WiMAX新機種「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」の全て|プロ目線のスペック評価・最安値プロバイダなど

WiMAXから11月発売開始となった待望の2台目となるホームルーターの「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」のスペックはどうなのか?また契約はおすすめできるのか?

2016年からWiMAX全ての機種を使ってきて、あらゆるメーカー独自の特性等をふまえて評価してきたプロが、徹底的にお伝えします。

この記事の監修・執筆
瀬戸根(セト・せっちゃん)

瀬戸根 弘宜(セト)
ネット回線アドバイザー,WiMAXマスター

神戸新聞社が認めるネット回線アドバイザー兼クラウェブ代表。

利用ユーザーのことを第一に考えた、本来あるべきネット回線の選び方を提唱。また本来の料金がわかる現実的な比較方法に定評がある。

プロフィール・関連記事一覧はこちら

HOME 5G L12に最適
おすすめのWiMAXプロバイダ

シンプルな安さNo1

カシモWiMAX
~ シンプルに毎月安い~

カシモWiMAX限定5000円キャッシュバック

カシモWiMAXは、WiMAX+5Gの端末無料プロバイダの中でシンプルに安く・手間のかからなさはNo1です。

最安値ではありませんが、キャンペーンでごまかしたような安さではいのが特徴的なプロバイダでもあります。

更に、山間部でもスマホ並に繋がるようにできるプラスエリアモードの利用料も無料(本来は利用すると1100円掛かる)なので、アウトドアで使うときでも安心です。

安心して利用できると初心者・玄人の双方からの評価が高いです。

\ 圧倒的なコスパ&最安値 /

カシモWiMAXの詳細はこちら


キャッシュバック&安心感ならコレ

Vision WiMAX
(特別優待キャンペーン)
~3年間実質最安級&サポート安心&手間が掛からない~

Vision WiMAX
Vision WiMAX特別優待ページ

3年間の実質月額が最安値級のVision WiMAX特別優待キャンペーンです。
※限定キャンペーンページからの申込みに限ります。

端末無料はそのままに、通常キャンペーンより約1万円も安くなるように、月額割引額が強化&キャッシュバックも強化され、シッカリや安くお得に使えるプロバイダになっています。

  • 初月無料で初回請求額が安い
  • 端末無料
  • ずっと月額料金4000円代(実質月額2番手)
  • オプション不要で外し忘れも安心
  • キャッシュバックが受取りやすい(用紙が届く&受取り2ヶ月後)
  • サポート体制が充実(悪い口コミが全然ない)

端末無料プロバイダの中で、お得さを求めるなら間違いなくこのプロバイダです。

\ 圧倒的なコスパ&最安値 /

Vision WiMAXの詳細はこちら

※WiMAX+5Gでも4G回線は使えるので、5Gエリア外だからときにする必要はありません。

この記事のもくじ

Speed Wi-Fi HOME5G L12のスペック

Speed Wi-Fi HOME5G L12
項目詳細
製品名Speed Wi-Fi HOME 5G L12 NAR02
メーカーNECプラットフォームズ株式会社
対応回線au 5G(Sub6/NR化)
au 4G LTE
WiMAX 2+
速度下り最大2.7Gbps
上り最大183Mbps
サイズW101×H179×D99mm
重量446g
有線ポート有線LAN2つ
WiFi規格IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz)
※Wi-Fi6の4ストリーム対応
同時接続台数42台
有線LAN2台
WiFi40台
※2.4GHz:20台,5GHz:20台
WiFiセキュリティーWPA3
※最新規格
SIM(UIM)au Nano IC Card 04 LE U
対応プランギガ放題プラス
(5G専用プラン)
Speed Wi-Fi HOME 5G L11のスペック表

WiMAX 5Gホームルーターの速度はどれも同じです。

ただ、マンションタイプの光回線の規格上の速度より速い数値となっています。

瀬戸根

家はマンションタイプの光回線(VDSL方式)を引いていて、夜遅いことがよくあるのですが、そんな時は大抵WiMAXのほうが速いです。

実のところ、6月に登場したSpeed Wi-Fi HOME5G L11とスペックは変わらず特徴もあまり差はないですが、Speed Wi-Fi HOME 5G L12の特徴を詳しくご紹介します。

Speed Wi-Fi HOME5G L12の特徴

  • 工事不要で最短当日から利用できる
  • とにかく通信速度が速い
  • 最新セキュリティー技術で安心
  • 最速WiFi規格(WiFi6)のIEEE802.11axに対応(最大1,201Mbps)
  • TWT技術で接続端末のバッテリー持ちが良くなる
  • 契約住所以外でも利用できる(WiMAXだけ)

