クラウドWiFiの評判とプロの評価|縛りなしでおすすめできるがデメリットもある

クラウドWiFiの評判とプロの評価|縛りなしでおすすめできるがデメリットもある

クラウドSIM型ポケットWiFiの「クラウドWiFi」は縛りなしプランでは非常に安いということで、人気ランキングでも上位!

そんなクラウドWiFiは本当に安くておすすめできるのか?繋がらない・遅いなどのデメリットが無いのか等々、これから契約をする上で気になる部分があることと思います。

そんな方のために、クラウドSIMを熟知しているプロが、徹底的に他社と比較して、クラウドWiFiのメリット・デメリットから評判までの調査した結果をご紹介します。

この記事の監修・執筆
吉川(よっくん)

吉川(よっくん)
Chat WiFi実務担当,クラウドSIMに詳しい人

ChatWiFiの顧客対応や実務のメイン担当。常にクラウドSIMやSoftBankSIMのことに触れ、ユーザーの気持ちに寄り添っている。モバイルWiFiの中でもクラウドSIMの知識量が豊富で、困った時の対処法からお客様一人ひとりに合わせた選び方などあらゆる方向性で活躍している。株式会社LIBAROCUS所属

プロフィール・関連記事一覧はこちら

この記事の目次

クラウドWiFiの評価早見表

クラウドWiFi
クラウドWi-Fiの総合評価
料金の安さ
縛りなしでは最安値級
縛りありのクラウドSIMよりは少し高め
キャンペーン
キャンペーンはないが…
無駄な手間なくシンプルなのが良さ
通信速度の速さと安定性
遅くなりやすいクラウドSIMの中で
安定して速度がでている方である
解約のしやすさ
15日までなら当月解約が可能!
手続きはWEBで簡単
端末スペック
他クラウドSIMと変わらない
サポート&安心感
端末以外に弁済金がかからない

縛りなしのクラウドSIMで最安値級であり、縛りなしのクラウドSIMなら解約のしやすさとサポートの受けやすさから最もおすすめ!

クラウドWiFiをプロとしての評価を一文にしてみると、上記がそのまま当てはまります。

契約期間がないプランでシッカリと安くて、シンプルに面倒な手間なく使えるクラウドSIMをお探しの方であれば、間違いなくおすすめですよ。

\ 解約しやすく最安値級のクラウドSIM /

クラウドWi-Fiの基礎情報

クラウドWiFi

クラウドWi-Fiの運営元は、「WiFi東京レンタルショップ」というモバイルWi-Fiレンタル事業を行っている「株式会社ニッチカンパニー」です。

レンタル事業は問い合わせが非常に多い業種となり、対応力を求められますが、そういった基盤を活用しながらクラウドWi-Fiを運営しています。

クラウドWiFiの料金プラン

100GBプラン
100GB
50GBプラン
50GB
20GBプラン
20GB
月額料金3,718円2,980円2,580円
データ容量100GB50GB20GB
端末U3
U3
U2s
U2s
U2s
U2s
端末代0円
※レンタル品
0円
※レンタル品
0円
※レンタル品
契約期間縛りなし縛りなし縛りなし

クラウドWiFiの料金プランは、シンプルに20GB/50GB/100GBの3つのプランがあるだけです。

どのプランを選んでも、契約期間は縛りなしであり、支払い方法はクレジットカード払いのみとなっています。

端末だけ100GBプランはU3で、20GB/50GBプランはU2sとここだけ違います。

クラウドWiFiの取り扱い端末

クラウドWiFiの取り扱い端末は、uCloudlink社の「U3」と「U2s」のみとなっています。

クラウドSIM型モバイルWiFiでは一般的な端末で、電源ボタンひとつだけとシンプルに使え、バッテリー持ちも約12時間と長時間持ってくれるので、どちらも非常に人気の高い端末となっています。

ただ、デメリットもあり、液晶画面がついていないため、現在の利用データ容量の確認はブラウザでIPアドレスを入力するか、機種裏にあるQRコードを読み取るかどちらかの方法が必要です。

