クラウドSIM(クラウドWiFi)のおすすめは6社だけ|失敗しない選び方と比較で最安値までわかる

この記事では、ちょっとWiFi編集部が本気でおすすめするクラウドSIM型ポケットWiFiを、100GB・20GB・50GB・200GBのデータ容量別に比較し・ニーズ別にピックアップしました。

そんなクラウドSIMは2021年現在、10社以上あり「データ容量(プラン)」「月額料金」「契約期間」「端末」などの違いからどれを選べば良いのか非常にわかりにくくなってきています。

だからこそ、選び方の注意点や選ぶコツからニーズに合った安いクラウドSIM型ポケットWiFiまで詳しくご紹介しています。

ここでは公平性と抜けがないように、ネット回線アドバイザーの瀬戸根さんに監修していただきました。

今最もおすすめのクラウドSIM

AiR-WiFi(100GB)

Air-WiFi
AiR-WiFi

無駄なものを一切省いたシンプルな安さが何よりもの魅力なクラウドSIMがAiR-WiFiです。

  • 毎月の月額料金最安値
  • クラウドSIMで最も速度が安定している
  • 1年契約で違約金も安い
月額3,278円
データ容量100GB
契約期間1年間
端末代無料
(レンタル)

AiR-WiFiは、クラウドSIMとして最近登場したばかりで、最も後発といえるサービスだからこそ、商品スペックは圧倒的に他社を上回ります。

現在のポケットWiFi選びは、5GのポケットWiFiが普及するまでの繋ぎとして使えるものを選ぶのが基本だからこそ、1年契約というのが非常に大きな魅力でもあります。

\ とにかくシンプルに安い /

\ ちょっとWiFi編集部イチオシ /

この記事の監修・執筆
瀬戸根(セト・せっちゃん)

瀬戸根 弘宜(セト)
ネット回線アドバイザー,WiMAXマスター

神戸新聞社が認めるネット回線アドバイザー兼クラウェブ代表。

利用ユーザーのことを第一に考えた、本来あるべきネット回線の選び方を提唱。また本来の料金がわかる現実的な比較方法に定評がある。

プロフィール・関連記事一覧はこちら

この記事のもくじ

そもそもクラウドSIMってどんなWiFi?

転載:クラウドSIMとは?(GLOCALNET)

簡単にいえば、端末にSIMカードを挿す必要がなく、docomo/au/softbankなどのLTE回線が利用できるポケットWiFiです。

クラウドSIMというのは、uCloudLink社が提供するクラウドSIM技術を活用したモバイルWiFiのこと。

クラウドSIM技術というのは、クラウドサーバー上にSIM情報を置き、モバイルルーターはSIM情報のあるクラウドサーバーを経由して、クラウドサーバーがその利用する場所に最適な回線を選択し、その回線を利用してネットに接続する技術です。

そのため、端末側のSIM情報に左右されずクラウドサーバー上に用意された、docomo/SoftBank/auのLTE回線が利用できるSIM情報を通信を行うので、様々なLTE回線が利用できるということです。

現在、日本国内で提供されているクラウドSIMは、ドコモ・au・ソフトバンクの大手3キャリアのLTE回線が利用できる他、楽天などの回線も利用でき、海外ではその国の回線を別料金で使えるようにもなっています。

クラウドSIM型ポケットWiFiのメリット・デメリット

マルチキャリアが使えるクラウドSIM型ポケットWiFiは、かなり便利でメリットも多いですが、デメリットもあります。

契約してからこんなはずじゃなかった!とならない、知っておくのは大切ですよね。

ではまずデメリットからご紹介します。

クラウドSIM型ポケットWiFiのデメリット6つ

  • 完全無制限プランはない
  • 接続する回線を自分で選べない
  • 端末起動後ネットに接続するまでに少し時間がかかる
  • 過去に大規模な通信障害が起きた
  • 機種スペックは他社ポケットWiFiより劣る
  • 支払いはクレジットカード払いのみ

完全無制限プランはない

クラウドSIMの登場当初、LTEが完全無制限で使えるポケットWiFiとして販売していましたが、現在は完全無制限プランはありません。

完全無制限がなくなった理由は大規模な通信障害が起きたことがキッカケで、通信回線の表記問題にメスを入れた結果というわけです。

現在のクラウドSIMは、100GBや200GBなどと充分大容量なデータ容量プランを格安で販売しており、実質無制限的な使い方ができている人が多いです。

モバイルルーターを使う5~7割以上の人は、100GBもあれば足りているというデータがでています。

接続する回線を自分で選べない

クラウドSIMは、利用する場所で最適な回線をクラウドサーバーが自動的に判定するので、自分で接続する回線を選べるわけではありません。

ドコモのLTE回線を使いたいのに、ソフトバンクでしか接続しない!なんてこともよくあります。

ただ、逆をいえばその場で繋がりやすい回線を自動選別しているので、ネットを利用するという目的から言えばさほど問題がでているわけではありません。

クラウドSIMで繋がる割合は8~9割がソフトバンクLTEです。

端末起動してからネットに接続するまで少し時間がかかる

クラウドSIMの仕組み上、端末起動時にクラウドサーバーに接続して、その場所で利用するのに最適な回線を判断しします。

この回線判断に時間がかかるので、端末起動後1分~3分程度はネットに繋がりません

急いでいる時は、WiFi設定自体はできるので、端末起動直後にWiFiがつながらない!と感じることもあるかもしれません。

5分後に使いたい!などとわかっている状態であれば、予め電源を入れておくなどの対策をしておきましょう!

過去に大規模な通信障害が起きた

クラウドSIMは、人気がでたことによる急な契約数増加、コロナ渦によるトラフィックの急増により、キャパオーバーになって通信障害が起きたことがありました

通信障害が起きた後も、無制限といいつつある程度データ容量を使うと速度制限に掛かったような状態になる状況は頻発していました。

その結果、無制限といいつつ制限あるよね?というユーザーが増え、クラウドSIMの膨大なトラフィックに耐えられない回線業者がトラフィック量の制限する流れになり、結果的に無制限での提供終了し、100GB・200GBの大容量WiFiに変更をしたというわけです。

100~200GBプランに変わってから、目立った通信障害はないのでご安心くださいね。

機種スペックは他社ポケットWiFiより劣る

クラウドSIM型ポケットWiFiの機種スペックは、他ポケットWiFiより少し劣ります。

特に通信速度面の差が大きいので、違いが分かる表を用意しました。

スクロールできます
クラウドSIM
(MugenWiFi)
WiMAXワイモバイルドコモ
機種U3W06803ZTSH52A
下り最大速度150Mbps1.2Gbps988Mbps4.1Gbps
上り最大速度50Mbps75Mbps46Mbps480Mbps
平均下り速速度
(みんなのネット回線速度より)
18.21Mbps38.81Mbps32.18Mbps147.81Mbps
端末ごとの速度表

