限界突破WiFiの遅い・繋がらないの口コミや評判は本当?商品スペックから解約方法まで

限界突破WiFiが繋がらない・遅いの評判はほんと?プロが徹底解説してみた

限界突破WiFiの評判はどうなの?氷川きよしという芸能人を使ってプロモーションしているから、結構品質も良かったりするんじゃないだろうか?

このような疑問をお持ちの方もいるかと思いますが、結論からお伝えすると「現段階では他のポケット型Wi-Fiを選ぶ方が良い」です。

その理由は、通信速度の不安定さと利用できるデータ容量の不確定さにあります。

この記事では、まず実際の口コミからわかる評判を見ていただいた後、スペックから他社ポケット型WiFiとの違いまで徹底的に解説しました。

この記事の監修者
瀬戸根(セト・せっちゃん)

瀬戸根 弘宜
ネット回線アドバイザー,WiMAXマスター

神戸新聞社が認めるネット回線アドバイザーであり株式会社LIFEFiTの代表取締役。利用ユーザーのことを第一に考えた、本来あるべきインターネット回線の選び方を提唱。
監修者プロフィール(マイベストプロ)

この記事の目次

限界突破WiFiの口コミでわかる評判|遅い・繋がらないは本当か?

限界突破WiFiは、代理店もかなり販売に力を入れているので、ポジティブな情報が多くでてきます。

ただ2020年~2021年頃に急激に評判が悪くなった時期もあるため、実際のところ良いのか悪いのか分かりにくい状態であるもの事実。

そこで、できる限り多く利用者の口コミを集めてみました。

ネガティブな実際の口コミ

限界突破WiFiの「通信速度が遅い」「繋がらない」というネガティブな口コミが最も多いので、できる限り多めに集めてみました。

通信速度が遅いという口コミ

クラウドSIMは、SoftBank・au・docomoの回線を使用できるとは言いつつも、限界突破WiFiはKDDI回線をメインに仕入れているのか、速度のでやすいSoftBank回線につながることが少ないです。

その結果、回線速度が遅いという状態になっているのでしょう。

速度制限が違うという口コミ

一時期、コロナ等で利用者が急増したときに、1日2~3GB程度使うと速度制限にかかってしまうという現象が起きていました。

本来1日5GBまで速度制限なく、5~10GBまで4Mbps程度の速度で通信できるはずなので、回線キャパを超過していた時期は遅くなっていたようです。

ポジティブな実際の口コミ

ほとんどポジティブな口コミがなかった中、この口コミだけはポジティブな内容。

ただ、どのように役立ったのか、どの程度快適に使えたのか分からないので、なんとも言えない口コミでもありますね。

限界突破WiFiの商品スペック|料金・取扱端末の基礎情報

限界突破WiFi

限界突破WiFiは、格安スマホのX-mobile(エックスモバイル)を提供している、エックスモバイル株式会社から出ているクラウドSIM型モバイルWiFi(ポケット型WiFi)。

限界突破WiFiの料金・プラン内容

限界突破WiFiのプランは1日最大10GB使えるプランの一つだけです。

月額料金毎月3,850円(税込)
初月料金3,850円の日割り
データ通信制限1日最大10GB
0~4.9GB:速度制限なし
5~9.9GB:下り4Mbps/上り1Mbpsに制限
10GB~:128Kbpsに制限
※速度制限は毎日24時にリセット
事務手数料無料
海外利用107ヵ国で利用可能
端末代分割時:24回×825円
一括時:16,500円

データ容量制限は1日10GBと言っても、1日5GBを使うと4Mbpsに制限されます。

この4Mbps程度の速度でできることは、低画質動画(Youtubeなら480p程度)の再生とSNSの軽度の使用程度で、ネットサーフィン等はストレスになる遅さです。

そのため結局は1日5GB制限の月150GB程度だと考えるのが妥当です。

限界突破WiFiの取扱端末

限界突破WiFiの端末MR01
名称MAYA SYSTEM MR1
通信速度下り最大:150Mbps
上り最大:50Mbps
ディスプレイサイズ2.4インチ
サイズ126×68×12mm
対応バンド■LTE FDD
1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28/66
■LTE TDD
34/38/39/40/41
■WCDMA
1/2/4/5/8/19
■GSM
850/900/1800/1900
Wi-Fi規格IEEE802.11b/g/n
2.4GHzのみ
USB規格Type-C
利用マニュアルこちら