クラウドWiFiのキャンペーン

クラウドWiFiは、他社ポケット型WiFiのようなキャッシュバックや割引等のキャンペーンは行っていません。

逆にいつ契約しても同じ料金であり、キャンペーンの多さを見る必要がないので、良いと思ったらいつ契約しても損も得もないので安心です。

クラウドWiFiは安いのか?他社ポケット型Wi-Fiと比較

クラウドWiFiは契約期間の縛りなしで、20GB/50GB/100GBの3プランあります。利用期間別にクラウドWiFiの料金は安いのか、データ容量別で他社と比べてみました。

100GBプランは安いのか?クラウドWiFiは二番目に安い

100GBで縛りなしプランのあるポケット型WiFi 8社で比較してみたところ、AiR-WiFiより毎月110円だけ高いだけで、充分に安いです。

スクロールできます
ポケット型WiFi
(データ容量)
3ヵ月
総額
(実質月額)
6ヵ月
総額
(実質月額)
12ヵ月
総額
(実質月額)
18ヵ月
総額
(実質月額)
費用詳細
クラウドWiFi
クラウドWiFi
(100GB)
14,454円
(4,818円)
25,608円
(4,268円)
47,916円
(3,993円)
70,224円
(3,901円)
月額:3,718円
事務手数料3,300円
縛りなしWiFi
縛りなしWiFi
(100GB)
15,180円
(5,060円)
27,060円
(4,510円)
50,820円
(4,235円)
74,580円
(4,143円)
月額:3,960円
事務手数料3,300円
AiR-WiFi
AiR-WiFi
(100GB)
※U2s選択時
14,124円
(4,708円)
24,948円
(4,158円)
46,596円
(3,883円)
68,244円
(3,791円)
月額:3,608円~
事務手数料3,300円
Mugen WiFi
MugenWiFi
(100GB)
16,434円
(5,478円)
29,568円
(4,928円)
55,836円
(4,653円)
82,104円
(4,561円)
月額:4,378円
事務手数料3,300円
ZEUS WiFi
ZeusWiFi(ゼウスWiFi)
(100GB)
17,424円
(5,808円)
31,548円
(5,258円)
59,796円
(4,983円)
88,044円
(4,891円)
月額:4,708円
事務手数料3,300円
MONSTER MOBILE
モンスターモバイル
(100GB)
15,204円
(5,068円)
26,928円
(4,488円)
50,556円
(4,213円)
74,184円
(4,121円)
月額:3,938円
事務手数料3,300円
FUJI WiFi
FUJI WiFi
(100GB)
17,985円
(5,995円)
32,670円
(5,445円)
62,040円
(5,170円)
91,410円
(5,078円)
月額:4,895円
事務手数料3,300円
どこよりもWiFi
どこよりもWiFi
(100GB)
15,000円
(5,000円)
26,700円
(4,450円)
50,100円
(4,175円)
73,500円
(4,083円)
月額:3,900円
事務手数料3,300円
※総額は、期間中の月額料金+事務手数料+端末代+解約諸費用等のすべてを含んだ総額です。
※実質月額は、総額を利用期間月数で割った金額です。小数点以下は切り捨て
※CB含む=キャッシュバックを含めた金額

