Speed Wi-Fi 5G X11の評判と実機レビュー|口コミや比較でわかるSCR01との違い最安値プロバイダまで

Speed WiFi 5G X11の実機レビュー&評判など

WiMAX 5Gの2機種目「Speed WiFi 5G X11(NAR01)」を実際に利用してみて、実際のユーザー目線で評価してみました。

一つ前のWiMAX5G機種にあたる「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi(SCR01)」の評判が良いだけに、Speed WiFi 5G X11と比べてどちらのほうがいいのか?と悩まれる方も多くいらっしゃいます。

だからこそ、Speed WiFi 5G X11を実際に使用して以下8つのことを細かくご紹介しました。

この記事でわかること
  • Speed WiFi 5G X11のスペック詳細
  • プロによるSpeed WiFi 5G X11の実機レビュー(使いやすさの評価)
  • Speed WiFi 5G X11とGalaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01との違い
  • Speed WiFi 5G X11の優れたポイント(メリット)
  • Speed WiFi 5G X11の残念ポイント(デメリット)
  • Speed WiFi 5G X11とホームルーターの違い
  • Speed WiFi 5G X11の利用者の評判・口コミ
  • Speed WiFi 5G X11が最安値で手に入るプロバイダ

それでは、実際にX11を選ぶか判断できるように、シッカリと細かく解説します。

この記事の監修者
瀬戸根(セト・せっちゃん)

瀬戸根 弘宜
ネット回線アドバイザー,WiMAXマスター

神戸新聞社が認めるネット回線アドバイザーであり株式会社LIFEFiTの代表取締役。利用ユーザーのことを第一に考えた、本来あるべきインターネット回線の選び方を提唱。
監修者プロフィール(マイベストプロ)

この記事の目次

Speed WiFi 5G X11のスペック詳細

Speed WiFi 5G X11(ホワイト)
項目詳細
名称Speed WiFi 5G X11 NAR01
メーカーNECプラットフォームズ
発売日2021年10月15日
対応回線・5G(Sub6/NR化)
・4G LTE
・WiMAX 2+
通信速度下り最大:2.7Gbps
上り最大:183Mbps
※一部エリアのみ
バッテリー
(連続使用時間)
約8時間
※メーカーでは約490分と記載
サイズ約W136.0×H68.0×D14.8mm
重量約174g
液晶サイズ2.4インチ
同時接続台数Wi-Fi:16台
USB:1台
WiFi規格IEEE802.11a/n/ac/ax(5GHz)
IEEE802.11b/g/n/ax(2.4GHz)
※WiFi6対応
USB端子USB Type-C
カラーバリエーションチタニウムグレー
スノーホワイト
端末価格無料プロバイダがほとんど
一部21,780~21,912円

Speed WiFi 5G X11は、WiMAXとして2台目の5G対応モバイルルーターです。

4G専用機種から比べると、スペック上の通信速度は圧倒的に速くなっており、Galaxy 5G Mobile Wi-Fiよりも少しだけ同時接続台数が増え、更にWiFi6に対応したことで、数値上の下り最大速度も向上しています。

また、クレードルにも対応しています。

クレードルとは?役割やスペックについて

Speed WiFi 5G X11のクレードル

クレードルを簡単に言うと、Speed WiFi 5G X11をスタンド型にできる充電機能付きスタンドのようなもので、3つの特徴があります。

Speed WiFi 5G X11のクレードルの特徴
  • スタンド型の充電スタンドになる
  • WiMAX2+回線とau5G回線のアンテナ内蔵で電波が弱い場所で安定しやすくなる
  • LANポートがついているので有線接続ができるようになる

基本的には室内で利用する時に使うもので、WiMAX2+回線とau5G回線のアンテナ内蔵と言っても、実は室内で利用する際に大事なのはau4GLTEの回線を拾う量です。

そのため、クレードルをつけたからといって大幅に電波状況が変わるわけではありません。

そもそも、WiMAX+5Gになってからau4GLTEの電波を拾ってくれるようになってから、室内でも充分な電波を拾ってくれるので特に不要です。

ここまでで、スペック表を見ただけで使い勝手がわかるかと言えばそうでもないですし、実際にスペック表通りに高性能なのかも使うまではわからないのがモバイルルーターです。

そこで、Speed WiFi 5G X11どんな性能なのか詳しくわかるように実際につかってみたことをレビューしました。

Speed WiFi 5G X11の箱の中身(同梱品)

Speed WiFi 5G X11の箱の中身

Speed WiFi 5G X11の同梱されているものは、箱を除くと4つだけです。

  • Speed WiFi 5G X11本体
  • つなぎかたガイド(Speed WiFi 5G X11専用)
  • 保証書
  • SIMカード(MicroSIM)

充電するためのUSBケーブルも付いておらず、充電用USBアダプターもついていないので、USB Type-Cの充電ケーブルを別で用意するか、現在持っているものをご利用ください。