基本的に10Mbps以上出ていた場合、特に通信速度が遅いと感じることはありません。

しかし、高画質動画や大容量データを扱う時に、30Mbps以上ないと遅さを感じやすいのは事実です。

数GBのデータのやりとりや、Youtube1080p画質などだと遅さを感じることがあります。

支払いは基本クレジットカード払いのみ

クラウドSIM型ポケットWiFiは、月額料金の支払い方法は基本クレジットカード払いとなっています。

クラウドSIM型ポケットWiFiにおいて口座振替に対応している会社がなく、現時点ではクレジットカードが無いと申込できない状態です。

短期間の利用でも長期利用でも関係なくクレジットカード払いのみとなっています。

一部、割高ですがFUJI WiFiという会社だけコンビニ払いに対応しています。

クラウドSIM型ポケットWiFiを利用する5つのメリット

メリット
  • キャリアLTE利用だからWiMAXよりエリアが広い
  • データ容量のバリエーションが豊富
  • 月額料金が安めに抑えられる
  • 1日制限・3日制限がない
  • 海外でも同じ機種で使える

キャリアLTE利用だからWiMAXよりエリアが広い

クラウドSIM型ポケットWiFiで利用できる回線は、ドコモ/au/Softbankのスマホで利用されているLTE回線です。

スマホのLTE回線はどのキャリアも人口カバー率99%を誇り、電波が弱くなりがちな田舎や人口の少ない場所、地下や室内の奥側、地下鉄の中でも繋がりやすいです。

ちなみにこれら電波の弱くなりがちな場所はWiMAXだと圏外になる可能性が高い場所です。

かなり山間部だとWiMAXはまだ弱いですが、田舎でもかなり繋がるようになっているので、都会の方はあまり差を感じない可能性がありますね。

データ容量のバリエーションが豊富

クラウドSIM型ポケットWiFiは、20GB~200GBまでのデータ容量バリエーションがあります。

そんなにハードに使わないけど、速度制限には掛からないようなポケットWiFiが欲しい!という人に最適な100GBプランがメインとなっています。

あまり使わないけどサブ回線として利用するという方は20GBを使い、光回線が引けなくて動画を快適にみたいからできるだけ大容量のものが欲しい人は200GBといった選び方ができます。

また、変わり種として1日2GB~1日7GB制限といったタイプのプランもあります。

利用用途に合わせて最適なデータ容量が選択できるので経済的ですよ。

月額料金が安めに抑えられる

クラウドSIM型ポケットWiFiはデータ容量バリエーションが豊富なので、自分にマッチしたデータ容量を選択できます。

仮に20GBしか使わない場合は毎月2,000円ほどで利用でき、50GBなら3,000円ほど、100GBで3700円ほどで利用できます。

必要に応じたデータ容量プランの選択できるため、月額料金を抑えることができます。

仕事だけなら50GB、プライベートでも使う動画をみるなら100GBなど、最適なものが選べるので無駄がありません。

3日制限がない

クラウドSIM型ポケットWiFiには、WiMAXのように3日10GB制限がないので、週末だけ沢山使うとしても速度制限を気にする必要がありません。

1ヵ月100GBプランなら、1週間で50GB使っても速度制限にかかることがないので安心して利用できます。

※1日制限プランは翌々日に使えないレベル速度制限があります。

3日制限がないので、ドラマやアニメをいっきに観ても安心です!

海外でも同じ機種で使える

クラウドSIM型ポケットWiFiは、海外SIMもクラウドサーバーに格納されているので、端末を持って行けばその国の回線を利用することができます。

ただ、海外利用時は国内用プラン月額とは別に1日単位で費用がかかります。

※海外利用できないクラウドSIMもあります。

海外利用時の料金は各社バラバラですが、1日1GB1,200円あたりが多いです。

ちょっとWiFi編集部が推奨するクラウドSIMの選び方

ポケットWiFiの選び方イメージ

ちょっとWiFi編集部が推奨する失敗しないクラウドSIMの選び方は、下記手順に沿って決める方法です。

  1. 使うデータ通信容量を決める
  2. 縛りあり&縛りなしを決める
  3. 契約&解約時に起きたら嫌なリスクのあるクラウドSIMは除外する
  4. 安心できるクラウドSIMの最安値を選ぶ

ここから、選択肢を絞りつつ選べるように詳しく説明します!

手順1:使うデータ容量はどのくらい?

利用するデータ容量次第で、何GB使えるクラウドSIMにしたほうが良いのかの選択肢が変わってきます。

例えば、月50GBしか使わないのに100GBや200GB使えるクラウドSIMを契約してしまうと、毎月1000~2000円も無駄に払うことになりかねません。

データ通信容量の選択肢
  • 20GB
  • 50GB
  • 100GB
  • 200GB

※1日◯GB制限は1ヶ月単位で安定した利用ができないこと。土日祝にまとまった使い方をしたいのに、使い物にならなくなる人がでてくるので除外しています。

さっそく、サービス別に使用するデータ通信量の目安をご覧ください。

スクロールできます
サービスデータ使用量20GB目安100GB目安
ネット閲覧
(Yahoo!トップページ)
0.4MB/1回約4.8万回約24万回
GoogleMAP0.6MB/1回約3万回約15万回
LINE(メッセージ)0.3MB/1通約6万通約60万通
LINE(通話)25MB/1時間約800時間約4,000時間
LINE(ビデオ通話)307MB/1時間約65時間約325時間
Instagram400MB/1時間約40時間約200時間
ZOOM600MB/1時間約33.2時間約166時間
Youtube
(自動選択=480p)
360p:約200MB/1時間
480p:約450MB/1時間
720p:約700MB/1時間
1080p:約1.3GB/1時間
約100時間
約44時間
約28時間
約15時間
約500時間
約220時間
約142時間
約76時間
NETFLIX
(スタンダード:高画質(HD))
約1.2GB/1時間
※動画により異なる
約16時間約83時間
Amazon Prime Video
(スタンダード:高画質(HD))
約600MB/1時間
※動画により異なる
約33時間約166時間
データ通信量の目安表

動画視聴時のデフォルト設定は「Youtubeは480p」「NETFLIXやAmazonPrimeVideoはWiFiの速度に応じて細かく内部で設定が分かれる」のであくまでも目安です。

利用データ通信量の目安は、PC・スマホ等の利用端末で少し異なりますが、大きく変わってくるのは動画視聴時の画質です。

あまり多くはないけど、どのぐらい使うのか分からない…という方は、とりあえず100GBあれば大丈夫ですよ。一応参考データも用意しました。

データ容量選びの簡単まとめ

クラウドSIMにおけるデータ容量の選択肢は主に4つです。

  • 20GB
  • 50GB
  • 100GB(最も選ぶ人が多い)
  • 200GB

PCのOSアップデートで10GB以上使うこともあるので少し余裕を持たせましょう!

