auひかりの評判や料金どうなの?悪い口コミや良い口コミと他社比較で徹底評価

auひかりの評判や料金どうなの?悪い口コミや良い口コミと他社比較で徹底評価
  • auひかりを利用するか迷ってるけど、実際の評判ってどうなの?
  • auひかりは他の光回線より安いの?
  • auひかりを最も安く利用できる窓口は?

auひかりの契約を検討中で、上記のような悩みをお持ちでないでしょうか?

結論、auひかりの総合評価は以下のようになりました。

料金の安さ(4.2点)
通信速度の速さ(4.2点)
キャッシュバック金額(4.2点)
工事費(4.2点)
解約時の違約金(4.2点)
提供エリアの広さ(4.2点)
サポート体制(4.2点)
総合評価(4.2点)
口コミや比較を踏まえた総合評価

総合評価が4.2点で非常に高い評価を得ています

この記事では、auひかりの悪い口コミとその対応策や、良い口コミ、他社光回線との比較、最も安く利用できる窓口などを解説します。

この記事でわかること
  • auひかりの悪い口コミ・良い口コミ
  • auひかりと他社光回線の料金比較
  • auひかりを最も安く利用できる窓口
  • auひかりの申し込み手順
この記事の監修・執筆
細谷廉太郎

細谷廉太郎
インターネット回線マニア(主に光回線)

ネットゲーマーだった頃に低遅延を求めて光回線を調べ尽くした結果、回線スタッフより光回線にものすごく詳しくなったという経歴の持ち主。その類い稀なる知識量を生かして、良質な情報を届けたいと執筆・監修をおこなっている。

プロフィール・関連記事一覧はこちら

この記事の目次

auひかりの評判まとめ!悪い口コミと良い口コミからわかること

auひかりの評判をまとめると以下のようなことがわかりました。

良い口コミ
悪い口コミ
  • 通信速度が速い
  • auスマートバリューでauスマホの月額料金が安くなる
  • 高額のキャッシュバックが受け取れる
  • 他社からの乗り換えの場合違約金相当額を負担してもらえる
  • 月額料金が他の大手キャリア光回線より安い
  • 関西・中部・沖縄では利用できない
  • 通信障害が多い
  • auひかりテレビで地デジが見られない
  • auの格安スマホ「povo」はauスマートバリュー対象外
  • 悪質な代理店が多い

auひかりは「通信障害が多い」「悪質な代理店が多い」などの悪い口コミが寄せられている一方で、「通信速度が速い」「月額料金が安い」といった良い口コミも寄せられています。

auひかりをおすすめできるのはこんな人!口コミや比較で見えたこと

auひかりがおすすめな人
  • 通信速度が高速な光回線を探している人
  • 信頼できる大手キャリアを提供している会社の中で月額料金が安いものを探している人
  • 高額のキャッシュバックを受け取りたい人

auひかりの悪い口コミを徹底分析!評判が悪い原因となるデメリットが判明

auひかりの悪い口コミを見ていくと、大まかに以下5つに分けることができました。

悪い口コミの種類(デメリット)
  • 関西・中部・沖縄では利用できない
  • 通信障害が多い
  • auひかりテレビで地デジが見られない
  • auの格安スマホ「povo」はauスマートバリュー対象外
  • 悪質な代理店が多い

それぞれの悪い口コミを各種デメリットに分けて紹介しつつ、対応策も同時に紹介します。

デメリット1:関西・中部・沖縄では利用できない

auひかりは全国各地で利用できるわけではありません。

関西・中部・沖縄の3つのエリアはauひかりの提供エリア外となっています。

auひかりの提供エリア外

【関西】:大阪、京都、兵庫、和歌山、奈良、滋賀

【中部】静岡、愛知、岐阜、三重

【沖縄】沖縄

auひかりはフレッツ光回線ではなく、独自の回線を利用しています。

auひかりを運営しているKDDIは関西電力と業務提携を結んでおり、関西電力は「eo光」という光回線を提供しています。

関西電力の提供エリア圏内でauひかりも提供すると、業務提携を結んでいるにもかかわらず競合となっているため、上記の地域は提供エリア外としているのです。

対応策:auスマートバリュー対応の他社光回線を利用する

auスマートバリューはauひかりだけでなく、他の光回線でも適用できます。

提供エリア光回線
東海エリアコミュファ光
関西エリアeo光
九州エリアBBIO光
四国エリアピカラ光
中国エリアメガエッグ光
沖縄エリアauひかりちゅら
全国対応・ビッグローブ光
・ソネット光プラス
・TCOMヒカリ
・nifty光
・DTI光
・GMO光アクセス