ちなみに、最安値のAiR-WiFiは機種をU2sにした場合で、U3を選んだ場合は毎月110円UPのため、クラウドWiFiと同じになります。

後ほど説明しますが、解約方法などを加味すると、実は若干クラウドWiFiの方が安く利用できる可能性が高いです。

\ 最安値ではないが、しっかりと安い /

50GBプランは安いのか?ダントツ最安値

50GBプランがあるポケット型Wi-Fiは5種類あり、比較してみたところダントツ最安値でした。

スクロールできます
ポケット型WiFi3ヵ月
総額
(実質月額
6ヵ月
総額
(実質月額
12ヵ月
総額
(実質月額
18ヵ月
総額
(実質月額
料金詳細
クラウドWiFi
クラウドWiFi
12,240円
(4,080円)
21,180円
(3,530円)
39,060円
(3,255円)
56,940円
(3,163円)
月額:2,980円
事務手数料3,300円
縛りなしWiFi
縛りなしWiFi
(50GB)
14,025円
(4,675円)
24,750円
(4,125円)
46,200円
(3,850円)
67,650円
(3,758円)
月額:3,575円
事務手数料3,300円
MONSTER MOBILE
モンスターモバイル
(50GB)
12,870円
(4,290円)
22,440円
(3,740円)
41,580円
(3,465円)
60,720円
(3,373円)
月額:3,190円
事務手数料3,300円
FUJI WiFi
FUJI WiFi
(50GB)
14,520円
(4,840円)
25,740円
(4,290円)
48,180円
(4,015円)
70,620円
(3,923円)
月額:3,740円
事務手数料3,300円
どこよりもWiFi
どこよりもWiFi
(50GB)
13,500円
(4,500円)
23,700円
(3,950円)
44,100円
(3,675円)
64,500円
(3,583円)
月額:3,400円
事務手数料3,300円
※総額は、期間中の月額料金+事務手数料+端末代+解約諸費用等のすべてを含んだ総額です。
※実質月額は、総額からキャッシュバックを引いた実質総額を利用期間月数で割った金額です。

クラウドWiFiだけが毎月3,000円以下となっており、他社は3,000円以上だからこそ、利用期間が増すごとに料金差が出てきます。

現段階では50GBを選ぶならクラウドWiFi一択で良いでしょう。

\ 50GBプランはダントツ安い /

20GBプランは安いのか?最安値ではないが安いという見方もできる

50GBプランがあるポケット型Wi-Fiは6種類あり、比較してみたところ安さは3番目でした。

しかし見方を変えると、安いという解釈もできます。

スクロールできます
ポケット型WiFi3ヵ月
総額
(実質月額
6ヵ月
総額
(実質月額
12ヵ月
総額
(実質月額
18ヵ月
総額
(実質月額
費用詳細
クラウドWiFi
クラウドWiFi
(20GB)
11,040円
(3,680円)
18,780円
(3,130円)
34,260円
(2,855円)
49,740円
(2,763円)
月額:2,580円
事務手数料3,300円
ZEUS WiFi
ZeusWiFi(ゼウスWiFi)
(20GB)
11,154円
(3,718円)
19,008円
(3,168円)
34,716円
(2,893円)
50,424円
(2,801円)
月額:2,618円
事務手数料3,300円
MONSTER MOBILE
モンスターモバイル
(20GB)
11,220円
(3,740円)
19,140円
(3,190円)
34,980円
(2,915円)
50,820円
(2,823円)
月額:2,640円
事務手数料3,300円
FUJI WiFi
FUJI WiFi
(30GB)
13,530円
(4,510円)
23,760円
(3,960円)
44,220円
(3,685円)
64,680円
(3,593円)
月額:3,410円
事務手数料3,300円
どこよりもWiFi
どこよりもWiFi
(20GBまでなら)
10,500円
(3,500円)
17,700円
(2,950円)
32,100円
(2,675円)
46,500円
(2,583円)
月額:2,400円
事務手数料3,300円
楽天モバイル※1
楽天モバイル
(20GBまでなら)
6,535円
(2,178円)
13,069円
(2,178円)
26,137円
(2,178円)
39,204円
(2,178円)
月額︙2,178円
端末代1円
事務手数料0円
※総額は、期間中の月額料金+事務手数料+端末代+解約諸費用等のすべてを含んだ総額です。
※実質月額は、総額からキャッシュバックを引いた実質総額を利用期間月数で割った金額です。

クラウドWiFiは十分に安いですが、最安値は楽天モバイルで、2番手はどこよりもWi-Fi、3番手にクラウドWiFiという順になっています。

ただ楽天モバイルは実質無制限ですが、楽天モバイル自社回線がまだまだ安定しないので、パートナー回線につながったり圏外になることが非常に多く、特に室内では安定した使い方ができないところも多々あります。

そのため、現実的な選択肢とするなら、「どこよりもWiFi」と「クラウドWiFi」の二択で良いかなと思います。

ちなみにどこよりもWi-Fiは利用データ容量で料金が変動するため、5GBまでなら1400円、5~20GBは2400円、20~50GB使うと3400円となり、20GBを超えた場合は料金がクラウドWiFiより1000円ほど高くなってしまいます。