このMA1の特徴は、クラウドSIMでは最新型の機種で、他クラウドSIMに多いU2sやU3といった機種とスペックは同じですが、液晶がついているので使用データ量の確認がしやすい点です。

ちなみに、MA1という機種名称ではあるものの、THE WiFiのNA01と同タイプの機種となっており、GLOCAL NET NA01のOEMモデルのようなものです。

THE WiFi NA01
THE WiFiのNA01

ちなみにどのクラウドSIMの端末よりも使いやすいので、優秀な端末であるのは間違いありません。

ただ端末は良いけど、クラウドSIMサービスを提供する回線販売元のサービス安定度合い次第で、通信速度や使い勝手の良さは変わるので端末スペックだけで判断できないのでご注意ください。

限界突破WiFiの端末保証オプション

どのポケット型Wi-Fiにもある端末故障次等に無償交換が受けられたり、修理サービスが受けられる端末保証オプションの内容は以下の通りです。

月額料金550円
申し込み条件限界突破WiFi申し込み時に同時加入
補償対象破損、水没、故障など
※盗難、紛失、改造、経年劣化、色落ちは対象外
補償内容ルーター本体、バッテリー、付属ケーブル
補償未加入時の
端末弁済金
ルーター:19,800円

海外でも契約なしで利用できる(別料金)

 

初期契約解除制度により8日以内ならキャンセルできる(法人は対象外)

限界突破WiFiを申し込み後、8日以内なら初期契約解除制度があるのでキャンセルが可能です。

ただ、契約開始日(利用開始日)もしくは、契約書面を受け取った日のどちらか遅い方から8日以内に、エックスモバイルが定める手続きが必要です。

契約者は、契約後に送付される契約書面記載の利用開始日、または契約書面を受領し
た日のどちらか遅い方から起算して8日を経過するまでの間、当社が定める手続きに
従い、本サービスの利用契約を解除することができるものとします。ただし、法人・
その他の団体向けの契約は対象外です。

エックスモバイル利用規約20220701(限界突破Wi-Fi利用規約)

初期契約解除制度の詳細はこちら

支払い方法はクレジットカード払いのみ

クレジットカード

限界突破WiFiの支払方法はクレジットカード払いのみです。

口座振替には対応していないので、口座振替対応のポケット型Wi-Fiはこちらのページをご覧ください。

限界突破WiFiと他社ポケット型WiFiを比較|料金や速度は実際のところどう?

比較

限界突破WiFiとよく検討されているポケット型WiFiである、「クラウドSIM」と「WiMAX+5G」の5つを踏まえて、代表的なプロバイダの通信速度と料金を比較してみました。

スクロールできます
データ容量
(1ヶ月)
実質月額
(2年想定)
平均通信速度対応エリア違約金
限界突破WiFi

※クラウドSIM

月150GB相当
(1日最大10GB)

4,488円〜

下り:18.43Mbps
上り:11.9Mbps

日本全国
なし
※2022年7月1日以降〜
端末代19800円かかる
モンスターモバイル
モンスターモバイルのTOPイメージ
※クラウドSIM

100GB

3,212円

下り:16.28Mbps
上り:6.67Mbps

日本全国
1~24ヵ月未満:3,080円
26ヵ月以降:3,300円
※更新月:25ヶ月目
AiR-WiFi
AiR-WiFi
※クラウドSIM

100GB

3,410円

下り:26.9Mbps
上り:14.53Mbps

日本全国
1~12ヵ月未満:2,970円
14ヵ月以降:2,970円
※更新月:13/26ヶ月目
カシモWiMAX
カシモWiMAXの特別キャンペーンページ
※WiMAX+5G