特徴1:工事不要で最短当日から利用できる

WiMAXホームルーターはSpeed Wi-Fi HOME5G L12だけに限らずどの機種でも、工事不要でコンセントにつないで電源を入れるだけでWiFi通信が出来ます。

工事予約してから工事完了まで、2週間~1ヶ月ほどの期間を待つ必要もなく高速通信が使えるようになるので、便利かつ手軽にWiFi環境を設置できます。

特徴2:とにかく通信速度が速い

L11で使える回線

HOME 5G L12は、WiMAX2+回線・au4GLTE回線・au 5G回線の3つを同時に使って通信でき、3つ全てまとめた場合の理論上の速度は下り2.7Gbpsとなっています。

しかし、そもそも2.7GHzというのは理論上の数字であって、この通信速度は基本的に出ないです。また、そもそもWi-Fi通信時は1201Mbps(1.2Gbps)が最大なので、1.2Gbps以上での通信も不可能です。

そうはいっても、5Gエリア外でもWiMAX2+(4G回線)とau4GLTEをまとめて通信できるので、従来のWiMAXホームルータ(L02やHOME02)と比べて高速通信が可能なのは間違いありません。

※HOME02やL02は、WiMAX2+回線のみでしか通信できません。(既に新規受付終了しています。)

特徴3:最新セキュリティー技術で安心

WiFiセキュリティーのWPA3のイメージ

HOME 5G L11から、WiFi通信の暗号化方式にWPA3(最新規格)が採用され、Speed Wi-Fi HOME5G L12でもWPA3は採用されています。

WiFiの暗号化技術というのは、通信内容を外部から覗かれても内容がわからないようにする暗号化技術であり、WiFi通信上のセキュリティー面で非常に大切な機能です。

例えば、Amazonなどで買い物をする際に、クレジットカード情報をWiFiでやり取りしていますが、通信内容を覗かれてクレジットカード情報が漏れると大変ですよね。

今までは、WEPやWPA2というセキュリティー方式でしたが、徐々に暗号解読できる技術が普及してきたことにより、WPA2でも完璧に安全とは言えなくなりました。

HOME 5G L12でもWPA3が採用されているため、WiFi通信時の情報漏洩リスクが大幅に削減できるのは大きな特徴です。

特徴4:Wi-Fi6の4ストリームに対応

Speed Wi-Fi HOME5G L12は、最新・最速のWiFi規格であるWi-Fi6(IEEE802.11ax)の更に4ストリームに対応しており、Speed Wi-Fi HOME 5G L11よりWi-Fi通信時の速度規格は速いです。

そもそも、WHOME 5G L11からスマホやPC等の端末間をつなぐWiFi規格によって、一度の送受信できる量が決まっており、従来はIEEE802.11acまでしか対応していませんでした。

11axという規格は、11acよりも2段階先(11adというものが次規格)であり、一度に送受信できる情報量が1つ規格が上がるだけで数倍に膨れ上がるため、従来のホームルーターより端末側の性能が上がっています。

最新のWiFi規格が採用されているということは、従来型より更に高い情報処理能力を持っている端末と同義です。簡単に言えば、端末の数字上のスペック以外に、情報処理速度も向上しているので、体感速度も向上しています。

特徴5:TWT技術で接続端末のバッテリー持ちが良くなる

TWT(Target Wake Time)のイメージ

TWT(Target Wake Time)技術を導入したことで、接続中でも使っていない時のWiFi通信を極力行わないようになったため、Wi-Fi電波受信で無駄に消費していたバッテリーを抑えることに成功しています。

決k的に、各端末のバッテリー持ちを向上させることができるようになりました。

例えば、タブレットとスマホをWiFiに繋いでいるが、タブレットで動画を見ていて、スマホは触っていない時に、スマホで常時WiFi接続しておく必要がないので、スリープ中は10秒に1度だけ繋げてWiFiキャッチに使う電力消費を抑える。こんな技術になっています。

どうしても従来(HOME02やL02)だと、WiFi接続中は端末側がWiFi回線を常に拾っているかモニタリングし、WiFiが弱い場所だとキャッチする量増やすためにバッテリーの消費量が増えていました。

HOME 5G L12は、このように気付いていないときにWiFiキャッチで消費していたバッテリー量の無駄を削ることができ、結果的にスマホやPCのバッテリー長持ちに一役かってくれることとなります。

特徴6:契約住所以外でも利用できる

WiMAXホームルーターはSpeed Wi-Fi HOME 5G L12以外でも、契約住所以外でも利用できるので、実家に帰る時に持っていったり、旅先に持っていくことも可能です。

よくホテルのWiFiが遅かったりすることもありますが、そんな時でもSpeed Wi-Fi HOME5G L12を持っていっていれば、エリア内なら安心して利用できます。