手順2:縛りアリ・縛りなしを決める

クラウドSIMの契約期間は基本2年間で、一部縛りなしプランがあります。

クラウドSIM縛りアリ縛りなし
Mugen WiFi2年契約
AiR-WiFi2年契約
hi-ho Lets WiFi2年契約
それがだいじWiFi2年契約
Chat WiFi
ZEUS WiFi2年契約
MONSTER MOBILE1年契約
クラウドWiFi
THE WiFi2年契約
どこよりもWiFi
(2021年5月~ドコモSIMになった)
2年契約
クラウドSIMのプラン対応表

※代表的なクラウドSIMのみにとどめています。
※途中解約時の違約金は各社異なります。(平均1万円以下)

縛りなしと縛りアリのそれぞれの特性は以下の通りです。

メリット

  • 月額料金は割安に設定されている。
  • お試し期間があるクラウドSIMもある

デメリット

  • 更新月以外に解約すると違約金がかかる。
  • 端末返却が必要な場合は未返却だと弁済金が請求される。
  • 端末購入だと2年未満は端末残債が違約金に追加で請求される。

どちらを選ぶのかで悩む人もいるかもしれませんが、一般的に長期的なコストを意識して2年縛りのあるクラウドSIMを選ばれる方がほとんどです。

ちなみに縛りなしと縛りアリの総コストの損益分岐点は約10~11ヵ月なので、1年使う場合は縛りアリを選んでいるほうがオトクなケースが多いです。

1年以上使う前提なら、2年契約で違約金を払ってもオトクな場合が多いです。

もっと具体的に言えば、Mugen WiFiだと1年未満なら縛りなし、1年以上使うなら2年縛りがおすすめです。
ただAiR-WiFiだと16ヶ月目が分岐点になるので、選ぶクラウドSIM次第で少し差がありますよ。

契約期間の簡単まとめ

あなたは、クラウドSIMの縛りアリと縛りなしのどちらが向いているでしょうか。

平均的に10ヵ月~1年利用なら縛りアリ(基本2年契約)を選んだほうがお得です。逆に1年未満の利用なら縛りなしのほうがオトクです。

まずここでは、「縛りアリ」か「縛りなし」のどちらにするのかだけ決めましょう!

こゆこと!

手順2.5:クラウドSIMの候補を整理

ここで一旦、クラウドSIM各社の「データ容量」と「契約期間」のプラン情報をまとめて、実際の候補をまとめましょう!

20GBプランのあるクラウドSIM一覧

20GBプランのあるクラウドSIMと契約期間の縛りアリ・ナシの状況が分かる一覧表を用意しました。

クラウドSIM縛りあり縛りなし
ZEUS WiFi2年契約
MONSTER MOBILE2年契約
どこよりもWiFi2年契約

20GBプランのクラウドSIMは全3社で、3社とも縛りアリ・縛りなしのどちらもあります。

50GBプランのあるクラウドSIM一覧

50GBプランのあるクラウドSIMと契約期間の縛りアリ・ナシの状況が分かる一覧表を用意しました。

クラウドSIM縛りあり縛りなし
ZEUS WiFi(40GB)2年契約
MONSTER MOBILE1年契約
どこよりもWiFi2年契約
それがだいじWiFi2年契約
THE WiFi2年契約

50GBプランのクラウドSIMは全5社で、5社のうち縛りアリは5社・縛りなしは3社だけです。

100GBプランのあるクラウドSIM一覧

100GBプランのあるクラウドSIMと契約期間の縛りアリ・ナシの状況が分かる一覧表を用意しました。

クラウドSIM縛りあり縛りなし
Mugen WiFi2年契約
AiR-WiFi1年契約
それがだいじWiFi2年契約
hi-ho Lets WiFi2年契約
ZEUS WiFi2年契約
THE WiFi2年契約
クラウドWiFi
どこよりもWiFi2年契約

100GBプランのクラウドSIMは全8社で、5社のうち縛りアリは7社・縛りなしは4社だけです。

200GBプランのあるクラウドSIM一覧

200GBプランのあるクラウドSIMと契約期間の縛りアリ・ナシの状況が分かる一覧表を用意しました。

クラウドSIM縛りあり縛りなし
Chat WiFi
hi-ho Lets WiFi(1日7GB)2年契約
どこよりもWiFi2年契約

200GBプランのクラウドSIMは全3社で、3社のうち縛りアリは2社・縛りなしは2社だけです。

いったん、候補の整理はできましたか?どのクラウドSIMが候補なのかを知れば、より選びやすくなりますね!

ここから失敗しない選び方の重要なポイントです。

手順3:契約&解約時に可能性のあるリスクは除外する

クラウドSIMを選ぶ時には「契約時・直後に考えられるリスク」「解約時に考えられるリスク」を知ってから、候補を選ばないと失敗しやすいです。

考えられるリスクは次の通りです。

契約時・直後に考えられるリスク

  • エリア外で使えない
  • 思ったより通信速度が遅い
  • 初回請求額が高い

解約時に考えられるリスク

  • 途中解約時の違約金が高い
  • 途中解約時に想定外の費用が請求される
  • 解約時に端末返却を忘れて弁済金が請求される

どのクラウドSIMがどんなリスクを持っているのか?と細かく探っていくより、ひとまず絶対に取りたくないリスク一覧から候補を除外していくほうがシンプルにわかりやすいです。

どのリスクを負いたくないか?で選ぶべきクラウドSIMが変わってきます!リスク回避を念頭において次で料金比較をしていきましょう!

手順4:安心できるクラウドSIMの最安値を比較して選ぶ

ここまでお伝えしてきた3つの手順を踏まえて、安心して使えるクラウドSIMの最安値を選ぶだけで失敗しなくなりますね!

そして3つの「データ容量」「契約期間」「リスク回避」を前提として以下のような比較が望ましいです。

理想的なクラウドSIMの比較項目

データ容量別の比較を基準として以下項目が分かる比較が理想です。

  • 実質月額(契約中の実質的な負担額)
  • 総額(実際に支払う金額)
  • 初期費用(事務手数料等)
  • 初月費用(契約月の費用)
  • 端末代
  • 月額料金(プラン料金)
  • 契約期間
  • 解約金
  • キャンペーン
  • お試し期間

特にキャンペーンが多岐にわたるので、実質的な負担額(実質月額)を算出することで、最もお金の減らないクラウドSIMがわかります。

クラウドSIMの契約期間は2年間(更新月25ヶ月目)が一般的なので、25ヶ月目の解約を前提とした比較をすることが大切です。

24ヵ月分での比較は間違っている

あらゆる比較サイトをみてみると、2年契約だからと24ヵ月分で計算していますが、24ヵ月目で解約すると違約金がかかってくるので、25ヶ月分で計算しないといけません。

というわけで、早速比較してみました!

リアルなコスパが丸見え!クラウドSIMをデータ容量別に徹底比較

比較のイメージ

データ容量別にクラウドSIMを徹底的に比較しました。

リアルさを追求するために、縛りアリは契約月含む25ヶ月目(更新月)の解約を想定して比較しています。縛りなしは6ヶ月目の解約を想定して比較しました。

更新月は初月日割りのあるクラウドSIMだと1ヵ月他より長くなってしまいます。

100GBプランのクラウドSIMを徹底比較

100GBプランは最も利用者の多いプランで、間違えた比較がなされていることが多いものでもあります。

ここでシッカリとコストをみてみましょう!