無制限

4,081円

下り:65.67Mbps
上り:19.53Mbps

日本全国
(一部田舎で弱い場所も)
違約金0円

端末残債7260円
GMOとくとくBB
GMOとくとくBB WiMAX
※WiMAX+5G

無制限

3,590円
CB受取失敗時
4,510円

下り:53.69Mbps
上り:12.41Mbps

日本全国
(一部田舎で弱い場所も)
1~24ヶ月目1100円
25ヶ月目以降0円

端末代21780円
※通信速度は「みんなのネット回線速度」の2022年11月10日のデータを参照
※実質月額は25ヶ月目解約想定で、キャッシュバックも含めた実質総額を25ヶ月で割った金額です。

まずクラウドSIMはエリアの広さと料金の安さがウリではあるものの、限界突破WiFiは端末代の高さから総額ベースでは非常にコスパの悪い商材と言えます。

また通信速度もWiMAX+5Gの約4分の1程度かつ、平均20Mbps未満なので通信速度を必要とする使い方には向いていません。

そういった点を踏まえると、大容量通信を快適に使いたいならWiMAX+5Gの方が結局安くコスパの良いという結論になります。

また1日制限は総合的な使い勝手で見ても良くないので、月100GBで安く速度は比較的安定しているAiR-WiFiの方が、ソフトウェアアップデート等でのトラブルもありません。

ザクっと比較した結論をお伝えしましたが、次のメリットデメリットで詳しくご紹介します。

比較と評判でみえた限界突破WiFiのメリットとは?

メリット

限界突破WiFiはクラウドSIMの中でも若干変わった存在であり、デメリットも多いですが確かにメリットもあります。

1日最大10GBまでは使える(5GB以降は4Mbpsに速度制限)

毎日最大10GBまで使えるのは、限界突破WiFiならではのメリットであるのは間違いありません。

ただ1日5GB以上使うと4Mbpsになる速度制限がかかり、10GBを超えると128Kbpsと超低速の速度制限にかかります。

1~5GB制限なし:4GLTE速度
(平均18Mbps程度)
5~10GB下り:4Mbps
上り:1Mbps
10GB~下り:128Kbps
上り:128Kbps
速度制限のリセットタイミング毎日24時

通常のクラウドSIMのエリアが使えて、大容量通信がしたい方には最適です。

ただ、Chat WiFiの200GBプラン(実は1日10GBプラン)の方が安い上、端末代もレンタルなので掛からないことを考えると、圧倒的にChat WiFiの方がコスパが良いのも事実です。

端末(MR1)は購入のため返却不要

クラウドSIMの端末はレンタルがほとんどですが、限界突破WiFiは買取り型のため解約時に返却不要です。

購入なので費用負担はあるものの、解約時に返送する手間がない点はメリットと言えるでしょう。

端末(MR1)はクラウドSIMの中でもディスプレイありで使いやすい

限界突破WiFiの端末MR01
MR1

限界突破WiFiの機種は、クラウドSIMの最新端末でもあり、ディスプレイがついているので、毎日のデータ通信容量の確認がしやすい点はメリットです。

ただ端末としてのスペックは、他クラウドSIMのものと変わらないので、通信速度などの違いはありません。

比較と評判から明らかな限界突破WiFiのデメリット

デメリット

限界突破WiFiには致命的とも言えるデメリットが複数あります。

データ通信量1日○GB制限のあるポケット型WiFiはそもそも使いづらい

限界突破WiFiは珍しい1日最大10GB制限ですが、クラウドSIMの多くが1ヶ月100GB制限であり、WiMAXは1ヶ月無制限というプラン形態となっています。

そもそも1ヶ月制限が多い理由は、スマホやPC等のOSアップデートに対応しきれないことが多く使い勝手が悪いためなのです。

OSアップデートで10GB以上使うことがある例

MAC OSのアップデートで使ったデータ容量は12.18GB
Mac OSアップデートで12.18GB利用した例

もし、限界突破WiFiを利用していた場合、アップデートを完了できず、エラー終了が続出してPCがまともに使えない状態になるか、アップデートをできず古い状態で使い続けることになっていたでしょう。

これはMac book proのOSアップデート例ですが、Windows PCやスマホの各種OSアップデート、PS4やPS5等のゲーム機などでもギガを大量に使うことが割とあります。