ちなみにホームルーターを持ち運べるのはWiMAXの特権で、「ソフトバンクエアー」や「ドコモのHOME 5G HR01」は契約住所以外では使えません。

特徴7:形は五角形と少し変わっている

Speed Wi-Fi HOME 5G L12の形
Speed Wi-Fi HOME 5G L12をしたから見た形

Speed Wi-Fi HOME 5G L12は、他のホームルーターとは少し形が変わった五角形になっています。

ほとんどのホームルーターが、四角形・長方形・丸形なので、奇抜なものがお好きな方は形を見て楽しめるかもしれませんね。

HOME 5G L12とHOME 5G L11の違い(他WiMAXホームルーターとの差)

スクロールできます
L12L11HOME02
イメージSpeed Wi-Fi HOME5G L12Speed Wi-Fi HOME 5G L11Speed Wi-Fi HOME02
通信速度
(最大)
下り2.7Gbps
上り183Mbps
下り2.7Gbps
上り183Mbps
下り440Mbps
上り75Mbps
サイズW101×H179×D99mmW70×H182×D124mmW50×H118×D100mm
重量446g599g218g
WiFi規格IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz)
※Wi-Fi6に対応
IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz)
※Wi-Fi6に対応
IEEE802.11a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
※Wi-Fi6は非対応
WiFi暗号化方式WPA/WPA2-PSK(AES)
&
WPA3
WPA/WPA2-PSK(AES)
&
WPA3
WPA/WPA2-PSK(AES)
同時接続台数最大40台最大30台最大20台
端末代※21780円
(基本無料)
21780円
(基本無料)
16500円
(基本無料)
※端末代はUQ WiMAXをベースにして比較。人気プロバイダは無料です。

一つ前の機種であるHOME02とは、そもそもプランが違うということもありますが、端末スペックだけで見ても圧倒的な差があります。

通信速度は下り・上りともに2~6倍速い

スペック上の通信速度は、L12とL11は同じですが、4G専用機種であるHOME02と比べると大幅に速いです。

スクロールできます
L12L11HOME02
イメージSpeed Wi-Fi HOME5G L12Speed Wi-Fi HOME 5G L11Speed Wi-Fi HOME02
通信速度
(最大)
下り2.7Gbps
上り183Mbps
下り2.7Gbps
上り183Mbps
下り440Mbps
上り75Mbps

HOME02(4G専用機種)と比べると、下り速度はHOME02の約6倍、上り速度はHOME02の約2.5倍速いです。

ただ実際の通信速度は平均して1.6~2.5倍程度しか差はありません。

Wi-Fi6対応でセキュリティー&速度UP

Wi-Fi6は最新のWi-Fi規格であり、Wi-Fi通信時の最大通信速度自体が向上しました。

Wi-Fi規格が変われば、Wi-Fi間での通信におけるルーター側の負荷も変わり、通信ロス自体も減少する傾向にあり、結果的に通信品質も向上します。

また、Wi-Fi6に対応しているルーターでは、WPA3というWi-Fi通信のセキュリティーとして暗号化方式の改良によって安全性も高まっています。

同時接続台数は一番多い

Speed Wi-Fi HOME 5G L12は同時接続台数40台と、Speed Wi-Fi HOME 5G L11より10台多く、HOME02(4G専用機種)と比べると2倍にもなります。

スクロールできます
L12L11HOME02
イメージSpeed Wi-Fi HOME5G L12Speed Wi-Fi HOME 5G L11Speed Wi-Fi HOME02
同時接続台数最大40台最大30台最大20台

ただ、WiMAX+5Gには3日15GB制限があるので、あまり多くの台数を同時接続してしまうと、すぐ15GB制限にかかってしまうことになるので要注意です。

また、そもそもホームルーターは5台以上同時接続すると、遅くなりやすいので、必要最低限で済ませるのが理想です。

室内での電波強度が大幅強化された!理由はau 4G LTEの存在が大きい

Speed WiFi HOME 5G L12は、Speed Wi-Fi HOME 5G L11同様にギガ放題プラスというプランになり、au 4G LTEがデフォルトで使えるようになったことで、室内での電波強度から通信速度などの通信環境が大幅強化されました。

上:Speed Wi-Fi HOME 5G L12の室内での電波の状態
下:HOME02の室内での電波の状態

HOME 5G L11~L12からデフォルトで使えるようになったau 4G LTEは、auスマホでの主要回線となる2GHz帯の「高速ワイドレンジ型回線」と呼ばれるものです。

基地局がたくさんあるので、回線キャパ容量も多く通信速度が安定して出せる特徴を持っています。

逆に、HOME02はデフォルト時だとWiMAX2+回線のみしか使えず、WiMAX2+回線は障害物に弱い特性をもっており、エリア内であっても室内だと弱くなったり圏外になるという状況がよくありました。