また、乗り換えによって違約金や工事費残債を支払わなければいけない場合は、「違約金負担キャンペーン」を実施している光回線を選ぶと、負担なく乗り換えることができます

違約金負担キャンペーンを実施している光回線
  • コミュファ光
  • eo光
  • ソネット光プラス
  • GMO光アクセス

なお、自宅がauひかりの提供エリア外かどうか調べる際は「auひかりの提供エリア検索」をご利用ください。

デメリット2:通信障害が多い

https://twitter.com/Ozwarngway/status/1354688691252301825?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1354688691252301825%7Ctwgr%5E61523ca4ddcfd8430d8a665df91bb707b3c551ea%7Ctwcon%5Es1_c10&ref_url=https%3A%2F%2Ftsunaga-ru.net%2Fauhikari-reputation-21440

auひかりは通信障害が多く、ほぼ毎日一部の地域で発生しています。

通信障害が発生する原因は、auひかりまたはプロバイダの設備に不具合が起き、インターネットが不安定になったり、接続できなくなったりします。

なお、規模の大小はさまざまで、数時間程度で復旧する小規模の障害もあれば、数日以上続く大規模な障害もあります。

対応策:ルーター・デバイスを再起動する

auひかりでインターネットが繋がりにくい、または完全に繋がらなくなった場合、まずは自宅に設置しているルーターやデバイスを再起動してみましょう。

ルーターやデバイスは長く起動し続けると、インターネットが繋がりにくくなる時があります。

ルーターやデバイスを再起動しても変わらない場合は通信障害が発生している可能性があります。

なお、auひかりの通信障害は「auひかり 障害・メンテナンス情報」から確認できます。

通信障害が発生している場合は、復旧を待つしかありません。

デメリット3:auひかりテレビで地デジが見られない

auひかりには、光回線とセットで契約することで映画やアニメ、スポーツなどが見放題となる「auひかり テレビサービス」というものがあります。

プラン月額料金ジャンル
オールジャンルパック2,728円・ムービー
・アニメ
・スポーツ
・エンタメ
・ドラマ
・ライフ
対象の専門チャンネルが見放題
選べるジャンルパック1,628円・ムービー
・アニメ
・スポーツ
・エンタメ
・ドラマ
・ライフ
好きな1ジャンルをセレクト

auひかりテレビは専門チャンネルは視聴できるものの、地デジ・BS・CSを視聴することはできません。

対応策:アンテナを立てる or ケーブルテレビを契約する

auひかりを契約中の方が最も簡単に地デジを観る方法は、アンテナを立てることです。

アンテナを設置するのに5万円ほどかかりますが、一度設置するとその後月額料金を請求されることはありません。

地デジだけ視聴したい人はauひかりテレビに契約する必要はなく、地デジ用アンテナを設置するだけで問題ありません。

また、auひかりテレビとは別にケーブルテレビを契約することで地デジが視聴できるようになります。

ケーブルテレビを契約することで、地デジやBS、CS放送が視聴可能になります。

しかし、ケーブルテレビを契約すると倍以上の月額料金が発生してしまうことには注意が必要です。

デメリット4:auの格安スマホ「povo」はauスマートバリュー対象外

auと同じくKDDIが提供する格安スマホ「povo」はauスマートバリューの対象外であるため、月額料金が安くなることはありません。

さらに、auスマートバリューを適用すると通常月額550円かかる無線LANが無料になるのですが、povoは対象外であるため通常通り550円支払わなければいけません。