スクロールできます
実質
月額
実質
総額
キャンペーン契約
期間
月額初月費用端末代初期費用
(事務手数料)
解約金
(違約金)
お試し期間
Mugen WiFi
MugenWiFi
3,310円82,750円13,500円
キャッシュバック
2年間
※更新月25ヶ月目
3,718円1ヶ月分無料3,300円1~12ヵ月未満:9,900円
13ヵ月以降:5,500円
25ヶ月目以降0円
30日
最安値
THE WiFi
THE WiFi
3,303円82,588円4ヶ月無料
※初月含む
2年間
※更新月25ヶ月目
3,828円無料無料3,300円24ヵ月未満:10,780円
25ヶ月目以降0円
30日
AiR-WiFi
AiR-WiFi
3,410円85,250円なし1年間
※更新月13ヶ月目
3,278円1ヶ月分無料3,300円1~12ヵ月未満:7,700円
13ヵ月以降:5,500円
※更新月:13・26ヶ月目
30日
それがだいじWiFi
それがだいじWiFi
3,850円96,250円なし2年間
※更新月25ヶ月目
3,718円1ヶ月分実質無料
(1100円×24分割)
3,300円24ヵ月未満:4,950円
+端末残債
なし
hi-ho Lets WiFi
hi-ho Let's Wi-Fiのメインビジュアル
(1日4GB)
~3,431円82,500円
+
別途初月分
事務手数料無料

14ヵ月550円割引
2年間
更新月26ヶ月目
3,278円
※25ヵ月目~3828円
日割り無料無料更新月以外:10,450円
※更新月:26・52ヶ月目
30日
ZEUS WiFi
ZeusWiFi(ゼウスWiFi)
~4,025円97,350円
+
別途初月分
4ヵ月550円割引
(初月含)
2年間
更新月26ヶ月目
3,278円
※4ヵ月目~3,828円
日割り無料3,300円24ヵ月未満:10,450円なし
どこよりもWiFi
どこよりもWiFi
(docomo SIM)
~3,668円88,300円

別途初月分
なし2年間
更新月26ヶ月目
3,400円日割り無料3,300円24ヵ月未満:10,450円7日
25ヶ月目解約時の比較表
※料金はすべて税込みで計算しております。
※初月日割りのクラウドSIMは契約月を0ヵ月とみなしているため、初月費用は別途加算されます。

100GBクラウドSIMで最も安いのはMugen-WiFiでした。

Mugen WiFiは実際に払う月額料金自体は安くありませんが、最大13,500円を計算にいれることで最も安く設定されています。

ただ、キャッシュバックが2段階(15ヶ月目(手続きは13ヶ月目)・24ヶ月目(手続きは23ヶ月目))に分かれている影響で、23ヶ月目の解約するとキャッシュバックは5000円しかもらえません。

そういった意味で、2番目に安いAiR-WiFiのほうが、安くキャッシュバックはありませんが単純に毎月の請求額が安いのでおすすめです。更に30日お試し期間があります。

また、初回請求に関してはTHE WiFiがキャンペーンで無料期間があるので、1回目は事務手数料3,300円のみ。2・3・4回目は無料となっているので、初回請求を抑えたい人には最適といえます。
※AiR-WiFiは初回月額+事務手数料の6578円かかるので、3,258円は安くできます。ただ総合的にはAiR-WiFiのほうが安くなります。
※THE WiFiの4ヶ月無料キャンペーンと30日お試し利用は併用不可となっています。

結局のところ安心感と安さという点において、30日お試し利用があり実質的に安い「AiR-WiFi」か「Mugen WiFi」の2社が高いコスパを持っているわけです。

本当に、AiR-WiFiは恐ろしく安いです!
ただAiR-WiFiは新古品のU2sとなっていますが、Mugen WiFiはU3(新品)で24ヵ月以降の解約時は端末の返却不要です!

瀬戸根

私は断然AiR-WiFiを推します。
新古品でもほとんど新品と変わらないですし、U2sのほうが性能良かったという声もたまに入ってくるので、安定感はあるのかな?と思ってます。

Mugen WiFiも品質は良いですが、キャッシュバックの受取り&手続き時期が遅いので、忘れちゃうと損してしまいそうなのが懸念点ですね。

山本

私ならMugen WiFiです!
新古品だと誰が触ったか分からないじゃないですか。。。

新品端末やったら気にする必要ないですし、更新月に解約したら端末返却いらないのっておっきいですよ!
Mugen WiFiしか勝たん!(笑)

意見が2つに割れちゃったのですが、どちらも100GBでは最高のクラウドSIMです。

両方の詳細をご覧いただき、メリット・デメリット、想定されるリスクなどを踏まえた上でお決めになられることをお勧めいたします。

20GBのクラウドSIMを徹底比較

20GBプランのあるクラウドSIMと契約期間の縛りアリ・ナシの状況が分かる一覧表を用意しました。

※日割り料金1ヶ月分で計算

スクロールできます
実質月額総額キャンペーン契約期間月額初月費用端末代初期費用
(事務手数料)
解約金
(違約金)
お試し期間
ZEUS WiFi2,463円56,656円6ヵ月1198円割引
(初月含)
24ヵ月
(更新月26ヶ月目)
2,178円
(6ヵ月目まで980円)
日割り3,300円24ヵ月未満:10,450円なし
MONSTER MOBILE2,376円54,670円なし12ヵ月
(更新月13ヶ月目)
2,090円1ヶ月分3,300円12ヵ月以内:10,780円
13ヵ月以降:3,300円
(更新月13・26ヶ月目)
なし
どこよりもWiFi
(docomo SIM)
2,497円57,450円なし24ヵ月
(更新月26ヶ月目)
1,900円日割り3,300円24ヵ月未満:10,450円7日
23ヶ月目解約時の比較表

20GBクラウドSIMの縛りアリの最安値は「MONSTER MOBILE」です。

MONSTER MOBILEは1年経過後の違約金が10,780円から3,300円となるため、13ヶ月目以降の解約が非常に安く、プラン上の月額料金も安いのが特徴です。

間違いなく20GBなら最安値で利用できるクラウドSIMではないでしょうか。

モンスターモバイルのMacaroonって機種、丸っこくてかわいいです♪クラウドSIMの端末はスペックどれも同じだから、可愛さで選ぶのもアリですね(笑)

50GBプランのクラウドSIMを徹底比較

月50GBのクラウドSIMは、契約初月含む23ヶ月目に解約した場合、最安値・コスパの良いクラウドSIMはどれなのかみてみましょう。

スクロールできます
実質月額総額キャンペーン契約期間月額初月費用端末代初期費用
(事務手数料)
解約金
(違約金)
お試し期間
ZEUS WiFi(40GB)3,215円73,946円6ヵ月1268円割引
(初月含)
24ヵ月
(更新月26ヶ月目)
2,948円
(6ヵ月目まで1680円)
日割り無料3,300円24ヵ月未満:10,450円なし
MONSTER MOBILE2,927円67,320円なし12ヵ月
(更新月13ヶ月目)
2,640円1ヶ月分無料3,300円12ヵ月以内:10,780円
13ヵ月以降:3,300円
(更新月13・26ヶ月目)
なし
どこよりもWiFi3,497円80,450円なし24ヵ月
(更新月26ヶ月目)
2,900円日割り無料3,300円24ヵ月未満:10,450円7日
それがだいじWiFi3,354円77,154円なし24ヵ月
(更新月25ヶ月目)
2,948円1ヶ月分実質無料
(1100円×24分割)
3,300円24ヵ月未満:4,950円
+端末残債
なし
THE WiFi(40GB)3,890円89,474円なし24ヵ月
(更新月26ヶ月目)
3,278円日割り無料3,300円24ヵ月未満:10,780円
25ヶ月目以降0円
なし
23ヶ月目解約時の比較表