単純な話、HOME 5G L12/L11はHOME02(WiMAX2+)より室内に入ってくる電波量が多いということです。

結果的に、WiMAXのエリアを強化することができ、また電波量が増えたことによりHOME02だと、1段階電波が弱くなっていた場所でもシッカリと電波が入るようになったわけです。

Speed Wi-Fi HOME 5G L12の
旧機種(HOME02)より劣るポイント
  • サイズが横2cm高さ5.4cm奥行き2.4cmも大きくなった
  • 端末代が5280円高くなった(※UQ WiMAX選択時)

サイズや重量に関しては、5G回線と4G回線の両方に対応させるために内蔵アンテナ自体が大きくなり、速度が上がる=処理速度が必要になったことで排熱処理も多少必要になったことで大きくなったのでは?と思います。

ただ、大きくなった分、スペックが大幅に強化されているので、劣るとは言えどもプラスに考えるべき要素ではあります。

Speed Wi-Fi HOME 5G L11とのスペック差はないものの、4G専用のWiMAXホームルーターとは一線を画するほどのスペック差があります。

結局、Speed Wi-Fi HOME 5G L12とL11はどっちがいいの?

Speed Wi-Fi HOME 5G L12は、1つ前のSpeed Wi-Fi HOME 5G L11とスペック自体は変わりません。

そのため、どちらを選んでも良いです。

デザインやサイズ感で選んでも、メーカーで選んでもどちらも良いでしょう。どちらもできることは基本的に変わりませんし、どちらも通信スペックに差はないかと思います。

Speed Wi-Fi HOME 5G L12と
L11やHOME02との違いまとめ

基本スペック自体は、
Speed Wi-Fi HOME 5G L11と変わらない

ただ4G専用端末(HOME02)とは以下の違いがある

  • 最大下り速度が約6倍速い
  • 最大上り速度が約2.5倍速い
  • Wi-Fi6に対応している(IEEE802.11ax)
  • WiFiの暗号化方式がより安全になっている
  • 同時接続台数が多い
  • 常にau 4G LTEとau 5Gが使える(5G共通)
  • 3日制限が1.5倍に増えた(10GB→15GB)(5G共通)
  • 室内での電波強度が大幅強化された(5G共通)

Speed Wi-Fi HOME 5G L12と他社ホームルーターを徹底比較

Speed Wi-Fi HOME 5G L12の検討中の方は、SoftBankAirやドコモの5GホームルーターHR01と比較している人も多いかと思います。

そこで以下3機種で比較を行います。

  • HOME 5G L12(WiMAX+5G)
  • Airターミナル4(SoftBankAir)
  • HR01(ドコモ home5G)

やっぱり、ドコモから出るということで興味を持っている人も多いのではないでしょうか。

スクロールできます
L11
(WiMAX+5G)
Airターミナル4
(softbankAir)
HR01
(docomo)
イメージSpeed Wi-Fi HOME5G L12Airターミナル4(softBankAir)HR01(ドコモ home5G)
下り速度
※回線規格上
2.7Gbps481Mbps
(一部962Mbps)
4.2Gbps
上り速度
※回線規格上
183Mbps不明218Mbps
WiFiの最大速度
(速度はこっちが重要)
1201Mbps867Mbps
※最新機種のみ一部1201Mbps
1201Mbps
サイズW101×H179×D99mmW103×H255×D103mmW95×H170×D95mm
重量446g635g720g
WiFi規格IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz)
IEEE802.11a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)

※1 ax対応機種もある
IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz)
WiFi暗号化方式WPA3WPA2WPA3
同時接続台数
(有線ポート分は除く)
最大40台最大64台最大64台
利用回線au 5G(Sub6/NR化)
au 4G LTE(2GHz)
WiMAX 2+(2.5GHz)
AXGP(2.5GHz)
SoftBankLTE
(2.1/3.5GHz)
docomo 5G(Sub6のみ)
PREMIUM 4G LTE
4G LTE
(700~3.5GHz)
端末代基本無料
(一部21,780円)
59,400円
(3年利用で実質無料)
39,600円
(3年利用で実質無料)
登録住所以外の利用可能不可不可
※1 個装箱の商品コードが「BBWAAM」(もしくは機種名ラベルの色が「銀色」)の場合のみ

スペック比較表だけでわかりづらい「本来の通信速度」や「利用回線に基づく対応エリア」等をふまえて以下に違いを書いていきます。

通信速度は基本同じ!機種スペック差に騙されないで

端末スペック上の表記だと、ドコモHOME 5G HR01が一番凄くみえますが、この表記の速度は厳密なところだと正しくはないです。

なぜなら、端末スペックの最大通信速度は、基地局〜HR01(機種)まで最大4.2Gbpsで通信できるという意味でしかありません。しかもその速度で通信することは100%ありません。