対応策:無線LANを解約する

povoを利用する場合、auスマートバリュー適用時に無料で利用できる無線LANは解約することをおすすめします。

月額550円と少額ですが、長期的にauひかりを利用する場合、買い切った方がお得になるからです。

そのため、無線LANを解約し、auひかりに適したスペックの無線LANを購入することをおすすめします。

なお、無線LANとは別にホームゲートウェイの代わりとなる中継機も準備する必要があります。

デメリット5:悪質な代理店が多い

auひかりの営業が悪質という口コミが多数寄せられています。

悪質な営業例
  • 電話番号を変えて何回も電話してくる
  • 不要なオプションを勝手に付けられる
  • 他社回線と見せかけて営業してくる
  • 応対時間を長引かせようとする

悪質な代理店はマニュアル通りの説明しかできず、こちらの話を一切聞いてくれないという声もありました。

対応策:電話・訪問営業では契約しない

auひかりはWebから申し込むようにしましょう。

電話・訪問営業で契約すると不要なオプションを勝手に付けられたり、その後もしつこく連絡が来る可能性があります。

それぞれの代理店をよく比較し、口コミ・評判も確認して、確実にお得になる窓口を選ぶことが大切です。

auひかりの良い口コミを徹底分析!良い評判から見えるメリット

auひかりの良い口コミを見ていくと、大まかに以下5つに分けることができました。

良い口コミの種類(メリット)
  • 通信速度が速い
  • auスマートバリューでauスマホの月額料金が安くなる
  • 高額のキャッシュバックが受け取れる
  • 他社からの乗り換えの場合違約金相当額を負担してもらえる
  • 月額料金が他の大手キャリア光回線より安い

それぞれの良い口コミをメリットに分けて、念の為、注意点も一緒に紹介します。

メリット1:通信速度が速い

https://twitter.com/naocobra/status/1323668752777404416?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1323668752777404416%7Ctwgr%5E61523ca4ddcfd8430d8a665df91bb707b3c551ea%7Ctwcon%5Es1_c10&ref_url=https%3A%2F%2Ftsunaga-ru.net%2Fauhikari-reputation-21440

auひかりの2022年8月現在の平均通信速度は以下の通りです。

auひかりの平均通信速度(2022年8月)

平均ダウンロード速度: 470.43Mbps

平均アップロード速度: 423.01Mbps

参考:みんなのネット回線速度

他の光回線の平均通信速度が200〜300Mbpsであることから、auひかりが速いことがわかります。

auひかりの通信速度が速い理由は、独自回線を利用しているからです。

ドコモ光やソフトバンク光などは「光コラボ」であり、NTTの回線を共同で利用しています。

光コラボの通信回線であるNTT回線の利用者数は約2,141万人であるのに対し、auひかりの独自回線であるKDDI回線の利用者は407万人です。

利用者が少ないことからネットが混雑しにくく、高速通信速度を実現しています。

注意点:マンションプランの通信速度が遅くなる場合がある

auひかりのマンションプランは8つのタイプがあり、それぞれ最大通信速度が異なります。

タイプ下り最大通信速度上り最大通信速度
タイプG664Mbps166Mbps
タイプV100Mbps100Mbps
都市機構G664Mbps166Mbps
都市機構DX100Mbps100Mbps
タイプE100Mbps100Mbps
タイプF100Mbps100Mbps
ギガ1Gbps1Gbps
ミニギガ1Gbps1Gbps

マンションプランのタイプは、マンションに導入されている設備によって決まるため、自分で選ぶことはできません。

そのため、最大通信速度が遅いタイプを契約しなければいけなくなる場合があるのです。

なお、自宅のマンションがどのタイプに該当するかは「auひかり マンション」ページから確認できるため、申し込む前に確認しておくことが大切です。

メリット2:auスマートバリューでauスマホの月額料金が安くなる

auスマートバリューを適用するとauスマホの月額料金が永年最大1,100円安くなります。

auスマホプラン割引額
使い放題MAX 5G/4G-1,100円/月
使い放題MAX 5G/4G テレビパック-1,100円/月
使い放題MAX 5G/4G Netflixパック(P)-1,100円/月
使い放題MAX 5G ALL STAR パック-1,100円/月
使い放題MAX 5G with Amazonプライム-1,100円/月
タブレットプラン20-1,100円/月
ピタットプラン 5G (1~7GB)-550円/月
ピタットプラン 4G LTE (1~7GB)-550円/月
ピタットプラン 5G(s) (2~20GB)-550円/月
ピタットプラン 4G LTE(s) (2~20GB)-550円/月