契約月をいれて23ヵ月目に解約した場合、50GBの縛りアリで最も安いのはMONSTER MOBILEでした。

MONSTER MOBILEは、1年縛りかつ実際の請求される月額料金が最安値設定となっています。

また、1年縛りですが、1年目以降の解約金が安くなることもあり、2年使う前提で契約したとしても最もお得に利用できるクラウドSIMになっています。

また実際に利用した際の速度も悪くないので、充分に使い倒せる1台です。

モンスターモバイルとゼウスWiFiの通信速度比較
左:MONSTER MOBILE 右:ゼウスWiFi

今までクラウドSIMを10台以上使ってきましたが、速度はかなり安定している方だと思います。
実際、「みんなのネット回線速度」の掲載データ上でも優秀です。

ただ最速はどれか?と言われるとそれがだいじWiFiです。

200GBプランのクラウドSIMを徹底比較

200GBクラウドSIMは数が少なく、縛りなしと縛りありを一気に比較できそうでしたが、比較条件が違うので別々に比較しています。

スクロールできます
実質月額総額キャンペーン契約期間月額初月費用端末代初期費用
(事務手数料)
解約金
(違約金)
お試し期間
Chat WiFi4,953円113,920円クーポン利用で毎月割引
クーポン:chat-r200-blog2
なし4,780円
※クーポン適用時
1ヶ月分無料3,980円
※クーポン適用時
なしなし
hi-ho Lets WiFi
(1日7GB)
4,805円110,528円事務手数料無料

6ヵ月1452円割引(初月含む)
※6月30日まで
24ヵ月
(更新月26ヶ月目)
4,730円
※5ヶ月目まで3,278円
日割り無料3,300円
※キャンペーンで無料
12ヵ月目未満:19,800円
13ヶ月目以降:10,450円
※更新月:26・52ヶ月目
30日
どこよりもWiFi4,997円114,950円なし24ヵ月
(更新月26ヶ月目)
4,400円日割り無料3,300円24ヵ月未満:10,450円7日
23ヶ月目解約時の比較表

200GB使えるクラウドSIMで最も安いのは、hi-ho Lets WiFiです。

しかし、1日7GB制限のクラウドSIMは200GB使えない可能性があるので、見た目の料金は安くても1GBあたりの単価は安くない可能性があります。

なぜなら、1日7GB以上利用した翌々日は終日128Kbpsに制限され使い物にならなくなります。

具体的な制限例

例えば、平日の利用は平均3~5GBだけど、週末は動画を大量に見てどちらも10GB利用する可能性がある場合、決まって土・日の翌々日である月・火は終日通信速度128Kbpsに制限されます。

1ヶ月4週間として土日が8回ある想定だと、月8回は速度制限にかかるので下記計算式で実際に利用できる容量がわかります。

1ヶ月31日として、月8日だけ10GB利用+通信制限8日で0GB利用+月15日は5GB利用(8×10+8×0+15×5)=155GB

日常的な使い方で200GB使えない可能性は十分に考えられることをご理解いただけたのではないでしょうか。

このように、大容量タイプの1日制限は想像より使えるデータ容量が少なくなる可能性があり、利用する人次第で満足に利用できないことも考えられます。

ただ、1ヶ月間使えるデータ容量が決まっているプランは、週末だけたくさん使っても1ヶ月分使い切らないと速度制限にかからないです。

そういった意味で、1ヶ月制限のクラウドSIMのChat WiFiが最も大容量に適しているといえます。

大容量クラウドSIMは、利用者が大幅に増加すると、回線を仕入れている代理店の都合上、速度が遅くなることがよくあります。

そして遅くなると使いものにならないと解約する人も多いので、そもそも長期契約はあまりおすすめできません。

あまり大きな声でいえませんが、大容量プランの平均契約月数は6ヵ月程度なので、どちらにしても長期契約は望ましくないかもしれませんね。

あらゆる理由を考慮すると、2年縛りはそもそもおすすめできないので、縛りなしで比較的安いChat WiFiが最も最適なクラウドSIMといえます。

クラウドSIM型ポケットWiFiを選ぶ時の3つの注意点

様々なWEBサイトがあらゆる選び方を伝え、また比較をしているのでクラウドSIMの情報が手に入りやすくなりました。

しかし、クラウドSIMを選ぶ時に下記3つに当てはまる選び方をしてしまうと失敗しやすいです。

  • 料金比較の最安値がお得とは限らない
  • 見せかけのデータ容量で選ぶのは注意
  • 決める時に口コミを参考にしすぎない

それぞれ詳しく解説します。

注意1:料金比較の最安値がお得とは限らない

クラウドSIMの料金比較は、ほとんどのWEBサイトで基本100GBプランをベースに行い、また実質月額を算出します。更に料金比較だけでは見えづらい問題点があります。

実質月額というのは、「契約期間中の月額」+「初期費用」+「端末代」+キャッシュバック等を含めた総額を、契約月数で割ったものです。毎月に均すとこんぐらいの月額相当になるよ!といったものとなっています。

料金比較の問題点
  • あなたにとって100GBプランがベストとは限らない
  • 実質月額比較は初月費用分が加算されてないことが多い
  • そもそも24ヶ月で解約すると違約金が発生するけど、比較に違約金が含まれていない
  • そもそも更新月ピッタリに解約できる確証がない
よっくん

結局のところ、本当の料金わかる比較になっていません!
だから料金比較結果と違う料金が請求されて話が違うなんてことになるわけですね。

瀬戸根

本当にこの通りですね。
都合の良い料金比較ばかりなので、本当のコストがわからなくなっていますよね。

山本

これって、脱毛サロンの◯回まで何円キャンペーンみたいな感じで、結局最後までやるともっと高いやん!って状態になるのと似てますよね…。

初月請求月額を計算に入れられていない

初月費用には「日割り」と「1ヶ月分」の2種類あり、日割りは0ヶ月目として考え、1ヶ月分は1ヶ月目として計算するという暗黙の了解があります。

契約初月日割りは、1ヶ月目の月額料金の日割り分が請求されますが、契約月数1ヶ月目としてカウントされません。

契約初月1ヶ月分は、1ヶ月分の月額料金が月中のいつ契約してもかかりますが、契約月数1ヶ月目として計算されています。

これは縛りありプランの更新月が1ヵ月ずれることを表しています。そうなると比較をする際に日割りの会社は初月分も計算に入れなければなりません。しかし、ほとんどの比較に初月分は含まれていません。

具体例

例えば、Mugen WiFiやAiR-WiFiはいつ契約しても初月1ヶ月分かかりますが、初月も契約1ヶ月目としてカウントされるので更新月は25ヶ月後に来ます。

しかし、hi-ho Lets WiFiは初月日割りとなっていますが、初月は契約0ヶ月目としてカウントされており、1ヵ月目は契約月の翌月となるので、更新月が来るのは26ヶ月後になります。

この結果から月初に契約して更新月に解約する想定だと、「Mugen WiFiは月額料金×25ヶ月分で計算」することになりますが、「hi-ho Let’s Wi-Fiは月額料金×」26ヶ月で計算する必要があります。