そして、HR01(機種)〜接続するスマホ等の端末(デバイス)までのWi-Fi通信時の速度は最大1201Mbpsで同じです。WiFi規格の速度はボトムネックになるので、機種スペックの通信速度を見ても意味がないというわけです。

ただ、Speed Wi-Fi HOME 5G L12はWi-Fi6の更に4ストリームに対応しているため、Wi-Fi側でも最大2.4Gbpsまで理論上は出せるようです。ただ基本どれも同じだと思っていただくのが良いでしょう。

要するに、WiMAXのHOME 5G L12とドコモのHOME 5G HR01の最大速度は同じです。

ただし、Wi-Fi通信間での速度は変わらなくても、基地局〜ルーター間での通信速度は利用する回線や電波状況等により変わってくるため、実際に出る通信速度は違います。

そして実際に出る通信速度は、利用している回線スペックの高さからドコモ HOME 5G HR01のほうが基本的には速いです。

しかし、実際にWiMAX+5Gでも全く問題のない速度なので、あまり気にする必要はないとも言えます。

※WiFi6規格のIEEE802.11ax(5GHz)にした時のみ最大1201Mbpsとなり、通常のWiFi通信規格(2.4GHz)だと573Mbpsとなります。
※更に厳密にいえば、最新スマホや最新PCでもないと、そもそもWiFi6に対応していないので、5GHzでWiFi接続しても、WiFi5の最大867Mbpsが最大通信速度となります。

こゆこと!
通信速度は端末スペックで判断できない
  • キャリア回線の空き状況(回線キャパ)
  • キャッチする電波の強さ(エリア)
  • Wi-Fi接続強度や規格(Wi-Fi規格)

スペックの高い端末だから速いわけではないということです。

強いて言えば、「WiMAXとドコモの回線キャパはまだ余裕があり、どちらも速度に問題はない!」です。

数字上の差はあっても、利用時にどちらも遅さを感じない。

瀬戸根

SoftBank Airが遅いという口コミが多いですが、この理由は回線キャパが混雑気味だからであり、3年間契約していて実際に遅い事が多いので事実です。

利用回線でわかる各社の対応エリアの差

ホームルーターを提供している各社利用している回線ごとに対応エリアを比較してみました。

各社エリアマップ
(利用回線)
WiMAX
(HOME 5G L12)
WiMAXのエリア
au 5G(Sub6のみ)
au 4G LTE(2GHz)
WiMAX 2+(2.5GHz)
SoftBankAir
(Airターミナル4)
SoftBankAirのエリア
AXGP(2.5GHz)
SoftBankLTE(2.1/3.5GHz)
※SoftBankLTE2.1GHzのみのエリアは非公開
docomo
(home5G HR01)
ドコモ home5Gのエリア
docomo 5G(Sub6のみ)
PREMIUM 4G LTE(3.5GHz)
4G LTE(700~2.5GHz)
千葉県房総周辺をメインにしたエリアマップ比較

SoftBankAirはAXGP以外はまともにわからないような仕様になっています。スマホのエリアマップは検索できるので技術的に可能なはずですが、意図的なものを感じて残念で仕方ありません。

Speed WiFi HOME 5G L12の対応エリアはドコモ並み

WiMAX+5GのSpeed Wi-Fi HOME 5G L12の対応エリアは、東京近郊の田舎(房総周辺)でもドコモ並みに広いです。

ちなみに、WiMAXのエリアマップのエリアないとエリア外の間が尖っていますが、これは利用している回線周波数の問題で、WiMAXはドコモより遠くまで飛ばしづらい電波なので、障害物の奥側だと弱くなりやすいため、電波が基地局から円状に広がらないからです。

SoftBankAirは、WiMAXよりさらに障害物に弱い回線を利用しており、また基地局の設置数も少ないので必然的にエリアが狭いです。

エリアチェックは、左上の通信モード設定を「【5G対応】スタンダードモード」にしてから行ってくださいね。

Speed Wi-Fi HOME 5G L12のプロの総合評価

Speed Wi-Fi HOME 5G L12の総合評価
総合評価
丁度いいスペック
通信速度の速さ
混雑時間でも速い(WiMAX+5G共通)
対応エリア
au4GLTEで室内でも安定
セキュリティー
WPA3だから安心できる
サイズ
L11よりコンパクト
料金
他社の半額以下

WiMAXのホームルーターの中で見ても、HOME 5G L12はハイスペックです。

また、他社ホームルーター全体で見てもドコモ home 5G寄りは遅いですが、通信速度自体は平均でみても速いほうで、端末料金自体も安いのでコスパが非常に良いです。

なにより、SoftBank Airと悩んだら速度の安定性や室内での電波の入りやすさから、Speed Wi-Fi HOME 5G L12にしておくべきだと思います。

Speed Wi-Fi HOME 5G L11はどんな人におすすめ?