1ヶ月100GB制限のクラウドSIMであれば、数日使う量を減らせば問題なくアップデート等も完了でき、WiMAXは一切問題なくアップデート完了できます。

限界突破WiFiはこの辺りの使い勝手が悪く、1日最大10GBだから1ヶ月最大300GB使えると考えない方が良いわけです。

違約金はないが端末代が高い

限界突破WiFiの端末代
限界突破WiFiの端末代

2022年7月1日以降の電通法改正により、違約金を最大月額料金まで下げないといけなくなったことから、端末代がかかるようになりました。

分割の場合825円×24回
(19,800円)
一括の場合16,500円

2万円近くの端末代はある意味違約金みたいなものでもあり、そもそも端末代を取っているクラウドSIMの方が少ないので、明らかに高いと感じるのは事実です。

2022年7月以前の申し込みだと違約金が高かった

電通法改正前の2022年7月以前に申し込みをされていた方は、2年未満の解約だと19800円の違約金が設定されていました。

期間違約金
1~24ヶ月19,800円
更新月:25ヶ月目
(以降1年毎に更新月)
0円
26ヶ月目〜5,500円

この違約金の設定額は、非常に高い部類に入るので、他の違約金が安いポケット型Wi-Fiを選ぶ方が間違い無いでしょう。

通信速度が遅い&通信障害頻度が高い

口コミで最も多く見られたのが「通信速度の遅さ」です。

クラウドSIMにしては珍しいKDDI回線を拾うことが多いようですが、遅いと感じている人も多く10Mbpsも出ないことも多いようです。

実際に利用者が計測できる「みんなのネット回線速度」に公開されている直近3ヶ月の速度データをみても、実際に遅い時間帯があることが見て取れます。

限界突破WiFiの平均通信速度
2022年11月11日のみんなのネット回線速度データより抜粋

利用者の多い昼間の下り平均速度は2.75MbpsとモバイルWiFiとしては致命的と言わざる追えない速度で、ついで夜も15Mbps以下と比較的遅い部類なのは間違いありません。

ちなみに1ヶ月無制限のWiMAX+5G(カシモWiMAX)の平均速度は、一番遅い時間帯でも25Mbps以上で、昼間は200Mbps以上出ているようです。

限界突破WiFiは、快適なネット回線にできると言い難いかもしれませんね。

過去におきた通信障害が多いのも事実

通信障害履歴

時期原因
2021年4月不明
2020年12月不明
2020年7月不明
2020年3月利用者急増による速度低下

2020年頃の通信障害に関しては、リモートワーク需要増加によるモバイル回線利用者急増によるものが多く、大抵のクラウドSIMで起きていたため、限界突破WiFiだけではありません。

ただ2021年でも繋がりにくい現象等がよく見られていたこともあり、若干障害が多めな印象は否めません。

申込時に本人確認書類が必要

限界突破WiFiの申し込み時には、免許証等の正式な本人確認書類が必要です。保険証だけでの契約はできません。

運転免許証イメージ

多くのクラウドSIMやWiMAXは、本人確認書類なしで申し込みができることを考えると、これもデメリットの一つであるのは間違いありません。

結論!限界突破WiFiはおすすめできるのか?

疑問と解決

結論からお伝えすると、おすすめはできないです。

おすすめできない理由は以下の通りです。

  • 限界突破WiFiの1日制限は使いにくい
  • データ通信量はWiMAXの方が多い上に、毎月安い
  • 1日5GB以下の利用なら、月100GBのAiR-WiFiの方が安い上に、通信速度が安定する

結局総合的なバランスで見た時に、なんとも言いづらいプラン設計であるという点は否めず、どれをとっても他に優秀なポケット型WiFiが存在している状態です。

だからこそ、限界突破WiFiより使い勝手が良く、安く利用できるポケット型WiFiを選んだ方がコスパが良いので、限界突破WiFiをおすすめできないというわけです。

限界突破WiFiよりおすすめのポケット型Wi-Fi4選

おすすめ
スクロールできます
おすすめ
ポイント
データ容量
(1ヶ月)
実質月額
(2年想定)
平均通信速度対応エリア違約金
AiR-WiFi
AiR-WiFi
※クラウドSIM
・いい感じで安い
・30日お試し