違約金が掛からないという全く同じ条件にするなら、ココまで計算しないと本当の料金がわからないわけです。

瀬戸根

多くの比較では、全て24ヵ月利用で都合よく違約金がかからない計算をしています。
違約金を払わなくて良いのは25ヶ月目(初月1ヶ月分の場合)・26ヶ月目(初月日割りの場合)がほとんど。そして初月費用を含めた比較になっていません。
結果的に、違約金+初月分が計算に含まれていないので、クラウドSIM次第では比較と1万円以上の差がでることもあります。

山本

ほんまや!言われてみれば、24ヶ月で計算したら違約金払うことになるはずですよね!でも24ヶ月比較って違約金と初月分を計算に入れるのをみたことないです!
契約した後1万円違ったら詐欺やん!って叫んじゃうかも…

解約時に高額費用が掛かるリスクは比較に含まれない

解約時の違約金は比較表でも掲載されているので、なんとなくは分かります。

しかし、解約時の端末返却忘れや端末紛失時の弁済金が発生するクラウドSIMもあります。

この弁済金はどちらかといえばイレギュラーな要素なので基本的に比較に入れる必要が無い要素ですが、性格的に忘れやすい人だと弁済金も踏まえた上で検討したほうが良いです。

瀬戸根

弁済金は20,000円を超える会社もあります。
端末返却など忘れやすい人は想定に入れたほうが良いかもしれませんね。

山本

クラウドSIMって、2年契約プランでも端末レンタルがほとんどだから返却必須ですよね…。
Chat WiFiで知ってるけど、この仕事してなかったら返すの忘れるかもなーって思いました!

簡単まとめ
  • 料金比較は実際は正確ではない
  • 人によってリスクを想定されていない比較でしかない

注意2:見せかけのデータ容量で選ばないほうが良い

これは、見せかけのデータ容量で選ぶと想像より使えないかも1日◯GB制限のプランは要注意ということです。

1日◯GB制限のあるクラウドSIM
  • hi-ho Lets WiFi(1日4GB/7GB)
  • FUJI WiFi(1日5GB/10GB)
  • MONSTER MOBILE(1日2GB/3GB/5GB)
  • 限界突破WiFi(1日5~10GB)

例えば、1日7GB制限のクラウドSIMは、hi-ho Let’s Wi-Fiを例に説明すると、1ヵ月210GB相当(30日×7GB)と記載されていますが、速度制限を考慮するとまったく違ったデータ通信容量になります。

なぜなら、1日7GB以上使ったら、翌々日に厳しい速度制限(128Kbps)に掛かり、ほぼ使いものにならない日がでてくるからです。

ただ、7GB超過した日は、速度制限に掛からないので20GBでも使うことは可能です。

そうはいっても、日常生活においてある程度利用データ容量は確率されてきているかと思うので、1日5~7GBほど利用する想定の方であれば、1日でも7GB超過した時はものすごく使いにくくなるはずです。

クラウドSIMのモバイルWiFiは、「クラウドSIM技術を提供するuCloudlink」「データ容量を仕入れ・販売する代理店」「サービス提供会社」3つに分かれているので、速度制限はサービス提供会社だけで制御できない部分があります。

規定容量以上に使ってしまうと、サービス提供会社にデータ容量を販売する代理店が、想定外の速度制限を掛ける可能性もあります。

簡単まとめ
  • 1ヵ月制限プランのクラウドSIMのほうが利用データ容量の管理がしやすい
  • 1ヵ月制限は確実にそのデータ容量が使えるので安心

注意3:決める時に口コミを参考にしすぎない

基本的に通信回線に関する口コミが集まることはほとんどありません。

まずサービス提供側から口コミキャンペーンなどで口コミを集めるか、想定していたより不満があった場合に知り合い・友人との話のネタとなるか、TwitterやInstagramへ投稿するかばかりです。

わざわざ自分から口コミしよう!と思うのは、知り合いのサービスだったり、情報を広げてあげようと意識を持った人が多いのではないでしょうか。

わざわざ口コミする時って、文句言いたい時が多いかも…?
ちょっといいぐらいで口コミすることって少ないものです!実際、Chat WiFiの利用者は累計数万人いるのに、ほんとに口コミが集まらないものです…。

結局、今WEB上で確認できる口コミなんて作られたものか悪い時の愚痴が多いです。だからこそ、本来の利用者の声として参考になる口コミは非常に少ないものです。

実際、批判的な思いを持った人ほどレビューを積極的に書き込むことが実証されているようです。

最近の研究では、こうしたネット環境においては、極端でネガティブな意見が表出しやすいことがわかってきました。商品のレビューなどでも、批判的な思いを持った人ほどレビューを積極的に書き込むことが実証されています。

https://www.softbank.jp/sbnews/entry/20200818_01

一つだけ参考にできるポイントはありますよ!
それは口コミの数です。数が多ければ多いほど利用している人が多いということです。
悪い口コミも多いですが、実際にそれだけ利用者が多いというわけですね!

ちなみに、Instagramは肯定的な意見が多いので、これはこれで参考にしづらいわけです。

簡単まとめ
  • 口コミはあっても悪いものばかり
  • オープンな場で公平な口コミはそもそも集まりにくい
  • 口コミは内容ではなく数で判断できる

ちょっとWiFi編集部イチオシ!おすすめのクラウドSIMは6社

ここからは比較でおすすめできるとお伝えした6社に絞って詳しくご紹介します。

それぞれ詳しくご紹介します。

Mugen WiFi(無限WiFi)
-100GBでキャッシュバック最高額-

MugenWiFi
転載元:MugenWiFi公式サイト
スクロールできます
お試し期間30日間
※2年契約時のみ
データ容量月100GB
速度制限月100GB超過後
月末まで128Kbps制限
月額料金3,718円
※縛りなしは660円増
キャンペーン10,000円キャッシュバック
※14カ月目・23ヶ月目の2回で5000円づつ手続き
初期費用事務手数料:3,300円
端末U3
端末代無料(レンタル)
通信速度目安平均15Mbps
契約期間2年間
※縛りなし
解約金0〜12ヶ月:9,900円
13〜24ヶ月:5,500円
25ヶ月目:0円
26ヶ月〜:0円
弁済金■縛りアリプラン(2年未満での未返却時)
契約月残数×1760円の端末違約金が発生
■縛りなしプラン
・箱、説明書、ケーブル欠品:22,000円
※過度の汚損、破損も
・返却期限を過ぎた場合:9,900円
※解約月の翌月14日までの返却が必要
支払方法クレジットカードのみ
Mugen WiFiのプラン詳細
魅力的な点(メリット)
イマイチな点(デメリット)
  • 30日お試し返金保証がある
  • キャッシュバックが一番高額
  • 100GBプランの実質月額最安値級
  • 途中解約時の解約金が安め
  • 縛りなしプランがある
  • 低速保障オプションがある
  • 他社より1ヵ月早く更新月が来る
  • 更新月以降は端末返却不要
  • 初月日割りがない
  • キャッシュバックの受取りまで長い(2回ある)
  • 解約後の未返却時に弁済金・違約金が掛かる可能性がある