置くだけWiFi(ホームルーター)を検討している全ての人におすすめ!と言いたいところですが、あらゆるポイントで比較してきて、確実おすすめだ!と言えるのはこんな人です。

こんな人
Speed Wi-Fi HOME 5G L12をおすすめできる人
  • 一人暮らしをしていて家でしかWi-Fiを使わない人
  • 光回線をひけないが、高速WiFiが欲しいと悩んでいる人
  • スマホの新料金プランや格安スマホを利用している人
  • 都会に住んでいる人
  • 5G対応している安めのWiFiを使いたい人
  • シンプルで操作が簡単な端末を使いたい人

※SoftBankスマホユーザーは料金面だけで見ると、SoftBankAirの方が安くなります。
ただ、速度に不安があるならWiMAXにされるのをおすすめします。

スペックだけで見ても、ホームルーターとして非常に高いスペックを持っており、コスパも非常に高いので優秀な機種だと言えます。

何よりWiMAX+5Gは、SoftBank Airのようによくわからない速度制限がないので、大量に使う時でも3日制限だけ意識しておけば問題ありません。

Speed Wi-Fi HOME 5G L12はどこで契約すると最安値?

Speed Wi-Fi HOME 5G L12が契約できる場所は、店舗やWEBなどいろいろあり、プロバイダの選択肢もUQ WiMAXだけではありません。

Speed Wi-Fi HOME 5G L11を契約できる場所
  • 各社プロバイダの公式サイト(Vision WiMAX/カシモWiMAX等)
  • 家電量販店(BIC WiMAX/ワイヤレスゲート等)
  • UQ スポット(UQ WiMAX)

契約場所によってプロバイダが違ってきます。

そしてSpeed WiFi HOME 5G L12をお得に契約するには、お得なプロバイダを選ぶのが大切です。

要するに、Speed Wi-Fi HOME 5G L12は、お得なWEB限定プロバイダから契約するのが一番!ということです。

Speed Wi-Fi HOME 5G L11が安いプロバイダが分かる比較表

※2022年1月16日の最新データ

スクロールできます
実質月額※1実質総額
(3年分)
月額料金
(初月)
PAモード
利用料
(プラスエリア)
端末代キャンペーン事務手数料契約期間違約金
【最もおすすめ】
カシモWiMAX 5G
カシモWiMAX限定5000円キャッシュバック
※限定キャンペーン
4,447円164,543円毎月4,455円
(初月:1,408円)
無料実質無料Amazonギフト券
5,000円
※当サイト経由限定
3,300円3年間1~12ヶ月目20900円
13~24ヶ月目15400円
25ヶ月目以降10450円
更新月(37ヶ月目)0円
Vision WiMAX 5G
Vision WiMAX

※特別優待キャンペーン
4,514円
↓端末買取時↓
4,460円
167,050円
↓端末買取時↓
165,050
1~2ヵ月4,400円
3ヶ月目~4,950円
(初月:無料)
無料完全無料初月無料
+
現金15,000円CB
※当サイト経由限定
+
事務手数料無料

端末買取
(2000~4000円)
0円3年間1~12ヶ月目28050円
13~24ヶ月目21450円
25ヶ月目以降14300円
更新月(37ヶ月目)0円
【最安値】
GMOとくとくBB 5G
GMOとくとくBB WiMAX
3,870円143,207円
※初月分最大含む
1~2ヵ月2,079円
3~36ヶ月目4,389円
37ヶ月目~4,444円
(初月:日割り)
無料完全無料現金20,000円CB
or
他社違約金
最大20,000円負担
3,300円3年間1~12ヶ月目20900円
13~24ヶ月目15400円
25ヶ月目以降10450円
更新月(37ヶ月目)0円
Broad WiMAX 5G
Broad WiMAX
(クラウェブ経由※2)
4,681円173,222円
※初月分最大含む
1~2ヵ月2,090円
3~24ヵ月3,894円
25ヶ月目~4,708円
(初月:日割り)
無料21780円現金5000円CB3,300円3年間1~12ヶ月目20900円
13~24ヶ月目15400円
25ヶ月目以降10450円
更新月(37ヶ月目)0円
BIGLOBE WiMAX 5G
BIGLOBE WiMAX5G
4,982円184,348円1~24ヵ月4,378円
25ヶ月目~4,928円
(初月:無料)
1100円
※利用月のみ
21912円現金10000円CB3,300円1年間1~12ヶ月目1100円
13ヶ月目以降0円
UQ WiMAX 5G
UQ WiMAX公式サイト
4,984円184,414円
※初月分最大含む
1~24ヵ月4,268円
25ヶ月目~4,818円
(初月:日割り)
1100円
※利用月のみ
21780円現金5,000円CB3300円2年間1~24ヶ月目1100円
更新月(25ヶ月目)0円
ヨドバシWiMAX 5G
ヨドバシWiMAX(ワイヤレスゲート)
(BIC WiMAX/各社家電量販店)
4,790円177,264円
※初月分最大含む
毎月4,268円
(初月:日割り)
無料21780円10,000円
※商品券
※ヨドバシの場合
3300円3年間1~36ヶ月目21,780円
更新月(37ヶ月目)0円
WiMAX+5G専用の料金比較表