新しくUSBケーブルとUSBアダプターを購入される場合は、以下のセット商品が安くておすすめです。

プロによるSpeed WiFi 5G X11の実機レビュー|使いやすさの評価

Speed WiFi 5G X11の実機レビュー

ここでは実際にSpeed WiFi 5G X11を利用して感じたことをレビューとしてご紹介します。

通信速度はWiMAX+5Gの一般的な速度がでていた

Speed WiFi 5G X11の通信速度

Speed WiFi 5G X11で4Gエリアで計測した結果、下り速度は43~53Mbpsでていたので充分です。

これだけ出ていれば、高画質動画の再生でも止まることはありませんので安心です。

上り速度は7~12Mbpsと低いですが、一般的な用途では5Mbps出ていれば問題ないので気にする必要はありません。

ただ動画のアップロードが多い場合は少々困ることもあるかもしれません。

しばらく使わないとスリープモードに強制移行するのが面倒

Speed WiFi 5G X11のスリープモード

5分程度でも、WiFiに未接続だと強制的にスリープモードに入ってしまい、電源を入れてからWiFiを接続し直す必要があります。

これが地味に面倒で、例えば休憩中などでPCの電源を落とした状態にしているだけで、WiFiがスリープモードに入ってしまいます。

また、家に置いていて家に帰ったら自動的にWiFiにつながってほしいと考えていても、スリープモードに入っているので自動接続されません。

端末自体の操作性はあまりよくない(タッチパネル非対応)

Speed WiFi 5G X11の操作性

Speed WiFi 5G X11 NAR01は、タッチパネル非対応で一つ一つ操作をしないといけないので、直感的な操作ができません。

例えば、WiFi設定をする時のSSIDやパスワードを取り出す時にも、何度もボタンを押す必要があり、操作性はあまり良くはないと感じました。

当然ですが、通信モードの変更やバッテリーモードの変更をする際も、設定箇所を探すために何度もボタンを押す必要があり、地味に使いづらく感じます。

設定項目名が独特で少々触りにくい

Speed WiFi 5G X11の操作性
似すぎている項目名など

Speed WiFi 5G X11は、あらゆる設定を端末側でできるようにしたためか、ユーザーインターフェースも悪く、各種設定項目のアイコン名もわかりにくいです。

そのため、WiFi設定をする時はどこを見れば良いのかわかりません。

実際、必要なSSIDを取り出す時も、サクッと取り出すことができず、そもそもどこを見れば表示されるのか1~2分程度探すことも多いでしょう。

またバッテリー設定の変更時などにも迷うことになるかと思います。

瀬戸根

モバイルルーターに慣れている私でも、どこにどの情報があるのか正直わからなくて困りました。
また間違えた時は「戻る」まで選択しないといけず、ボタンを押すのも面倒でした。

端末が少し分厚めでカバンの中で嵩張りやすい

Speed WiFi 5G X11とGalaxy 5G Mobile Wi-Fiの厚みの違い

WiMAX+5Gのモバイルルーターの中で、Speed WiFi 5G X11はかなり分厚い方で、スマホよりも分厚いのでカバンの中だと少しかさばります。

違いはたったマッチ1本分程度ですが、それでももち比べると大きな差を感じてしまいました。

Wi-Fi6対応の恩恵はあまり感じなかった

Speed WiFi 5G X11はWi-Fi6に対応しているので、複数台接続しても安定しやすいはずですが、Wi-Fi5とあまり差を感じませんでした。

Wi-Fi6に対応しているから良い!というわけではないというわけですね。

実機利用後の評価:良くも悪くも普通のモバイルルーター

Speed WiFi 5G X11利用後の評価
通信速度
至って普通
端末操作性
ボタンが微妙
携帯性
少しだけ分厚い

Speed WiFi 5G X11を利用していて、普通に繋がりますし、普通に速度もでますが、特にこれといった感動はありませんでした。

どうしても、タッチパネルではないので、スマホ操作に慣れている分ボタン操作だと面倒に感じという点は否めません。

ただ、普通にWiFiを利用するだけなら、電源を入れてWiFi接続するだけなのであまり気にならない人も多いかもしれません。

ただ、接続するデバイスがちょくちょく出てきたりする場合は、SSIDを素早くだせるというだけでも大きな差があると感じるので。多少の操作性を気にされる場合はあまりおすすめできないという評価です。

瀬戸根

WiMAX+5G用のモバイルルーターとしてでいえば、あまり選ぶメリットは感じなかったです。

Speed WiFi 5G X11とGalaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01との違い

Speed WiFi 5G X11とGalaxy 5G Mobile Wi-Fi
上:Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
下:Speed WiFi 5G X11

ここからSpeed WiFi 5G X11のスペックをより詳しく知るために、WiMAX+5Gのもう一機種であるGalaxy 5G Mobile Wi-Fiと比較します。