ただ利用データ容量が極端に少ない時はどこよりもWi-Fiの方が無駄な料金を払う必要がなくなるといったメリットはあります。

そのため、毎月20GBほどは必ず使うけど安く済ませたいなら「クラウドWiFi」、毎月のデータ利用量が安定していないなら「どこよりもWi-Fi」にされるのがおすすめです。

\ 毎月の支払い額が安定 /

クラウドWiFiのメリットは7つある

クラウドWiFiのメリットをヒトコトで表すと「コスパと使い勝手に優れた縛りなしのモバイルWiFi」です。

その理由は以下6つのメリットからわかります。

メリット
  • 契約期間の縛りがない
  • 縛りなしで最安値級
  • 解約したい月に解約できる
  • マイページがあるから契約内容の確認がしやすい
  • クラウドSIMだから利用可能エリアが広い(電波が良い)
  • プランバリエーションが豊富
  • 箱・説明省・ピンを紛失しても弁済金はない

それぞれのメリットについて簡潔に解説します。

クラウドWiFiは契約期間の縛りがない

クラウドWiFiの一番の強みは「契約期間の縛りがない」ことです。

そのため、クラウドWi-Fiは最短1ヶ月から利用することが可能で好きなタイミングで解約できます

多くのポケット型Wi-Fiは2年縛り・3年縛りで、途中解約時に違約金や端末残債などを払わなければならないケースも発生します。そのため、クラウドWiFiは解約時のリスクがないポケット型Wi-Fiとも言えます。

ただ、縛りなしプランのあるポケット型Wi-Fiも最近は増えてきているので、クラウドWiFiだけのメリットというわけではありません。

クラウドWiFiは縛りなしで最安値級

少し手前の「クラウドWiFiは安いのか?他社ポケット型Wi-Fiと比較」の結果からわかるように、クラウドWiFiは縛りなしプランのあるクラウドSIMの中でも最安値級の料金設定です。

料金だけでみるとしっかりと安いプラン設定となっていますが、クラウドWiFiの良さは料金の安さだけではなく、次の解約のしやすさにあります。

\縛りなしでは最安値級 /

クラウドWiFiは解約したい月に解約しやすい

クラウドWiFiは解約締日が当月15日に設定されているため、解約したいと思った月に解約しやすいです。

例えば100GBで最安値のAiR-WiFiであれば、前月末日が締日なので、解約したい月の前月までに手続きする必要があり、かえって無駄に1ヶ月利用しなければならない可能性もあります。

そのため、当月15日までにマイページにあるフォームより解約依頼を行えば当月中に解約できるクラウドWiFiは、他社ポケット型Wi-Fiと比較しても解約しやすいのは間違いありません。

クラウドWiFiはマイページがあるから契約内容の確認がしやすい

クラウドWiFi マイページ

クラウドWiFiは契約内容の確認や解約手続きなど、あらゆることを「マイページ」から行うことができます。

一部のクラウドSIM(ポケット型Wi-Fi)は、マイページが用意されていないところもあり、契約内容の確認やオプション取り外しなどを行いにくい業者もあります。

契約内容の管理がしやすいというのもクラウドWi-Fiの良さなのは間違いありません。

\解約等の手続きが簡単 /

クラウドSIMだから利用可能エリアが広い(電波が良い)

クラウドSIMの仕組みと3つの特徴

クラウドWiFiは、クラウドSIM型モバイルWi-Fiなので、あらゆるキャリアのLTE回線を利用できます。

ただエリアが広い理由は、LTE回線を使えるからというのではなく、プラチナバンドと言われている障害物に強く最も遠くまで飛ぶ通信回線(800~900MHz帯の低周波回線)が利用できるからです。