※ 実質総額は、37ヶ月分の月額料金+初月分+事務手数料+端末代の合計からキャッシュバック額を差し引いた金額です。
※ 公式プロバイダが行っているキャンペーンの中で、一番オトクなキャンペーンで掲載選択しています。
※1 実質総額を37分割した、実質的相当月額。

最も現実的に3年間で最安値はGMOとくとくBBですが、「カシモWiMAX(Amazonギフト券5,000円)」がおすすめです。

なぜなら、GMOとくとくBBは、キャッシュバックの受取り手続きが11ヶ月後にしかできず、普段使わないGMOから新規発行されたメールアドレスに手続き用メールが届くので受取り忘れる方が非常に多いです。

また、オプション2種類も加入必須で、オプションをWEBで外せるのは1ヶ月経過後となり、申込みタイミング次第ではオプション代がかかることになります。また電話でオプションを外そうにもナビダイヤルで30分ほど待つこともよくあり、通話料だけで1,000円以上かかることもあります。

結果的に色々失敗するリスクを考えると、最安値のGMOとくとくBBをプロ目線でおすすめすることはできません。

それならば、キャンペーンも受けやすく、シンプルな安さで、2番目に安いカシモWiMAXを選んだほうがリスクも少なく、契約後の安心感も間違いありません。

また、どちらも、雨で電波が弱い日に役立つプラスエリアモードの利用料が無料なので、しっかりと安心してSpeed Wi−Fi HOME 5G L12の性能を活かすことができます。

この機会にお得なプロバイダでご契約くださいね!

シンプルな安さ&安心感なら|カシモWiMAX

カシモWiMAX限定5000円キャッシュバック

カシモWiMAXは、初心者&玄人に人気があるプロバイダ。

そもそもユーザーメリットを常に意識していることもあり、毎月安く設定してくれているプロバイダでもあります。

キャッシュバックは要らないからシンプルに毎月安く使いたい!そんな人に最適なプロバイダですが、今はさらにAmazonギフト券5,000円も無条件でついてきます。

ちなみにAmazonギフト券5000円は、以下の特別キャンペーンサイトより申し込んだとき限定となっており、他キャンペーンページだと最大3,000円で、通常キャンペーンページだとAmazonギフト券はありません。

\ 圧倒的なコスパ&最安値で申し込める /

カシモWiMAXの詳細はこちら

キャッシュバック&安心感なら |Vision WiMAX

Vision WiMAX
Vision WiMAX特別優待ページ

キャッシュバックも全て含めて、現実的最安値のVision WiMAX。

キャッシュバック受取り方法も、端末と同梱のキャッシュバック申請用紙を記入して送るだけとなっています。

更に、オプション加入条件もなく契約後にオプション解除などの手間もないことから、最も手軽にキャッシュバックが受け取れるプロバイダと言っても過言ではありません。

東証一部上場企業だからこその優れたコールセンター対応も魅力であり、従来の条件付きキャッシュバックのあるBroad WiMAXやGMOとくとくBBよりはるかに優れたコスパとなっています。

\ 圧倒的なコスパ&最安値 /

Vision WiMAXの詳細はこちら

最安値のGMOとくとくBBはなぜおすすめされないの?

単純にお得に見えるけど最安値ではなく、高くつく可能性があるからです。

  • オプション2種類に強制加入となる(申込時)
  • コールセンターに繋がりにくい&通話料がかかってしまう(ナビダイヤルだから)
  • WEBでのオプション解除や解約手続きにはタイミングがある

GMOとくとくBBはオプション2つに加入必須で、1ヵ月経過しないとオプション解除できなくなっており、解除し忘れるリスクもあります。

また何かあった際にコールセンターに電話される場合は、基本的に繋がりにくく、更にナビダイヤル(20秒11円の通話料)が掛かるため30分待つと想定外に990円の費用がかかってきます。

また、GMOとくとくBBのマイページで解約手続きやオプション解除ができるのはできますが、オプションの解除は契約から1ヶ月後にしか解除ボタンが表示されず、解約ボタンも更新月のタイミングでしか表示されません。

