員が非常に少ないのか、コールセンターはかなり待たされる事が多く、サポートが受けやすいかというと全く真逆といっていいかもしれません。

ちなみに、カシモWiMAXはIP電話なので通常3分8円(スマホの場合はスマホのプラン次第)と安くなっていますが、GMOとくとくBBはナビダイヤルなので20秒毎に11円(3分99円)が必ず掛かります。

またナビダイヤルは呼び出し中も料金が加算されるため、30分待たされると何も喋っていないのに990円かかったことになります。

こういった点を踏まえると、カシモWiMAXはサポートに繋がりやすく、高額な通話料になりにくいといえますね。

カシモWiMAXの勝ち

カシモWiMAXとGMOとくとくBB WiMAXは総合的にどっちがいい?

結論からお伝えすると、カシモWiMAXがおすすめです。

カシモWiMAX 最新18000円キャッシュバック
転載:カシモWiMAXキャンペーンサイト
※当サイト経由限定キャンペーン

理由は「キャッシュバック手続き簡単&オプション不要で、一切無駄な費用が掛からないシンプルな安さだから」です。

逆に、GMOとくとくBBをおすすめしない理由は「カシモWiMAXより無駄な費用がかかるリスク、カシモWiMAXより高くついてしまうリスクがあるから」です。

カシモWiMAXGMOとくとくBB
実質月額
(キャッシュバック受取時)
3,894円

4,093円
4,227円
実質月額
(キャッシュバック受取失敗時)
3,894円

4,093円
(アンケート回答後自動送付)
※ほぼ受け取り失敗しない
4,907円
初月分1,408円固定1,375円固定
端末代実質無料
(2年利用で実質無料)
27,720円
その他費用
(掛かる可能性のあるもの)
掛からない・オプション代
・ナビダイヤルの通話料
オプション不要2種類必須
キャッシュバック受取方法アンケート回答後
自動送付
11ヶ月後に届くメールから
受取手続きが必要
契約後の手間なし・1ヶ月経過後にオプション解除
・11ヶ月後にキャッシュバック手続き
コールセンターの繋がりやすさ平均5~15分平均25~40分
2年利用時の料金

GMOとくとくBBは、キャッシュバックを含めた比較上では非常に安い料金設定となっていますが、どうしてもオプションを外す手間(1ヶ月経過しないとWEBからは外せない)、キャッシュバックの受け取れないリスクがあります。

オプションは解除しても費用がかかるかも?

GMOとくとくBBのオプションはWEB(BBnavi)で解除できますが、契約してから1ヶ月経過後しかオプション解除ボタンが表示されません。

またGMOとくとくBBの締日は20日なので、20日を経過してオプション解除した場合は、翌月解除扱いになってしまうので、WEB解除だと無駄に1ヶ月分のオプション代がかかることがあります。

また、電話でオプション解除することも可能ですが、決まって20分以上待たされて、繋がってからも5〜10分程度掛かるので、通話時間合計が30分を超える事が多く、約1,000円ほどの通話料が掛かる可能性があります。

ちなみに解約をする時も同じように通話料がかかります。

見た目の安さだけで選んでしまうと、後々手続きを忘れていたりすれば、カシモWiMAXより高くついてしまうことになります。

だからこそ、プロ目線でみても契約後の安心感もあり、利用中もしっかり安いカシモWiMAXがおすすめなのです。

シンプル最安値&サポートも高評価

申し込み簡単!5分で手続き完了します。

カシモWiMAXとGMOとくとくBBをプロが徹底比較

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事の目次