特にWiMAX+5Gと比較すると、地下や田舎での電波の入り方が大幅に違い、クラウドWiFiはスマホのように割とどこでも使えます。

他社よりプランバリエーションが豊富

クラウドWiFiは20GB/50GB/100GB の3つのデータ容量プランからお好きなプランを契約できます。

クラウドSIMの中には100GBプランしか扱っていない業者も多く、少ししか使わないような方にフィットしないものも多いです。

ビジネス利用で動画は見ないから20GB・50GB程度あれば十分!といった利用用途に合わせて、無駄のないプランを選べるのはクラウドWiFiの良さなのは間違いないでしょう。

箱・説明省・ピンを紛失しても弁済金はない

クラウドWiFiの弁済金の記述

クラウドSIMは端末レンタル型サービスがほとんどということもあり、箱・説明書・リセットピンを紛失すると決して安くはない弁済金が設定されている業者がほとんどです。

しかしクラウドWiFiは、箱・説明書・リセットピンを紛失してしまったとしても、弁済金を請求することがないのは大きな安心材料です。

もし箱・説明書・リセットピンを紛失してしまっている場合は、端末を緩衝材に梱包して故障しないように発送すれば問題ありません。

\ 総合的にお得なのは間違いない /

クラウドWiFiのデメリットと言える注意点

クラウドWiFi東京は非常に人気の高いポケット型WiFiではありますが、当然デメリットもいくつかあります。

デメリット
  • 初月は日割りにならない
  • 長期利用する人だと割高
  • コールセンターサポートがない(問い合わせフォームのみ)
  • 通信速度は速いわけではない
  • 液晶付き端末を扱っていない
  • 支払い方法はクレジットカードのみ
  • 16日以降の解約は翌月扱いになる
  • 解約時の返送料はユーザー負担

それぞれのデメリットをしっかりと解説します。

初月は日割りにならない

クラウドWiFiの初月

クラウドWiFiの初月分の月額料金に日割りはないので、契約日が月初でも月末でも丸々1ヶ月分がかかります

そのため、もし月末近くに契約される場合、できるだけ月初近くに契約するように調整した方が、より無駄が少なく契約できます。

ちなみに、縛りなしプランで初月日割りのあるポケット型WiFiはほとんどありません。クラウドWiFiが良いと思っている方は、そのままクラウドWiFiをご契約されることを推奨いたします。

長期利用する人だと割高

クラウドWiFiを1年・2年と利用する予定の場合、クラウドWiFiを選ぶと毎月300~500円ほど割高です。

100GBの場合

月額料金
1年利用
月額料金
2年利用
クラウドWiFiのロゴ3,718円3,718円
THE WiFiのロゴ実質3,073円
(-645円)
AiR-WiFiのロゴ3,278円
(-440円)
MugenWiFiのロゴ実質3,310円
(-408円)

1年利用ならAiR-WiFiの方が約450円も毎月安く利用でき、2年間ならTHE WiFiの方が毎月約650円も安く利用できる計算になります。

50GBの場合

月額料金
1年利用
月額料金
2年利用
クラウドWiFiのロゴ2,980円2,980円
Chat WiFi2,600円
(-380円)
ゼウスWiFi
※40GBプラン
実質2,775円
(-205円)
MONSTER MOBILE2,640円
(-420円)

50GBの場合、1年利用するならChatWiFiであれば毎月380円も安く利用できることになり、2年利用であればZEUS WiFiが実質205円ほど安く利用できるということになります。

ただ、ZEUS WiFiは40GBプランであり、縛りも長いのでこの場合はクラウドWiFiを利用している方が現実的かもしれません。

20GBの場合

月額料金
1年利用
月額料金
2年利用
クラウドWiFiのロゴ2,580円2,580円
Chat WiFi2,280円
(-300円)
ゼウスWiFi実質2,022円
(-558円)
MONSTER MOBILE2,090円
(-490円)

20GBプランの場合、1年ならモンスターモバイルが490円と圧倒的に安く、2年間ならゼウスWiFiの方が実質558円も安いです。

どちらにしても長期利用するなら、クラウドWi-Fiは割高ですが、縛りありのあるポケット型Wi-Fiを途中解約する場合に違約金が発生することを考えると、あえて割高でも選ぶ価値はあります。

\ 長期は割高だけど選ぶ価値は十分にある /

コールセンターサポートがない(問い合わせフォームのみ)