コレ以外は電話で外す必要があるわけですが、かなり待たされることになり、通話料だけでオプション代を上回ることになる可能性もあります。

瀬戸根

全てを踏まえて考えると、ある程度仕組みを理解した上で、効率よく手続きを進められる方でないと、無駄な費用がかかるプロバイダであるということになります。
だからプロ目線でおすすめしていません。

Speed Wi-Fi HOME 5G L12のよくある質問

  1. Speed Wi-Fi HOME 5G L12はおすすめ?
  2. Speed Wi-Fi HOME 5G L12は速いの?
  3. Speed Wi-Fi HOME 5G L12の対応エリアは?
  4. Speed Wi-Fi HOME 5G L12を安く手に入れる方法は?
  5. 5G対応のWiMAXルーターは他にもある?
  6. ドコモ home 5G HR01とどっちがいい?

Speed Wi-Fi HOME 5G L12はおすすめ?

WiMAXの5Gホームルーターとしては、L11とスペックは変わらないですが、同時接続台数の多さから各家電をWi-Fiにつなぎたい方にはおすすめしやすいです。

Speed Wi-Fi HOME 5G L12は速いの?

速いか遅いかで言えば、速いですが最速ではないです。

実測値は計測場所や条件によりますが、同じスペックのSpeed Wi-Fi HOME 5G L11で4G回線利用時でも平均30~50Mbpsでますし、5Gエリアであれば100Mbpsを超える速度が出ることもよくあります。

よくある、遅いと感じる光回線(マンションタイプVDSL方式)より速いと感じることが多いかと思います。

Speed Wi-Fi HOME 5G L12の対応エリアは?

WiMAXが公開している対応エリアをご確認ください。

画面右上のモード設定は「【5G対応】スタンダードモード」にしていただくと、Speed Wi-Fi HOME 5G L11で利用できるエリアが表示されます。

※5Gのエリア以外でも4G回線にて快適に利用できます。

Speed Wi-Fi HOME 5G L12を安く手に入れる方法は?

Speed Wi-Fi HOME 5G L11を手に入れる方法は、UQ WiMAX等の各プロバイダで契約する際に購入するか、各種プロバイダ契約で無料で手に入れるかの2択が基本です。

他にも、Amazonや楽天市場・Yahooショッピングなどで中古端末を購入する方法もありますが、分割途中だったりと色々事故が多いので、ある程度の期間がすぎるまでおすすめできません。

結局、安く手に入れる方法は、Speed Wi-Fi HOME 5G L12が無料のプロバイダで契約することではないでしょうか。

Speed Wi-Fi HOME 5G L12が安いプロバイダをみる

5G対応のWiMAXルーターは他にもある?

WiMAXから販売している5G対応ルーターは全部で4種類あります。

モバイルルーター
Speed WiFi 5G X11のスリープモード
(持ち運びサイズ)
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
Speed Wi-Fi 5G X11
ホームルーター
home5gl11

(据え置きサイズ)
Speed Wi-Fi HOME 5G L11
・Speed Wi-Fi HOME 5G L12

どの端末も、規格上の通信速度は最大2.2~2.7Gbpsと高性能で実際に速度も安定しています。

どれを選んでも比較的ハイスペックですが、モバイルルーターを選ばれる場合は「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01」にされることをおすすめします。

ホームルーターはどちらを選んでも使用感に差はでません。

ドコモ home5G HR01とどっちがいい?

ドコモのHOME 5G HR01は、2021年8月末の発売当初から非常に人気があり、今では多くのユーザーに利用されています。

やはり人気の理由は、WiMAXよりも3日制限がゆるく、3日30GB以上使えることにほかなりません。ただ利用場所次第で3日制限が変わるようで、利用者が増えるとともに制限自体も厳しめになっていくことは容易に予想できます。

ただドコモスマホユーザーであれば、ドコモ home 5Gにされたほうが安くなり、通信速度もしっかりと速いので、強くおすすめします。

まとめ

WiMAXの5Gホームルーター「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」は、実用性の高いスペックをしっかり確保していながら端末代も安く、月額料金なども考慮すると非常にお得に利用できます。

また、SoftBank Airやドコモ home 5Gのように持ち運びもできないこともなく、基本は家で使うけど旅行の宿泊先や実家に持って行くといった使い方にできます。

Speed Wi-Fi HOME 5G L12が特別優れた機種かどうかでいえば、決してそんなことはありませんが、WiMAX+5G自体は他の5Gルーターより安く仕上がっていてコスパが良いのは間違いありません。

そういった意味では、Speed Wi-Fi HOME 5G L12を選ぶのはおすすめといえますよ。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
この記事のもくじ
閉じる