また、auスマートバリューは家族もauスマホを利用していれば、家族のスマホ料金も割引されます。

家族3人がauスマホを利用している場合、毎月最大3,300円も割引されるということです。

注意点:auひかり電話の契約も必須

auスマートバリューを適用するには「auひかり電話」の契約も必須となります。

なお、auひかり電話の月額料金は550円です。

しかし、「ネットのみプラン」と「ネット+電話プラン」の実質月額料金は変わりません。

「ネット+電話プラン」に申し込むと月額料金から初期費用相当額が割引されるからです。

プランネットのみプランネット+電話プラン
月額料金5,610円6,160円
(ネット代5,610円+電話代550円)
初期費用41,250円41,250円
初期費用相当額割引最大41,250円
実質月額
(3年利用した場合)
6,788円6,160円

むしろ「ネット+電話プラン」の方が安くなります。

このように、auスマートバリューを適用するにはauひかり電話の契約が必須ですが、実質月額料金は高くならないため、契約して問題ありません。

メリット3:高額のキャッシュバックが受け取れる

https://twitter.com/mmm_appleland/status/1385171308028174336?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1385171308028174336%7Ctwgr%5E61523ca4ddcfd8430d8a665df91bb707b3c551ea%7Ctwcon%5Es1_c10&ref_url=https%3A%2F%2Ftsunaga-ru.net%2Fauhikari-reputation-21440

例えばauひかりを「NEXT」という代理店から申し込むと、最大で76,000円という高額のキャッシュバックを受け取れます。

auひかりのキャッシュバック額が高い理由には、多くの代理店とプロバイダがあり、それぞれ契約してもらうために競争しているからです。

なお、月額料金は同じであるため、キャッシュバック額やキャンペーン内容が豊富なほど、お得に利用できるようになります。

注意点:窓口によってキャッシュバック額が異なる

上記ではauひかりの窓口の一つである「NEXT」のキャッシュバックを紹介しましたが、他にも多くの窓口があります。

それぞれキャッシュバック額が異なるため、しっかり比較をしたうえで契約しなければいけません。

なお、auひかりを最も安く利用できる窓口は「auひかりが最安値になる申し込み窓口」で紹介しています。

メリット4:他社からの乗り換えの場合違約金相当額を負担してもらえる

ホームタイプ、マンションタイプどちらとも、他社から乗り換えの場合、解約違約金相当額最大30,000円を還元してもらうことが可能です。

「契約期間中で違約金が発生するから乗り換えられない」、「工事費を全て払い終えていないから乗り換えられない」という人でも負担なく乗り換えることができます。

注意点:au PAY残高へチャージされる

違約金相当額は口座に現金で振り込まれるのではなく、au PAYの残高にチャージされます。

そのため、au PAYアプリをダウンロードしておく必要があります。

また、au PAY残高を現金化するには「じぶん銀行」の口座を開設しなければいけません。

じぶん銀行の口座がない場合、現金化することはできず、使い道が限られてしまうことには要注意です。

メリット5:月額料金が他の大手キャリア光回線より安い

auひかりはドコモ光やソフトバンク光といった大手キャリアが提供する光回線より月額料金が安いです。

光回線月額料金(ホームタイプ)ひかり電話合計月額料金
auひかり5,610円550円6,160円
ドコモ光5,720円550円6,270円
ソフトバンク光5,720円550円6,270円