クラウドWiFiには「050-8882-6633」という電話番号がありますが、これは申し込み専用窓口となっています。

お問合せ専用のコールセンターは設置されていないため、何かある際はマイページにお問い合わせフォームからご連絡する必要があります。

最近は、大抵の問題はWEBですぐ解決できることが多いため、コールセンター窓口を設置していないモバイルWiFi業者も増えてきていますが、何かあった際に電話で解消できることに安心感を覚える方にとって若干のハードルではないでしょうか。

コールセンターがあるプランバリエーション豊富なモバイルWiFiを選びたい方は「モンスターモバイル(MONSTER MOBILE)」のご利用をお勧めいたします。

通信速度は速いわけではない

クラウドSIM技術を活用したポケット型WiFi全てに言えることですが、通信速度は平均10~20Mbpsほどしか出ないです。

速い時は30Mbpsほど出ることもありますが、平均値は15Mbpsほどだとお考えいただくのを推奨します。

クラウドSIM2社の通信速度

AiR-WiFiとZEUS WiFiの通信速度
AiR-WiFiとZEUS WiFiの通信速度がわかる画像

ちなみに、一般的なインターネットの」使い方であれば、5~10Mbpsほど出ていれば困ることはあまりないですが、電波が少し弱い場所や回線の混雑しやすい時間帯等は遅くなる可能性があります。

また、4K画質の動画視聴は基本的には止まる可能性が高いですが、2K画質程度なら普通に再生は可能な速度です。

また、SNSの画像・動画のストリーミング再生時に10Mbps以上でていないと遅く感じる場合もありますが、利用上に問題が出ることはほとんどありません。

よって一般的には十分な速度が出ていると言えますが、超高速通信が可能というわけではありません。

ちなみに、現時点での通信速度が速くてお得なポケット型WiFiは「 WiMAX+5G」です。

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiの通信速度
WiMAX+5Gの実際の通信速度

WiMAX+5Gは4G回線接続エリアでも40Mbps以上出ます。5Gエリアなら70~100Mbps出ることが多く、4K動画の再生も止まることなく視聴可能です。

何よりデータ容量無制限なのに、月々4000円程度なので、データ容量に対してのコスパは非常に高いですよ。

液晶付き端末を扱っていない

クラウドWiFiの取り扱い機種である「GlocalMe U2s」と「GlocalMe U3」は、液晶のついていないシンプルな端末です。

シンプルというと聞こえは良いですが、液晶付き端末と比べると現時点の利用しているデータ通信容量がパッと分からないというデメリットはあります。

ちなみにデータ使用量の確認方法は、U3なら機種裏にあるQRコードをスマホで読み取ることで確認できます。

またU3とU2sのどちらもWiFi接続中にブラウザのURL入力欄に「192.168.43.1」と入れて検索すると、ルーター内のアクセスでき、以下画像のような画面が表示されるので、そちらでも確認可能です。

U2sのデータ使用量確認画面
U2sのデータ使用量確認画面

支払い方法はクレジットカードのみ

クラウドWiFiの支払方法はクレジットカード決済のみです。

口座振替やコンビニ払いを利用したい方は契約できないのでご注意ください。

ちなみにコンビニ払いができるモバイルWiFiは今のところほとんどありませんが、口座振替のできるポケット型WiFiは少ないですが数社あるので、条件にあう口座振替のポケット型WiFiを見つけることをお勧めいたします。

16日以降の解約は翌月扱いになる

クラウドWiFiの解約締日等について

クラウドWiFiの手続き上の締日は15日までとなっており、16日を経過して解約手続きを行う場合は、翌月扱いになります。

そのため、来月には解約しようと考えているということであれば、、前月16日〜当月15日までの間に解約手続きを忘れないようにしてください。

解約時の返送料はユーザー負担

大した費用にはなりませんが、クラウドWiFi解約後の機種等の返送代はお客様負担となっています。

返送費用は返送方法次第ですが、レターパックなら500円ほど、宅配便を利用する場合は700円ほどで、どれだけ高くても1000円ぐらいです。

また返却の際は、送られてきた箱などを置いておき、返却時にきたもの全て返却するようにすると安心です。

端末の返却を忘れると弁済金(最大27,500円)が発生するので、必ず返却忘れの内容にしましょう。

返送先情報

〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-18-19
新宿税理士ビル第二別館佐竹ビル2F

\ 選ぶ価値は十分にある /

クラウドWiFiの利用者の口コミ・評判を分析

口コミを総合的に判断すると、クラウドWiFiはクラウドSIMなので通信速度に満足できない人もいる中で、ライトな使い方なら速度に問題ないと感じていたり、山中でも電波が良いことを評価されています。