100GB

3,410円

下り:26.9Mbps
上り:14.53Mbps

日本全国
1~12ヵ月未満:2,970円
14ヵ月以降:2,970円
※更新月:13/26ヶ月目
Chat WiFi
chatwifi
・大容量
・エリアの広さ

200GB

4,781円

下り:20.37Mbps
上り:10.61Mbps

日本全国
1~12ヶ月目7700円
13ヶ月目以降0円
カシモWiMAX
カシモWiMAXの特別キャンペーンページ
※WiMAX+5G
・高速通信
・無制限
・シンプル安い

無制限

4,081円

下り:65.67Mbps
上り:19.53Mbps

日本全国
(一部田舎で弱い場所も)
違約金0円

端末残債7260円
GMOとくとくBB
GMOとくとくBB WiMAX
※WiMAX+5G
・高速通信
・無制限
・最安値
※キャッシュバック
受け取れたら

無制限

3,590円
CB受取失敗時
4,510円

下り:53.69Mbps
上り:12.41Mbps

日本全国
(一部田舎で弱い場所も)
1~24ヶ月目1100円
25ヶ月目以降0円

端末代21780円
※通信速度は「みんなのネット回線速度」の2022年11月10日のデータを参照
※実質月額は25ヶ月目解約想定で、キャッシュバックも含めた実質総額を25ヶ月で割った金額です。

1日5GB以下で安くするならAiR-WiFi

AiR-WiFi

1日5GB以下の利用で限界突破WiFiよりお得に使いたい方にピッタリなのが、月100GBのAiR-WiFiです。

AiR-WiFiも限界突破WiFiと同じクラウドSIMですが、回線提供元がまた違うこともあってか、クラウドSIMの中では通信は安定している方です。

AiR-WiFiのおすすめポイント

  • 毎月3278円と安く、端末代もかからない
  • 30日お試しが利用できる
  • 1年契約と縛りが短い
  • 違約金が安いので解約もしやすい
  • 端末を3種類から選べる
月額料金らくらくプラン:3377円
まるっとプラン:3608円
サクッとプラン:3278円
キャンペーン30日お試し
データ容量100GB
通信速度下り150Mbps
上り50Mbps
契約期間1年間
縛りなしは+330円
端末らくらくプラン:U3
まるっとプラン:G4
サクッとプラン:U2s
端末は全て無料(レンタル)
運営会社株式会社FREEDiVE

\ 1年以上使ってもしっかり安い!30日お試しで安心 /

瀬戸根

端末で迷ったらU2sがお勧めです。古い端末だけど、内部のスペックが高いので安定しやすいですよ、

1日5GB以上で使い勝手と安さならChat WiFi

chatwifi

クラウドSIMで大容量ギガ(月200GB)を使えて、限界突破WiFiよりお得に使いたい方にピッタリなのが、Chat WiFiです。

Chat WiFiも、限界突破WiFiと同じクラウドSIMではあるものの、取り扱い端末がU2sという信頼のある機種で通信速度も変わりません。

Chat WiFiのおすすめポイント

  • 月200GB使えるクラウドSIMで最安値
  • 1年縛りだが、1年以降は自動更新なしで安心
  • クラウドSIMだから田舎・地下でもしっかり入る
  • 縛りなしプランがある
月額料金200GBルータープラン
4,690円
キャンペーン事務手数料1100円割引
データ容量200GB
通信速度下り150Mbps
上り50Mbps
契約期間1年間
縛りなしは+238円(4928円)
端末U2s
端末は全て無料(レンタル)
運営会社株式会社LIBAROCUS

\ 月200GBのクラウドSIMでは最安値 /

瀬戸根

端末は選べませんが、U2sなので安心して利用できます。

無制限&高速通信でシンプルな安さならカシモWiMAX

カシモWiMAXの特別キャンペーンページ

5G回線と高速4G回線を使用した高速通信と、1ヶ月のデータ通信容量無制限で人気のあるWiMAX+5Gの人気プロバイダのカシモWiMAXです。

限界突破WiFiよりも大容量通信が可能なだけでなく、安定した高速通信ができるのが何よりもの魅力です。また月額料金も限界突破WiFiより安いので、長く快適に利用できるポケット型Wi-Fiです。