まずはスペック表での違いを見てみましょう。

スクロールできます
項目Speed WiFi 5G X11
(NAR01)
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
(SCR01)
Speed WiFi 5G X11の実機レビューGalaxy 5G Mobile Wi-Fi
メーカーNECプラットフォームズSamsung(サムスン)
発売日2021年10月15日2021年4月8日
対応回線・5G(Sub6/NR化)
・4G LTE
・WiMAX 2+
・5G(Sub6/NR化)
・4G LTE
・WiMAX 2+
最大通信速度下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
※一部エリアのみ
下り:2.2Gbps
上り:183Mbps
※一部エリアのみ
バッテリー
(連続使用時間)
約8時間約15時間
サイズW136×H68×D14.8mm約W147×H76×D10.9mm
重量約174g約203g
液晶サイズ2.4インチ5.3インチ
同時接続台数Wi-Fi:16台
USB:1台
最大10台
WiFi規格IEEE802.11a/n/ac/ax(5GHz)
IEEE802.11b/g/n/ax(2.4GHz)
WiFi6対応
IEEE802.11a/n/ac(5GHz)
IEEE802.11b/g/n(2.4GHz)

※WiFi5まで対応
USB端子USB Type-CUSB Type-C
カラーバリエーションチタニウムグレー
スノーホワイト
ホワイト
端末価格基本無料
※一部21,780~21,912円
基本無料
※一部21,780~21,912円

スペックだけで違いがわかりにくいので細かく比較していきます。

通信速度の実測値を比較|結果はどちらも変わらない

Speed WiFi 5G X11とGalaxy 5G Mobile Wi-Fiの通信速度

上り速度はどのWiMAXも基本変わらないので、下り速度だけの違いをみてください。

Speed WiFi 5G X11Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
1回目36Mbps59Mbps
2回目44Mbps60Mbps
3回目36Mbps44Mbps
4回目53Mbps47Mbps
5回目43Mbps46Mbps
6回目43Mbps49Mbps
平均42.5Mbps50.8Mbps

若干ですが、Galaxy 5G Mobile Wi-Fiのほうが速い結果がでていますが、基本的には誤差の範囲内で変わらないと思っても問題ないかと思います。

電波の入る量(室内での電波強度)を比較|結果はどちらも変わらない

Speed WiFi 5G X11とGalaxy 5G Mobile Wi-Fiの電波の入りの違い

端末ごとに電波の受信感度が違うので、端末ごとの電波受信感度は非常に重要です。

窓から8mほど離れた電波が弱くなりやすい場所で比べてみましたが、Speed WiFi 5G X11とGalaxy 5G Mobile Wi-Fiのどちらもシッカリと電波を拾っているので優秀です。

サイズ(持ち運びのしやすさ)を比較|好み次第で変わるかも

横幅(W)と高さ(H)は、Speed WiFi 5G X11のほうが小さいです。

Speed WiFi 5G X11とGalaxy 5G Mobile Wi-Fiのサイズの違い

ただ、厚み(D)はGalaxy 5G Mobile Wi-Fiのほうが薄いです。

Speed WiFi 5G X11とGalaxy 5G Mobile Wi-Fiの厚みの違い

横に大きなものか、厚みのあるもののどちらのほうが持ち運びしやすいのか?で結果は変わるかもしれませんね。

瀬戸根

個人的にスマホよりどちらも小さいですし、カバンのできる限り小さめのポケットにどちらも入るのであまり気になりませんでした。
ただ厚みがあると若干嵩張るので、そこだけ気になったぐらいです。

端末の操作のしやすさを比較|Galaxy 5G Mobile Wi-Fiが圧倒的

Speed WiFi 5G X11とGalaxy 5G Mobile Wi-Fiの操作性の違い

WiMAX端末で操作をすることと言えば、基本的には以下5つほどです。

  • データ使用量の確認
  • SSID/パスワードの確認
  • Wi-Fi設定用QRコードの呼び出し
  • 通信モードの変更
  • バッテリーエコモードの設定

ただ、たったこれだけの操作でも違いがありました。

スクロールできます
Speed WiFi 5G X11Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
データ使用量の確認電源を入れてすぐ電源を入れてすぐ
SSID/パスワードの確認ボタン5回以上操作1タップで表示
WiFi設定用QRコードの呼出しボタン5回以上操作1タップで表示
通信モードの変更
(スタンダード/+Aモード)
ボタン5回以上操作2タップで変更
バッテリーエコモードの設定ボタン5回以上操作2タップで変更

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiは、電源を入れた画面である程度のことができますが、Speed WiFi 5G X11は電源を入れてからボタン操作を何度か必要です。

更に直感的にわかりにくいアイコンや文言になっており、操作する場所を失敗する可能性も割と高いです。

瀬戸根

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiは基本ワンタップで必要な操作が行えるので、使い勝手は段違いだと思います。

バッテリー持ちを比較|比べるまでもなくGalaxy 5G Mobile Wi-Fiが強い

バッテリー持ちも使い勝手に影響するポイントですが、これは圧倒的にGalaxy 5G Mobile Wi-Fiの勝ちです。

スクロールできます
Speed WiFi 5G X11Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
連続使用時間約8時間約15時間

バッテリーは使っていくうちに弱くなっていくので、徐々に使える時間が減っていくものです。

ただGalaxy 5G Mobile Wi-Fiは約15時間とSpeed WiFi 5G X11の約2倍持つので、多少バッテリーが弱ったところでSpeed WiFi 5G X11より長持ちするのは明白です。

長く快適に使う上でバッテリーは重要です。

【まとめ】Speed WiFi 5G X11とGalaxy 5G Mobile Wi-Fiはどっちが良い?