また、auひかりの「ずっとギガ得プラン」は、2年以上利用するとさらに月額料金が安くなります。

利用年数月額料金
1年目5,610円
2年目5,500円
3年目5,390円

3年以上光回線を利用する予定がある人は、なおさらauひかりを利用するのがおすすめです。

注意点:ネット+電話を申し込まないと実質月額料金が高くなる

auひかりの開通工事費は41,250円で高額です。

しかし、ネット+電話プランを申し込むと工事費を含む初期費用相当額が割引されます。

一方で、ネットのみプランの場合、初期費用相当額割引は適用されず、工事費41,250円を支払わなければいけません。

プラン月額料金初期費用初期費用相当額割引実質月額料金(3年使用した場合)
ネットのみプラン5,610円41,250円6,788円
ネット+電話プラン6,160円
(ネット代5,610円+電話代550円)
41,250円最大41,250円
6,160円

このように、3年間使用した場合の実質月額料金がネットのみプランの方が高くなるのです。

そのため、固定電話を使用しない場合でも、ネット+電話プランを申し込むことをおすすめします。

auひかりは安いのか?他社光回線と徹底比較

auひかりの戸建用ホームタイプの料金比較

auスマホ利用者向けの戸建プランの比較です。

戸建で利用する光回線の場合、契約期間は比較的長くなるため、一般的な2~3年での比較は現実的ではないので、5年間利用する想定で比較しました。

スクロールできます
実質月額
(5年間)
月額料金
(プラン上)
キャッシュバック通信速度工事費スマホ割引
(対象と割引額)
違約金
(工事費残債)
auひかり4,906円1年目:6,160円
2年目:6,050円
3年目〜:5,940円
66,000円
※NNコミュニケーションズで申込時
470Mbps
41,250円
(初期費用相当額割引により実質0円)
au:最大1,100円4,730円
ソフトバンク光5,086円5,720円38,000円
※NNコミュニケーションズで申込時
314Mbps
26,400円
(工事費サポートキャンペーンにより実質0円)
SoftBank:最大1,100円
Y!mobile:1,188円
5,720円
ドコモ光5,170円5,720円
33,000円
※NNコミュニケーションズで申込時
277Mbps
19,800円
(ドコモ光新規工事料無料特典により実質0円)
ドコモ:最大1,100円5,500円
eo光5,014円
1年目:3,280円
2年目〜:5,448円
なし577Mbps
29,700円
(eo暮らしスタート割により実質0円)
au:最大1,100円
UQ mobile:638円
mineo:330円
5,110円
NURO光4,450円5,200円45,000円514Mbps
44,000円
(基本工事費実質無料特典により実質0円)
ソフトバンク:1,100円3,850円
DTI光3,643円5,280円19,000円270Mbps
19,800円
(工事費無料特典で実質0円)※ADSL回線からの乗り換え限定
au:最大1,320円0円
ビッグローブ光3,711円5,478円40,000円285Mbps19,800円
(特典により工事費実質0円)
au:1,100円
UQ mobile:858円
4,230円
5年間の料金比較
※通信速度は「みんなのネット回線」で公開のダウンロード側(下り速度)の平均を記載
※リアルな料金にするために、auひかりはひかり電話のセットかつ1台分のスマホ割引を踏まえて計算しています。