カシモWiMAXのおすすめポイント

  • 1ヶ月のデータ通信容量無制限
  • 手続き不要でAmazonギフト券10,000円が受け取れる
  • 解約時に端末をAmazonギフト券5000円分で買取してくれる
  • 契約期間の縛りがないので解約しやすい
  • コールセンタサポートが高品質かつ対応が早い
月額料金初月:1,408円
キャンペーンAmazonギフト券
10,000円
データ容量1ヶ月無制限
通信速度下り最大2.7Gbps
上り最大183Mbps
契約期間縛りなし
端末Galaxy 5G Mobile WiFi
Speed WiFi 5G X11
Speed WiFi HOME 5G L12
Speed WiFi HOME 5G L11
運営会社株式会社MEモバイル
※直近で使いすぎると速度制限にかかる場合もありますが、2日で30GB使っても速度制限にはかかりませんでした。

\ 一切の手間なくシンプルな安さが人気の理由/

瀬戸根

端末で迷ったら「Speed WiFi 5G X11」「Speed WiFi HOME 5G L12」がお勧めです。
最新のWiFi6規格に対応しており、非常に早い通信速度で利用できます。

無制限&高速通信で手間がかかっても最安値ならGMOとくとくBB

GMOとくとくBB WiMAX

5G回線と高速4G回線を使用した高速通信と、1ヶ月のデータ通信容量無制限で人気のあるWiMAX+5Gの最安値プロバイダのGMOとくとくBB WiMAXです。

GMOとくとくBBは、長いWiMAXの歴史の中で高額キャッシュバックを売りに、最安値を叩き出してきているプロバイダです。ただキャッシュバックの受け取り手続き方法が少し難しいという難点があのが。

そのため、誰でも最安値で利用できると言い切れないが、キャッシュバックさえ受け取れれば非常にお得なWiMAXプロバイダです。

GMOとくとくBB WiMAXのおすすめポイント

  • キャッシュバックが受け取れたら最安値
  • キャッシュバックが最高額
  • 毎月の請求料金が安い
月額料金らくらくプラン:3377円
まるっとプラン:3608円
サクッとプラン:3278円
データ容量1ヶ月無制限
通信速度下り最大2.7Gbps
上り最大183Mbps
契約期間2年契約
端末Galaxy 5G Mobile WiFi
Speed WiFi 5G X11
Speed WiFi HOME 5G L12
Speed WiFi HOME 5G L11
運営会社GMOインターネット
※直近で使いすぎると速度制限にかかる場合もありますが、2日で30GB使っても速度制限にはかかりませんでした。

\ キャッシュバックが受け取れたら最安値 /

瀬戸根

端末で迷ったら「Speed WiFi 5G X11」「Speed WiFi HOME 5G L12」がお勧めです。
最新のWiFi6規格に対応しており、非常に早い通信速度で利用できます。

限界突破WiFiの疑問解決!よくある質問まとめ

ここでは限界突破WiFiのよくある悩みや疑問解決ができるように、よくある質問としてまとめました。

端末「jetfon P6」はもう選べないの?

スマホのような端末で、一時期流行った時期もありましたが、すでに販売終了となっています。

ただ、そもそもスマホのモバイルルーター化は仕様的に無理があったので、スペック面はそうでなくても不安定になることが多い機種でした。

現在のMR1の方がモバイルルーターとしては優秀です。

限界突破WiFiは申し込んだらいつ届く?

最短即日発送はしていないようなので、申し込みしてから届くまで3日〜5日ほどかかるようです。

ただあくまでも参考日数なので、道路状況や端末在庫状況により前後すると見ておきましょう。

地下でもしっかり電波は入る?

クラウドSIMの特性として、キャリアLTEのプラチナバンド回線が利用できるので、地下や田舎でもしっかりと電波は入ります。

ただ、スマホと全く同じとはいかないので、一部電波が弱くなる場所もあるかも?と考えておくのを推奨します。

電波が不安な方は、クラウドSIMでも最も地下に弱いSoftBank回線を参考にしてみてください。
https://www.softbank.jp/mobile/network/area/map/?pref=13&device_type=501hw

店舗申し込みや店舗受け取りはできる?