勝者はGalaxy 5G Mobile Wi-Fi

結論からいうと「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」のほうが良いです。

その理由は、スペック自体はほとんど変わらないけど、大画面液晶(タッチパネル)がものすごく使いやすく、バッテリー持ちが2倍良いからです。

これもまたよく言われている話ですが、最近国産メーカーのルータースペックは海外製に大きく負けているといて、あまり選ぶメリットが無いともいわれています。

ただ、もし有線LAN接続をしたい場合は、クレードルで対応できるSpeed WiFi 5G X11の方をおすすめします。

瀬戸根

WiMAX2+時代も、Huawei製のW06はすごくハイスペックで問題もありませんでしたが、NEC製のWX06はバッテリーが膨らむ問題や強制再起動など多発していてクレームが多かったです。

Speed WiFi 5G X11の優れたポイント(メリット)

  • WiMAX+5G専用端末だから室内でも安定する(WiMAX+5G共通)
  • プラチナバンドLTEの使えるプラスエリアモードで圏外の場所でも安心(WiMAX+5G共通)
  • Wi-Fi6対応で3台以上同時接続時でも速度が安定しやすい
  • クレードルで有線LAN接続できる

それぞれを詳しく解説します。

WiMAX+5G専用機種だから室内でも安定する

WiMAX+5Gの電波入り

Speed WiFi 5G X11は、WiMAX+5G専用機種のため、auスマホでメイン利用されているau 4G LTE回線がスタンダードモードで利用できます。

au4GLTE回線は、従来どおりのWiMAX2+回線より室内に入ってくる電波量が多いので、室内でもシッカリと安定します。

実際に利用してみても、電波は問題なく入っていました。

瀬戸根

4G用機種のW06で3本のところで試したのですが、しっかりと4本入っていました。

プラチナバンドLTEの使えるプラスエリアモードで圏外の場所でも安心(WiMAX+5G共通)

WiMAX圏外の場所で、プラスエリアモードで通信時
山奥にある山間にある渓流での計測結果
プラスエリアモード利用時(プラチナバンドLTEで通信)
詳細場所はこちら

WiMAXはデフォルト設定時(スタンダードモード)に圏外でも、auの超広範囲LTE回線のプラチナバンドが利用できるプラスエリアモードに変更するとスマホのように、超ど田舎でも電波が入ってくるので困ることはほとんどありません。

WiMAX5Gの速度
上:スタンダードモード
下:プラスエリアモード

プラスエリアモードは月15GB制限があるので、常に使う利用方法だと厳しいですが、アウトドアで山間部へ行ったり、たまにWiMAX回線が圏外になった時でもしっかり繫がるので便利です。

瀬戸根

仕事での営業先が電波の弱い場所でもプラスエリアモードが活躍してくれてます。

プラスエリアモードを使う際の注意点

プラスエリアモード利用中での通信容量が15GBに達した場合、翌月月初まで速度制限(128Kbps)にかかります。
※スタンダードモードで速度制限に掛からないのでご注意ください。

また、プラスエリアモードを利用する場合、利用月のみ1,100円掛かります。

ただ、auスマホやUQモバイルのスマホ利用者がセット加入できるauスマートバリュー利用中は、プラスエリアモードは無料になります。

クレードルで有線LAN接続ができる

Speed WiFi 5G X11クレードルセット

クレードルには充電機能もありますが、有線LAN接続用のポートもあり、デスクトップPCなどへの有線LAN接続ができるようになります。

Wi-Fiだと少し不安定な場所でも、Speed WiFi 5G X11まで届いてる電波をダイレクトに使えるので、比較的安定した通信が可能となります。

Speed WiFi 5G X11の残念ポイント(デメリット)

  • 端末自体の操作性が悪い
  • バッテリー持ちが8時間と短め
  • 端末がスマホより分厚い

 詳しく解説します。

端末自体の操作性が悪い

Speed WiFi 5G X11の操作性

Speed WiFi 5G X11は画面サイズの割に操作できるのはボタンだけです。

ちょっとした操作をする時でも、数多くある選択項目をボタン操作で選ばないといけないので、Galaxy 5G Mobile Wi-Fiであればパッと出せるような情報でも時間がかかってしまいます。