戸建てタイプの比較結果

auスマホユーザーは「DTI光」もしくは「ビッグローブ光」がおすすめです。

現在使用中のインターネット回線がADSL回線であれば工事費が実質無料になり、実質月額3,643円で利用できます。

一方で、現在使用しているインターネット回線がADSL回線以外であれば、工事費が無料にならないため、ビッグローブ光を利用するのがおすすめです。

auひかりマンションタイプの料金比較

auスマホ利用者向けのマンションプランの比較です。

マンションの場合、引越しする方も割と多いため、現実的に2年間での利用想定が安心なので、2年間の利用で比較しました。

スクロールできます
実質月額
(2年間)
月額料金
(プラン上)
キャッシュバック通信速度工事費スマホ割引
(対象と割引額)
違約金
(工事費残債)
auひかり880円4,730円66,000円
※NNコミュニケーションズで申込時
470Mbps33,000円
(初期費用相当額割引により実質0円)
au:最大1,100円2,290円
ソフトバンク光2,596円4,180円38,000円
※NNコミュニケーションズで申込時
314Mbps26,400円
(工事費サポートキャンペーンにより実質0円)
SoftBank:最大1,100円
Y!mobile:1,188円
4,180円
ドコモ光3,025円4,400円33,000円
※NNコミュニケーションズで申込時
277Mbps16,500円
(ドコモ光新規工事料無料特典により実質0円)
ドコモ:最大1,100円4,180円
eo光2,226円3,326円なし577Mbps29,700円
(eo暮らしスタート割により実質0円)
au:最大1,100円
UQ mobile:638円
mineo:330円
3,564円
NURO光2,148円3,190円25,000円514Mbps44,000円
(基本工事費実質無料特典により実質0円)
ソフトバンク:1,100円528円
DTI光1,848円3,960円19,000円270Mbps16,500円
(工事費無料特典で実質0円)※ADSL回線からの乗り換え限定
au:最大1,320円0円
ビッグローブ光1,611円4,378円40,000円285Mbps16,500円
(特典により工事費実質0円)
au:1,100円
UQ mobile:858円
3,360円
2年間の料金比較
※通信速度は「みんなのネット回線」で公開のダウンロード側(下り速度)の平均を記載
※リアルな料金にするために、auひかりはひかり電話のセットかつ1台分のスマホ割引を踏まえて計算しています。

マンションタイプの比較結果

auスマホユーザーは「auひかり」がおすすめです。

NNコミュニケーションズで申し込んだ場合、66,000円のキャッシュバックを受け取ることができ、さらにauスマートバリューを適用して、最安の実質月額料金で利用できます。

auひかりが最安値になる申し込み窓口はGMOとくとくBB

auひかりの申し込み窓口のキャッシュバックを表で比較しました。

スクロールできます
キャッシュバック
(戸建て)
キャッシュバック
(マンション)
受取時期条件
NNコミュニケーションズ66,000円66,000円1ヶ月後・利用開始から12ヶ月間継続利用すること
NEXT76,000円70,000円1ヶ月後・利用開始から8ヶ月間継続利用すること
・申し込み月を含む6ヶ月目の月末日までにauひかりを開通すること
フルコミット63,000円63,000円1ヶ月後・電話で口座番号を伝える
GMOとくとくBB77,000円77,000円11ヶ月目
23ヶ月目
・ずっとギガ得プランに加入すること
・auひかり電話に加入すること
・申し込みから6ヶ月目以内にauひかりを開通すること
BIGLOBE60,000円60,000円1ヶ月目
11ヶ月目
24ヶ月目
・対象期間内に申し込むこと
@TCOM40,000円40,000円7ヶ月後・申し込みから120日以内に開通し、サービスの利用開始すること
DTI38,000円38,000円14ヶ月後・利用開始から13ヶ月間継続利用すること
・申し込みから7ヶ月以内に開通し、サービスの利用開始すること
@nifty30,000円30,000円12ヶ月目
24ヶ月目
auひかりに新規お申し込みまたはコース変更し、開通すること
au one net10,000円10,000円4ヶ月後・受付月を含む3カ月以内にauひかり(ホーム/マンション)をご利用開始していること
・auひかりサービスお申し込み後3カ月目までにau PAYのご利用開始手続きが完了済み、もしくは既にご利用開始済みのau PAYに紐づく「auひかり」のau IDに統合済みであること

最も高額のキャッシュバックを受け取れるのは「GMOとくとくBB」です。

ネット+電話プランに加入することで最大77,000円のキャッシュバックを受け取れます。

しかし、キャッシュバックが振り込まれるのが11ヶ月目と24ヶ月目と遅いことがデメリットとして挙げられます。

すぐにキャッシュバックを受け取りたいという人は、最短翌月に振り込まれる「NEXT」がおすすめです。

GMOとくとくBBよりキャッシュバック額は1,000円少なくなるものの、すぐに受け取ることができます。

auひかりを申し込む前に!最後に確認しておくべき注意点

こんな人はauひかりを申し込むべきではない
  • 引越しを3年以内にする可能性がある
  • auスマホを他社に乗り換える可能性がある
  • 地デジ/BSを光回線で見たい方
  • 関西・中部・沖縄にお住まいの方