\ 100GBの縛りアリで人気! /

もう一度100GBの比較をみる

AiR-WiFi(エアーWiFi)
-100GBでも1年契約でシンプルに安い-

Air-WiFi
転載元:AiR-WiFi公式サイト
スクロールできます
お試し期間30日
※1年契約時のみ
データ容量月100GB
速度制限月100GB超過後
月末まで128Kbps制限
月額料金サクッとプラン3,278円(U2s)
まるっとプラン3,608円(G4)
らくらくプラン3,718円(U3)
(縛りなしは+330円)
キャンペーンなし
初期費用事務手数料:3,300円
端末U2s/G4/U3
端末代無料(レンタル)
通信速度目安平均15Mbps
契約期間1年間
※縛りなし
解約金■1年契約時のみ
1〜12ヶ月:7,700円
13ヶ月目:更新月(0円)
以降更新月以外:5,500円
弁済金端末未返却時:22,000円
返却物の欠品:最大22,000円
【欠品物による金額】
・3,300円(税込):SIMピン、USBケーブル×1本
・5,500円(税込):説明書
・11,000円(税込):箱
・22,000円(税込):付属品が全てないお客様
支払方法クレジットカードのみ
AiR-WiFiのプラン詳細
魅力的な点(メリット)
イマイチな点(デメリット)
  • 30日お試し返金保証がある
  • 単純に毎月安い(U2sは最安値)
  • 縛りなしでも最安値
  • 端末発送が安定して速い
  • 契約期間が1年と短い
  • 途中解約時の違約金が安い
  • 端末は新古品
  • 初月日割りがない
  • 未返却時に弁済金が掛かる可能性がある

\ 100GBの縛りあり&縛りなしが安い /

もう一度100GBの比較をみる

THE WiFi(ザ ワイファイ)
-100GBの1~2年利用で実質最安値-

THE WiFi
転載元:THE WiFi公式サイト
スクロールできます
お試し期間30日間
※100GBプラン時のみ
データ容量月100GB
速度制限月100GB超過後
月末まで128Kbps制限
月額料金3,828円
※4ヵ月無料
キャンペーン4ヵ月無料
事務手数料1,100円割引
初期費用事務手数料:2,200円
※割引適用後
端末NA01
端末代無料(レンタル)
通信速度目安平均15Mbps
契約期間2年間
※縛りなし
解約金0〜24ヶ月:10,780円
25ヶ月目:0円
26ヶ月〜:0円
弁済金13200円
※端末・備品等の未返却時
※汚損・破損がある場合
支払方法クレジットカードのみ
THE WiFiのプラン詳細
魅力的な点(メリット)
イマイチな点(デメリット)
  • 4ヵ月無料でめっちゃ安い
  • 30日お試し期間がある
  • 100GBプランの実質月額が最安値
  • 最新端末で起動&接続が早い
  • 4ヶ月目まで2,200円しか掛からない
  • 初月日割りがない
  • 解約後の未返却時に弁済金・違約金が掛かる可能性がある

\ 30日おためし&シッカリ安い! /

もう一度100GBの比較をみる

それがだいじWiFi
-50GBの2年利用でおすすめ-

それがだいじWiFi
引用元:それがだいじWiFi公式サイト
スクロールできます
お試し期間なし
データ容量月100GB
月50GB
速度制限月100GB超過後
月末まで128Kbps制限
月額料金100GB:3,718円
50GB:2,948円
キャンペーンなし
初期費用事務手数料:4,378円
※クーポン利用で3,980円
端末U3
端末代実質無料
(分割額と同額毎月割引)
通信速度目安平均15Mbps
契約期間2年間
解約金0〜24ヶ月:4,950円
更新月:0円
※別途端末残債要(残月数×1,100円)
弁済金特になし
※故障時は再購入26,400円)
支払方法クレジットカードのみ
それがだいじWiFiのプラン詳細
魅力的な点(メリット)
イマイチな点(デメリット)
  • 50GBプランがかなりお得
  • 端末在庫が常に豊富にある
  • 最新端末のU3が利用できる
  • メディアに取り上げられるぐらい知名度が高い
  • クラウドSIMの中で最速クラス(みんなのネット回線速度でのデータ上)
  • 解約後の端末返却不要
  • ビューン@のコンテンツ(漫画・雑誌等)が無料で使える
  • 端末が分割購入になる
  • 2年未満の解約は端末残債がかかる

\ 50GBの長期利用が安い&速度安定! /

もう一度50GBの比較をみる

ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)
-20GBの縛りなしでおすすめ-

ZeusWiFi(ゼウスWiFi)
転載元:ZEUS WiFi公式サイト
スクロールできます
お試し期間なし
データ容量月20GB
月40GB
月100GB
速度制限規定容量超過後
月末まで128Kbps
※追加購入で解除可能
月額料金■20GB
2年契約:2,178円
縛りなし:2,618円
■40GB
2年契約:2,948円
縛りなし:3,278円
■100GB
2年契約:3,828円
縛りなし:4,708円
キャンペーン神特価キャンペーン
(2年契約時、月額大幅割引)
※割引額はプランにより変わる
初期費用事務手数料:3,300円
端末H01
端末代無料(レンタル)
通信速度目安平均15Mbps
契約期間2年契約
※縛りなしも
解約金■2年契約時のみ
1〜24ヶ月:9,500円
以降:0円
弁済金
(機器損害金)
未返却・故障等:19,800円
※欠品の場合
※個装箱/付属のUSBケーブル/取扱説明書/端末の4点
支払方法クレジットカードのみ
ZEUSWiFiのプラン詳細
魅力的な点(メリット)
イマイチな点(デメリット)
  • 20GBプランが安い
  • 液晶付きオリジナル端末「H01」が使いやすい
  • 2年以降は違約金ゼロ
  • 途中でギガ追加できる(おかわりギガ)
  • 初月は日割り
  • 100GBプランは割高
  • オリジナル端末H01の起動時間が遅い
  • 初月日割りだが1ヵ月分契約期間が余分にある

\ 20GBの縛りアリが安い! /

もう一度20GBの比較をみる

MONSTER MOBILE(モンスターモバイル)
-20GB&50GBのどっちもおすすめ-

モンスターモバイル
転載元:モンスターモバイル公式サイト
スクロールできます
データ容量月20GB
月50GB
※1日2GB/1日3GB/1日5GBも
速度制限規定容量超過後
月末まで128Kbps制限
※1日制限は翌日0時に解除
月額料金■20GB
1年契約:2,090円
縛りなし:2,640円
■50GB
1年契約:2,640円
縛りなし:3,190円
■1日2GB:2,728円/3,278円
■1日3GB:3,278円/3,828円
■1日5GB:3,828円/4,378円
キャンペーンなし
初期費用事務手数料:3,300円
端末Macaroon M1
Macaroon SE
端末代無料(レンタル)
通信速度目安平均15Mbps
契約期間1年間
※縛りなしも
解約金1〜12ヶ月:10,780円
13ヶ月目:更新月(0円)
以降:3,300円
弁済金
(機器損害金)
未返却時:16,500円
紛失盗難時:16,500円
支払方法クレジットカードのみ
MONSTER MOBILEのプラン詳細
魅力的な点(メリット)
イマイチな点(デメリット)
  • 20GBの縛りなしが安い
  • 50GBは最安値
  • 縛りなしプランがある
  • 途中でギガ追加できる(ギガチャージ)
  • 何かあった際の弁済金は安め
  • 端末(Macaroon)の使い勝手が悪い
  • 1年未満での解約金は高め
  • 初月1ヵ月分かかる(日割りなし)
  • 1日制限プランは割と使いづらい