端末の使いやすさ面が劣るというのは間違いなくデメリットです。

バッテリー持ちが8時間と弱め

Speed WiFi 5G X11の連続使用可能時間は約8時間となっています。

モバイルルーターとしてなら8時間は標準的な持ちですが、現行機種には約15時間ほど持つGalaxy 5G Mobile Wi-Fiがあります。

スクロールできます
Speed WiFi 5G X11Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
連続使用時間約8時間約15時間

Speed WiFi 5G X11は、午前中から使って夕方にはバッテリーがなくなってしまうので場合によってはモバイルバッテリーを持っておく必要があります。

しかし、Galaxy 5G Mobile Wi-Fiは一日中使えるので、充電できない環境にいる時などでも安心して使えます。

端末がスマホより分厚い

Speed WiFi 5G X11とGalaxy 5G Mobile Wi-Fiの厚みの違い

現行のGalaxy 5G Mobile Wi-Fiと比べて約4mmほど分厚く、スマホよりも約5mmほど分厚くなっています。

イメージ的にはケースに入れたスマホぐらいの分厚さになるため、カバンに入れると少々かさばりやすいです。

持ち運びを想定するものだからこそ、ちょっとした分厚さもデメリットといえるでしょう。

Speed WiFi 5G X11とホームルーターはどう違う?

スクロールできます
 Speed WiFi 5G X11
(モバイルルーター)
HOME 5G L11
(ホームルーター)
 Speed WiFi 5G X11の実機レビューhome5gl11
最大通信速度下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
バッテリー約8時間なし
※コンセント供給必須
サイズ約W136×H68×D14.8mmW70×H182×D124mm
重量約174g約599g
同時接続台数16台32台
WiFi規格IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz)
IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz)

基本的にはスペックの違いは「給電方法」「同時接続台数」の2つぐらいです。

ホームルーターはコンセントからの給電必須ですが、モバイルルーターはバッテリーがあるので常に給電の必要はありません。

またホームルーターは、同時接続台数が32台ですが、Speed WiFi 5G X11は16台までとなっています。

ただ、そもそもWiMAXはモバイル回線を利用していることもあり、あまり同時に接続しすぎると遅くなりやすく、3日制限にかかる事が多いので、できれば同時接続台数は2台以下に抑えるのがおすすめです。

どちらにしても家のなかだけで使うならホームルーターでも良いですが、一人暮らしであれば利便性面でモバイルルーターを選ぶのが望ましいです。

Speed WiFi 5G X11の利用者の評判・口コミ

こういった情報はツイッターがいち早く集まるので、早速検索してみました。

検索は「5G X11」「Galaxy 5g Mobile」等で行いました。

瀬戸根

5G基地局の前で測定したらこんなに良い速度になるんですね!家の中だとまずありえないですが、NECにしては良い方だと思います。

瀬戸根

従来機種(4G用機種)より、5G機種のほうが電波が強くなったので、機種というよりプランも良くなっているからですね!
ただWX06やWX05などと比べても遥かに良いと思います。

他にも口コミはないか探してみましたが、発売して間もないということもあり、口コミは今のところ全くありませんでした。

新しいクチコミが登場次第追加していきます。

Speed WiFi 5G X11が最安値で手に入るプロバイダ比較

比較

Speed WiFi 5G X11を安心して利用でき、またシッカリと安くコスパの高いプロバイダがわかるように、現実的な1~2年ベースでの実質月額を比較で算出しました。

2年利用での比較

※2022年10月1日の最新データ

スクロールできます
実質月額
(2年想定)
※1
実質総額
(2年分)
月額料金
(初月)
端末代キャンペーン事務手数料契約期間解約金
【おすすめ】
カシモWiMAX
カシモWiMAXの特別キャンペーンページ
※限定キャンペーン利用時
4,081円102,040円毎月4,378円
(初月:1,408円)
実質無料
(21,780円)
Amazonギフト券
最大15,000円

※当サイト経由限定
※3ヶ月後に自動受取
※解約後の端末買取5000円含
3,300円縛りなし0円

端末残債7260円
【おすすめ&最安値】
GMOとくとくBB
GMOとくとくBB WiMAX
CB受取時
3,590円

CB受取失敗時
4,510円
CB受取時
89,750円
※初月分最大含

CB受取失敗時
112,750円
1~2ヵ月1,474円
3~36ヶ月目3,784円
37ヶ月目~4,444円
(初月:日割り)
21,780円現金23000円CB
※49,000円は他社乗換時のみ
※1年後
※オプション2種類必須
(総額728円)
3,300円2年間1~24ヶ月目1100円
25ヶ月目以降0円
5G CONNECT
5G CONNECT
※3ヶ月おまとめ時
3,719円89,262円1~15ヵ月実質3,152円
16~23ヶ月
4,298円
24ヶ月~4,950円
(初月なし)
実質無料
※毎月850円だが2年間同額割引がある

縛りなし時は無料
※レンタル扱い
・3/6/9/12/15ヶ月目無料
※2年契約&3ヶ月おまとめ払い時
・30日お試し
3,300円2年間
縛りなしも
※最低3ヶ月
1~15ヶ月目4727円
16~23ヶ月目4298円