限界突破WiFiは、エックスモバイル代理店で取扱しているので、店舗で契約すれば店舗受け取りが可能です。

ただ、店舗で契約する場合は、在庫があるかを問い合わせた上で、来店するのを推奨します。

端末が故障しているかも?どうすればいい?

まず新品のモバイルルーターは1年間ならメーカー保証がついているので、自然故障の場合は無償で交換してくれるので、カスタマーサポートにすぐ連絡しましょう。

また、1年以上経過している場合、端末補償オプションに加入していれば、補償対象に入っていれば無償交換してくれます。

ただ補償対象外の場合は19,800円がかかってしまいます。

X-mobileカスタマーセンター

電話番号:050-1745-7355
受付時間:10~19時(年中無休)

月300GBは使えない?

結論から言うと、なかなか難しいです。

限界突破WiFiは1日5GBまでが速度制限なく使え、1日5GB以上使うとyoutubeの低画質モード(480p)で見るのがやっとの速度になり、10GBを超えるとSNSやLINEが利用できないほど低速の128Kbpsになります。

そもそも使い方次第で5GBで遅さを感じてしまう人もあるため、そもそも大容量で使うために利用するようなプランではないとお考えいただくのが良いでしょう。

限界突破WiFiの解約方法

限界突破WiFiの解約方法は2種類です。

  • マイページから解約手続き
  • カスタマーデスクに電話して解約手続き

どちらの方法でも解約締日は毎月25日に定められているので、25日より前に手続きを行いましょう。

X-mobileカスタマーデスク

電話番号:050-1745-7355
受付時間:10~19時(年中無休)

限界突破WiFiのまとめ

現時点のスペックだと限界突破WiFiを使うのは推奨できないです。

スクロールできます
データ容量
(1ヶ月)
実質月額
(2年想定)
平均通信速度対応エリア違約金
限界突破WiFi

※クラウドSIM

月150GB相当
(1日最大10GB)

4,488円〜

下り:18.43Mbps
上り:11.9Mbps

日本全国
なし
※2022年7月1日以降〜
端末代19800円かかる
モンスターモバイル
モンスターモバイルのTOPイメージ
※クラウドSIM

100GB

3,212円

下り:16.28Mbps
上り:6.67Mbps

日本全国
1~24ヵ月未満:3,080円
26ヵ月以降:3,300円
※更新月:25ヶ月目
AiR-WiFi
AiR-WiFi
※クラウドSIM

100GB

3,410円

下り:26.9Mbps
上り:14.53Mbps

日本全国
1~12ヵ月未満:2,970円
14ヵ月以降:2,970円
※更新月:13/26ヶ月目
カシモWiMAX
カシモWiMAXの特別キャンペーンページ
※WiMAX+5G

無制限

4,081円

下り:65.67Mbps
上り:19.53Mbps

日本全国
(一部田舎で弱い場所も)
違約金0円

端末残債7260円
GMOとくとくBB
GMOとくとくBB WiMAX
※WiMAX+5G

無制限

3,590円
CB受取失敗時
4,510円

下り:53.69Mbps
上り:12.41Mbps

日本全国
(一部田舎で弱い場所も)
1~24ヶ月目1100円
25ヶ月目以降0円

端末代21780円
※通信速度は「みんなのネット回線速度」の2022年11月10日のデータを参照
※実質月額は25ヶ月目解約想定で、キャッシュバックも含めた実質総額を25ヶ月で割った金額です。

やはり、大容量通信を行えるとはいっても通信速度が足りず、安定性もWiMAXより劣っている状態です

そもそも1日5GBも使わないというのであれば、結局AiR-WiFiの方がお得なのは間違いないですし、大容量通信を快適に行いたいのであれば、WiMAX+5Gを使うのが適切です。

それでも限界突破WiFiが気になるという方は、ぜひお近くの代理店新城、デモ端末を触ってから決めるなどを推奨します。

限界突破WiFiが繋がらない・遅いの評判はほんと?プロが徹底解説してみた

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事の目次