\ 20GB縛りなし&50GBが最安値 /

もう一度20GBの比較をみる
もう一度50GBの比較をみる

Chat WiFi
-200GBの2年利用&縛りなしでおすすめ-

Chat WiFi
スクロールできます
データ容量月200GB
速度制限月200GB超過後
月末まで128Kbps制限
月額料金4,928円
※クーポン利用で4,780円
キャンペーンクーポン利用で毎月割引
クーポン:chat-r200-blog2
初期費用事務手数料:4,378円
※クーポン利用で3,980円
端末U2s
端末代無料(レンタル)
通信速度目安平均15Mbps
契約期間なし
※縛りなし
解約金0円
※端末返送は実費
弁済金SIM紛失・故障水没時弁済金: 5,500円
ルーター端末紛失時弁済金:27,500円
※自然故障の場合は無償対応
Chat WiFiのプラン詳細
魅力的な点(メリット)
イマイチな点(デメリット)
  • 契約期間の縛りがない
  • 解約時の費用が安い
  • 通信速度は平均的
  • クーポン利用で200GB最安
  • クラウドSIMでエリアが広い
  • 端末代が無料
  • クーポン未利用だと初期費用が1078円高い
  • 初月日割りがない

\ 200GBがオトクで人気! /

クーポン「chat-r200-blog2」
※申込時は必ず、こちらのクーポンをご入力ください。

もう一度200GBの比較をみる

知っておきたい!クラウドSIMの機種(端末)情報

クラウドSIMの代表的な機種は5種類です。

スクロールできます
U3U2sH01MacaroonM1G4
画像U3U2sH01MacaroonM1G4
対象クラウドSIM・MugenWiFi
・Air-WiFi
・それがだいじWiFi
・AiR-WiFi
・hi-ho Lets WiFi
・THE WiFi
・Chat WiFi
・ZEUS WiFi・MONSTER MOBILE・AiR-WiFi
通信速度上り最大:150Mbps
下り最大:50Mbps
上り最大:150Mbps
下り最大:50Mbps
上り最大:150Mbps
下り最大:50Mbps
上り最大:150Mbps
下り最大:50Mbps
上り最大:150Mbps
下り最大:50Mbps
バッテリー
(連続使用時間)
約12時間約12時間約10時間約12時間約13時間
サイズ126×66×10mm127×65.7×14.2mm126x64x13mm85×85×20.6mm136×72.2×12mm
重量125g149g130g110g188g
同時接続台数10台
※推奨5台
5台10台
※推奨5台
不明5台
USB端子Type-CMicroUSBType-C端末内蔵Type-C
クラウドSIM端末のスペック比較表

これらクラウドSIMで利用されている機種スペックは正直ほとんど差がありません。

そのため見た目で選ぶのも良いかもしれません!ただ、どれを使っても通信速度の差を感じることはありません

機種スペック表で分かるポイント
  • 通信速度は同じ
  • バッテリー持ちも大きな差はない
  • 同時接続台数は5台と10台とあるがそもそも推奨は5台で同じ
  • USB端子の使い勝手で差がでるかも(最近はType-Cが主流)
  • MacaroonM1以外は縦長のデザイン

大きく違うポイントは2つ
・液晶のある・なし
・端末形状の違い

端末液晶がある場合とない場合で使い勝手に差が出る可能性はあります。

例えば、U3とU2sには液晶がついていないので現時点でのデータ通信量の確認を端末側でできません。
※確認方法は接続端末で検索エンジンブラウザで「192.168.43.1」と検索すれば確認できます。

機種を見ただけでパッと使っているデータ容量が分かるのと、現時点のデータ使用量を調べるのにひと手間かけないといけないのでは使い勝手に差が出る人もいるかもしれませんが、そんなに差が出ないという人も多いかもしれません。

山本

スマホなどでデータ容量の確認を簡単にする方法はありますよ!
データ使用量確認画面をブックマークかスマホトップ画面にアイコン保存するだけでOKです♪

瀬戸根

ものすごく個人的な意見ですけど、そもそも端末側で確認するときに、端末の操作速度が遅い方がイライラしちゃいます…。
例えばWiMAXはすごく早いけど、H01やMacaroonM1はすごく遅いから見るのが億劫になってます(笑)

端末側に液晶がついてるついていないの差がでるかどうか?でいえばもしかしたら出ない可能性もありますね。

あとデザインの違いはもう好みの問題なので、普通に使えればなんでもいい!という人であれば、端末スペックは気にせずに安くてお得で安心なクラウドSIMを選ぶ方が効率的です。

クラウドSIMのよくある質問

クラウドSIMの対応エリアは?

クラウドSIMは3キャリアのLTEが利用できるので、各スマホキャリアの対応エリアをご覧ください。

ただ端末スペック上内蔵アンテナ性能はスマホより低いので、若干の差がでることはあります。

クラウドSIMで5Gは提供されるの?

今のところ何とも言えません。もし5Gに対応してきたとしても、ある程度安価に利用できる端末が出てきてからだと思いますので、まだ先になる可能性が高いです。

もし今から5G対応のポケットWiFiを利用したい方は下記記事をご覧ください。
5G対応ポケットWiFi4種類を徹底比較

クラウドSIMの通信速度を上げる方法はある?

クラウドSIMの通信速度は周辺環境や端末、基地局の混雑状況などにより常に変動しているため、これをすれば速度が上がる!といった裏技みたいなものはありません。

ただ稀に、管理パラボラアンテナを作ることで電波強度が増し、速度が速くなることがあります。
参考:簡易パラボラアンテナの作り方

クラウドSIMとWiMAXは何が違うの?

簡単な違いは「対応エリア」と「通信速度」です。
クラウドSIMはキャリアLTE(プラチナバンドも利用)が常時利用できるので、非常に広範囲で利用できます。

ただスマホより回線を少し絞り気味になっているからか通信速度は平均15~20Mbps程度となっています。

WiMAXはWiMAX2+という障害物に弱いが通信速度の速い回線を利用しています。

その結果、室内の奥側や地下、田舎で圏外になる場所があります。しかし、対応エリア内で利用する際の通信速度は平均30~40Mbpsと非常に高速です。

クラウドSIMとWiMAXで悩んだときは速度を取るかエリアの広さを取るかで選択するのがおすすめです。

クラウドSIMの通信速度が遅い

端末を再起動してみてください。

接続回線が切り替わり、速度が改善される可能性があります。ただ、速度が改善されることを保証する方法ではございません。

まとめ

ここまで「クラウドSIMの失敗する選び方」「クラウドSIMの失敗しない選び方」「おすすめのクラウドSIM」などあらゆることをお伝えしてきました。

いかがでしたでしょうか?

一応最後にイチオシのおすすめクラウドSIMまとめておきます!

使うデータ容量別に紹介したので、ちょっと情報が多すぎちゃったかもしれません…。

でも失敗してほしくないので、ぜひおすすめを選んでください♪

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
この記事のもくじ
閉じる