24ヶ月目以降0円
BIGLOBE WiMAX
BIGLOBE WiMAX
4,141円103,543円1ヵ月1,166円
2~24ヵ月3,355円
25ヶ月目~
4,928円
(初月:無料)
21912円なし3,300円1年間1~12ヶ月目1100円
13ヶ月目以降0円
UQ WiMAX
UQ WiMAX公式サイト
4,466円
※5940円端末時
111,672円
※5940円端末時
1~24ヵ月:4,268円
25ヶ月目以降:4,950円

(初月:無料)
5940円

11,088円
なし3300円2年間1~24ヵ月目1100円
更新月(25ヶ月目)0円
ZEUS WiMAX
ZEUS WiMAX
3,790円
CB受取失敗時
5,092円
105,534円
1~2ヶ月目1,474円
3~36ヶ月目3,784円
37ヶ月目~4,708円
21,780円21,780円CB
※1年後
※オプション2種類必須

(総額1489円)
3,300円3年間1~36ヶ月目:3,784円
36ヶ月目以降:0円
Vision WiMAX
Vision WiMAX当サイト経由限定キャッシュバック
※特別優待キャンペーン
4,410円
110,252円1~24ヵ月4,103円
25ヶ月目~
4,785円
(初月:無料)

※当サイト経由限定プラン
18,480円
※一括払い時

21,780円
※2回払い時
初月無料
+
現金10,000円CB
※当サイト経由限定
+
端末一括払い時3300円割引
+
端末買取
(2000~4000円)
3,300円縛りなし0円
Broad WiMAX
Broad WiMAX
(バリュープラン)
4,786円117,183円
※初月分次第
1ヵ月1,397円
2~24ヵ月
3,883円
(初月:日割り)
21,780円なし3,300円3年間更新月以外3883円
更新月(25ヶ月目)0円
ヨドバシカメラ
ヨドバシWiMAX(ワイヤレスゲート)
(家電量販店系)
5,748円

5,913円
143,702円

147,828円
※初月分次第
毎月:4,268円
(初月:日割り)
21780円10,000円
(専用商品券)
3300円3年間1~36ヶ月目21,780円
更新月(37ヶ月目)0円
WiMAX+5G専用の2年利用の料金比較表
※実質総額は、月額料金(24ヶ月分)+初月分(0ヶ月目分)+事務手数料+端末代+解約違約金の合計からキャッシュバック分を差引きした実質負担額です。
※1 実質月額は、実質総額を初月分も含む25ヶ月分の月額に計算しなおした実質的な月額です。
※2 キャッシュバックがお得なサイト経由キャンペーンを選択

※PAモードはプラチナバンド回線を使えるモードです。
PAモードとは?

WiMAXが電波が悪い場合に、山でも繋がる人口カバー率99%のスマホと同じエリアになるプラチナバンド回線を利用できる通信モードのこと。通信モードは端末側ですぐ切り替えできるので遅いと感じた時などに使用すると快適になることもある。
WiMAXでは必須の通信モードである。

2年間の利用であれば、現金キャッシュバックが高額なGMOとくとくBBが最安値です。

しかし、1年程度で解約する可能性も考えると、無駄な費用がかからないカシモWiMAX(特別Amazonギフト券キャンペーン)が最も安いです。

1年利用での比較

※2022年8月1日の最新データ

スクロールできます
実質月額
(1年想定)
※1
実質総額
(1年分)
月額料金
(初月)
端末代キャンペーン事務手数料契約期間違約金
【おすすめ】
カシモWiMAX
カシモWiMAX(Amazonギフト券キャッシュバック限定ページ)
※キャンペーン利用時
4,415円52,991円毎月4,378円
(初月:1,408円)
実質無料
(21780円)
Amazonギフト券
最大15,000円

※当サイト経由限定
※3ヶ月後に自動受取
※解約後の端末買取5000円含
3,300円縛りなし0円
+
端末残債15125円
【最安値】
GMOとくとくBB
GMOとくとくBB WiMAX
5,388円64,658円1~2ヵ月1,474円
3~36ヶ月目3,784円
37ヶ月目~4,444円
(初月:日割り)
21,780円現金23000円CB
※49,000円は他社乗換時のみ
※受け取り不可
3,300円2年間1~24ヶ月目1100円
25ヶ月目以降0円
Vision WiMAX
Vision WiMAX当サイト経由限定キャッシュバック
※特別優待キャンペーン
4,742円56,913円1~24ヵ月4,103円
25ヶ月目~4,785円
(初月:無料)