ガッツリと重たい動画などを楽しむ目的に対しては、デメリットでお伝えしたように高速通信とは言えない観点からあまり推奨できませんが、通常使いなら問題なく利用できているという評価です。

総合評価まとめ!クラウドWiFiはおすすめできる?

結論からお伝えすると「短期間での利用かつクラウドSIMで問題ない方なら、今は一番おすすめできる」とお伝えします。

その理由は以下の通りです。

おすすめできる理由
  • 月額料金は縛りなしプランで最安値級だから
  • マイページがあるから、手続き等も手軽で安心
  • 当月15日までなら当月解約できるので安心
  • 端末以外の弁済金がないのが安心
  • 比較的通信速度は安定している

料金が安いけど安心できないようなクラウドSIMも沢山ある中で、ユーザー目線での安心感のあるメリットがここまであるクラウドSIMはそうありません。

そのため、クラウドSIMだけでなく、ポケット型WiFi全体で見ても、縛りなしプランの中でここまでコスパが良く安心できるのはクラウドWiFiの何よりもの特徴ではないでしょうか。

また1ヶ月から利用できるので、もし合わないと感じた時には解約しやすいので試しに使ってみよう!という方もあってもいいかもしれませんね。

\ 安心感とコスパを併せ持ったポケット型WiFi /

クラウドWiFiのよくある質問

クラウドWiFiが安くなるクーポンはないの?

2022年5月現在、クーポンは発行されていません。過去1000円オフクーポンなどを発行していましたが、ここ最近は発行されていないようです。

光回線のようにガンガン使っても大丈夫?

結論からお伝えすると「大丈夫ではない」です。

クラウドSIMはデータ容量が限られているため速度制限に注意が必要なこと、一般使いでも問題のない通信速度(約15Mbps程度)が出ていると言えますが、複数台接続するとその分速度が遅くなりやすいです。

また、何より時間帯による速度差が光回線よりも多く、最も利用者の多い20~21時あたりは5Mbps程度になることもあります。

その場合、例えばテレビで動画配信サービスを視聴していると、設定画質次第では止まること十分ありますので、光回線と同じように利用できるわけではないとお考えいただくことを推奨します。

ゲーム用にクラウドWiFiを使っても大丈夫?

全く使えないわけではありませんが、FPS等の通信速度やPing値(反応速度)を必要とするゲームに使用することはあまりお勧めできません。

ただ、スマホアプリゲームであれば、そこまで通信速度は必要ないので問題なく利用できます。

できるだけ家庭用ゲーム機は光回線にされるか、光回線が来てないエリアであればWiMAX+5Gの利用を強く推奨します。

料金発生はいつから?

発送日が契約開始日となり、その日に「初月月額」+「事務手数料」+「オプション代」の決済が完了します。

クレジットカードからの請求が届くタイミングは、クレジットカード会社により異なりますので、細かく知りたい場合はクレジットカードの締日と引き落とし日をお調べください。

今日契約したら端末はいつ届く?

当日12時までの契約なら、最短当日発送してくれるので、最短明日か明後日です。

ただ繁忙期等により発送が混み合っている場合は、翌日発送になる場合もあります。また日曜日・祝日は発送作業を行なっていないようで、翌営業日に発送となります。

自分の名義ではないクレジットカードでも申し込み可能ですか?

申込者とクレジットカード名義人は同じでないと申込できません。

未成年者でクレジットカードを持っていないなどであれば、親御さんにお申し込みしてもらいましょう。

クラウドWiFiの評判とプロの評価|縛りなしでおすすめできるがデメリットもある

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事の目次