※当サイト経由限定プラン
18,480円
※一括払い時
21,780円
※2回払い時
初月無料
+
現金10,000円CB
※当サイト経由限定
+
端末一括払い時3300円割引
+
端末買取
(2000~4000円)
3,300円縛りなし0円
ZEUS WiMAX
ZEUS WiMAX
5,611円67,342円1~2ヶ月目1,474円
3~36ヶ月目3,784円
37ヶ月目~4,708円
21,780円21,780円CB
※受け取り不可
3,300円3年間1~36ヶ月目:3,784円
36ヶ月目以降:0円
5G CONNECT
5G CONNECT(WiMAX+5G)
5,203円67,650円毎月4,950円
(初月:1ヶ月分)
無料
※レンタル
なし3,300円縛りなし
※最低3ヶ月
なし
Broad WiMAX
BroadWiMAX公式サイト
(バリュープラン)
5,882円円70,587円
※初月分次第
1ヵ月1,397円
2~24ヵ月3,883円
(初月:日割り)
21,780円なし3,300円3年間1~24ヶ月目3,883円
25以降0円
【おすすめ】
BIGLOBE WiMAX
6,055円72,671円1ヵ月2,079円
2~24ヶ月目~
4,928円
(初月:無料)
21912円現金5000円CB3,300円1年間1~12ヶ月目1100円
13ヶ月目以降0円
UQ WiMAX
UQ WiMAX公式サイト
6,292円

6,348円
81,806円

82,532円
※初月分次第
1~24ヵ月:4,268円
25ヶ月目以降:4,818円

(初月:日割り)
21780円なし3300円2年間1~24ヵ月目1100円
更新月(25ヶ月目)0円
ヨドバシカメラ
ヨドバシWiMAX(ワイヤレスゲート)
(家電量販店系)
7,114円

7,431円
92,488円

96,612円
※初月分次第
毎月:4,268円
(初月:日割り)
21780円10,000円
(専用商品券)
3300円3年間1~36ヶ月目21,780円
更新月(37ヶ月目)0円
WiMAX+5G専用の1年利用の料金比較表
※実質総額は、月額料金(11ヶ月分)+初月分(0ヶ月目分)+事務手数料+端末代+解約違約金の合計からキャッシュバック分を差引きした実質負担額です。
※1 実質月額は、実質総額を12ヶ月分の月額に計算しなおした実質的な月額です。
※2 キャッシュバックがお得なサイト経由キャンペーンを選択
PAモードとは?

WiMAXが電波が悪い場合に、山でも繋がる人口カバー率99%のスマホと同じエリアになるプラチナバンド回線を利用できる通信モードのこと。通信モードは端末側ですぐ切り替えできるので遅いと感じた時などに使用すると快適になることもある。
WiMAXでは必須の通信モードである。

GMOとくとくBBはキャッシュバックが大きいため、ものすごく安くなっていると感じやすいですが、そもそもキャッシュバックが受け取れた場合に限るという条件です。

なぜなら、キャッシュバック手続きは11ヶ月後にしかできず、GMOから新しく発行されるメールアドレスに手続き用メールが届くので、どうやって開くのかわからない。どこに来るのかわからないなどとその時に慌てるリスクがあります。

しかもコールセンターはつながりにくいので、よくわからない!と諦める人もあるようで、安く見せられた裏にはリスクがあるということになります。

そのため、Speed WiFi 5G X11を利用されるなら、1年で最安値、2年でもしっかりシンプルに安いカシモWiMAX一択で良いかと思います。

1年と2年どっちが良いの?

利用期間は想定しづらいものなので、1年でも2年でもどちらを選んでも良いと思います。

それよりも、契約期間を縛られるだけでなく、お得ではあるものの想像以上にリスクがかかるプロバイダを選んでしまうと、見せかけの料金より割高になってしまう可能性があります。

1年でも2年でも3年でも、シンプルに手間をかけずに安いWiMAXを選ぶのを強く推奨します。

以下は3年利用での料金比較となります。

Speed WiFi 5G X11を契約するならカシモWiMAXが一番おすすめ

もっともおすすめできるのは、1年利用での最安値かつコールセンターも繋がりやすく、面倒な手間が一切ない「カシモWiMAX(特別Amazonギフト券最大15,000円)」です。

カシモWiMAXの特別キャンペーンページ
転載:カシモWiMAX限定キャンペーンサイト
※現在最安値のキャンペーン
ここが優れている
  • 1年間の実質月額は最安値
  • 端末代が実質無料
  • 一切手続き不要で新規申込でもキャッシュバックがもらえる(当サイト経由のみ)
  • オプション加入不要は一切不要
  • コールセンターはすぐ繋がるから安心
ここが残念
  • 2年/3年間の実質月額は最安値ではない
  • コールセンターが050番号(特に残念というわけでもない)
    ※ZEUS WiMAXはコールセンターなし、GMOとくとくBBは0570番号のナビダイヤルに比べると全然良い

単純に月額料金を抑えたい!という方に最適で、1年間の利用であれば最安値です。また、当サイト経由でのみアクセスできるキャンペーンサイトから申し込むことで、新規契約であっても手続き不要でAmazonギフト券最大15,000円が受け取れます。

ちなみに、販売当初からサポートがしっかりしていると評価も高く、シンプルに手間なく安く使えるとビジネスマンからの評価が非常に高いです。

GMOとくとくBBのように安いけどオプションの外し忘れや、コールセンターに繋がりにくく無駄な通話料がかかると言った心配もありません。

カシモWiMAXは、安心して利用できるプロバイダであるのは間違いありません。

手軽さもシンプルさも安さも全て取りたい方であれば、間違いなく1年で最安値のカシモWiMAXがおすすめです。

\ シンプルに手間なく安い&1年なら最安値 /

2年・3年間での最安値はGMOとくとくBB

GMOとくとくBB WiMAX
転載:GMOとくとくBB WiMAX+5G

GMOとくとくBBは、キャッシュバックが受け取れた場合に最安値です。

ただ、最安値といいづらいデメリットがいくつかあります。

  • 端末代21,780円がかかること
  • オプション2つへの加入必須
  • キャッシュバックが遅い(手続き11ヶ月後&受け取り12ヶ月後)
  • コールセンターサポートがつながりにくい
  • コールセンターへの電話代が高い(ナビダイヤル)

そもそもGMOとくとくBBは、キャッシュバックが遅く受け取れないリスクがあり、高額オプション加入が必須なので、ある意味で最安値に見せられているだけでは?と思ってしまうプロバイダでもあります。その証拠に以前から口コミも結構散々です。

受け取れない人がいることを想定した高額キャッシュバックという印象が拭えず、実際に受け取れなかったという人も多数見かけます。このようなリスクが不安な方は、シンプルに安いカシモWiMAXを強く推奨します。

ただ、2年・3年で最安値というのは事実なので、3年は確実使う最安値が欲しい人で、しっかりと契約内容の自己管理ができる方に最適なプロバイダです。

\2年・3年利用なら最安値のプロバイダ /

安心の電話サポートならVision WiMAXがおすすめ

VisionWiMAX
Vision WiMAX特別優待ページ

Vision WiMAXは、オプション不要でキャッシュバック10,000円もあり、受取り手続きも忘れる心配が無いほど簡単!なによりもサポートの良さが目立ちます。

更にコールセンターはよくあるナビダイヤルではなくフリーダイヤルになっており、電話をしてから繋がるまでの時間も早く、初月無料+事務手数料無料と初回請求額も最安値に抑えることが可能です。

想定しうるあらゆるリスクを上手に排除してくれているプロバイダです。また、解約後のことまで考えてくれていて、不要になった端末を買取して最終請求額から引いてくれるシステムまで用意してくれています。

そういった意味で、Vision WiMAXは契約する時は安く解約する時も安くでき、最安値級の安心できるプロバイダです。

\ 安心できるお得なプロバイダ /

WiMAXおすすめプロバイダと選び方をもっとみる

GMOとくとくBBをおすすめしない理由は何?

単純にお得に見えるけど最安値ではなく、高くつく可能性があり、カシモWiMAXとほとんど料金差がないからです。

  • オプション2種類に強制加入となる(申込時)
  • コールセンターに繋がりにくい&通話料がかかってしまう(ナビダイヤルだから)
  • WEBでのオプション解除や解約手続きにはタイミングがある

GMOとくとくBBはオプション2つに加入必須で、1ヵ月経過しないとオプション解除できなくなっており、解除し忘れるリスクもあります。

また何かあった際にコールセンターに電話される場合は、基本的に繋がりにくく、更にナビダイヤル(20秒11円の通話料)が掛かるため30分待つと想定外に990円の費用がかかってきます。

また、GMOとくとくBBのマイページで解約手続きやオプション解除ができるのはできますが、オプションの解除は契約から1ヶ月後にしか解除ボタンが表示されず、解約ボタンも更新月のタイミングでしか表示されません。

コレ以外は電話で外す必要があるわけですが、かなり待たされることになり、通話料だけでオプション代を上回ることになる可能性もあります。

瀬戸根

全てを踏まえて考えると、ある程度仕組みを理解した上で、効率よく手続きを進められる方でないと、無駄な費用がかかるプロバイダであるということになります。
だからプロ目線でおすすめしていません。

まとめ

ここでは、Speed WiFi 5G X11のスペックから実機レビューで分かる特徴、巷の口コミやGalaxy 5G Mobile Wi-Fiとの比較などを行いましたがいかがでしたか?

Speed WiFi 5G X11は、NECにおけるWiMAX史上最高スペックのモバイルルーターですが、操作性はGalaxy 5G Mobile Wi-Fiに大きく劣り、通信速度は変わりませんでした。

なによりバッテリーの持ちだけでみると、約2倍ほどGalaxy 5G Mobile Wi-Fiのほうが優秀ということがわかったため、持ち運び前提ではあればどうしてもスペック的に劣るということがわかりました。

ただ、NECという安心感がある方にはおすすめできないわけではないので、ぜひメリットもデメリットも理解したうえで選んでいただければと思います。

Speed WiFi 5G X11の実機レビュー&評判など

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事の目次