auひかりの損しない申し込み手順

auひかりの損しない申し込み手順は以下の3ステップです。

簡単手順表
  1. プランを決める
  2. 申し込み窓口・プロバイダを決める
  3. 申し込む

それぞれの手順について解説します。

提供エリア外に住んでいる場合は利用できないため、自分が住む地域が提供エリア内かどうかも確認するようにしましょう。

手順1:プランを決める

戸建・マンションどちらで利用するのか、どのくらいの最大通信速度を求めるかなどによって適したプランが異なります。

auひかりには以下のプランがあります。

タイププラン最大通信速度
ホーム10GB10Gbps
ホーム5GB5Gbps
ホーム1GB1Gbps
マンションタイプG664Mbps
マンションタイプV100Mbps
マンション都市機構G664Mbps
マンション都市機構DX100Mbps
マンションタイプE100Mbps
マンションタイプF100Mbps
マンションギガ1Gbps
マンションミニギガ1Gbps

なお、マンションタイプの場合、マンションに導入されている設備によってプランが自動で決まります。

ホームタイプは自分でプランを選ぶことが可能です。

手順2:代理店・プロバイダを決める

プランが決まったら、どこから申し込むかを決めます。

プロバイダが決まっている場合は、そのプロバイダの申し込みページから申し込みます。

一方で、プロバイダが決まっていない場合は、お得なキャンペーンを実施している代理店を先に決めることがおすすめです。

代理店によっては、指定のプロバイダを選択すると、代理店独自のキャンペーンに追加してさらにキャッシュバックを受け取れることがあります。

月額料金は変わらないため、キャンペーンやキャッシュバックの豊富さで選ぶようにしましょう。

手順3:申し込む

どこで申し込むかということも決まったら実際に申し込みます。

なお、代理店から申し込むのであれば、エリアの確認から申し込みの手続きまで電話でサポートしてもらえることがあります。

申し込み手順が複雑でわからないという人は代理店を利用するのがおすすめです。

auひかりのよくある質問

よくある質問一覧
  • プロバイダはどこがおすすめ?
  • 工事費が口コミと違うんだけど?
  • 提供エリアを詳しく調べる方法は?
  • 工事は立ち会い必要?
  • 集合住宅だけどマンションタイプが非対応!どうすればいい?
  • auスマホが割引になる他の光回線は?
  • 無派遣工事だったが設定ができない!設定だけ頼めない?
  • auひかりで使う無線LANルーターはレンタルか購入どっちがいい?

プロバイダはどこがおすすめ?

おすすめのプロバイダはGMOとくとくBBです。

戸建て・マンションどちらも「ネット+電話」プラン加入で最大77,000円のキャッシュバックを受け取れます。

また、ネットのみでも最大67,000円のキャッシュバックが受け取れます。

さらにGMOとくとくBBには以下の独自のキャンペーンを実施しています。

GMOとくとくBBの独自のキャンペーン
  • auひかり電話基本料550円が最大35ヶ月無料
  • 高性能Wi-Fiルータープレゼント

「ネット+電話」プランの場合、さらに月額料金を安く利用できます。

工事費が口コミと違うんだけど?

auひかりの工事費の分割回数や一月あたりの費用が2021年7月に変更されました。

時期工事費撤去工事費用
2021年7月以前60回払い
(687円/1回)
31,680円
2021年7月以降戸建:35回払い
(1,194円+1,178円×34回)

マンション:23回払い
(1,443円+1,434円×22回)
31,680円 or 0円
※撤去工事を実施するかを選択できる

以前は契約期間を過ぎても工事費の分割払いが残っており、工事費を払い終えるのに5年間かかりました。

一方で、現在は戸建が35回(約3年)、マンションが23回(約2年)と短くなっています。

さらに「ネット+電話」プランであれば工事費実質無料にすることができます。

提供エリアを詳しく調べる方法は?

auひかりの提供エリアを詳しく調べたいという人は「auひかり 提供エリア検索」ページをご利用ください。

auひかりを利用する予定の住所を入力するだけで提供エリア内かどうかを調べられます。

また、マンションタイプの場合は、どのプランに加入することになるのか、そのマンションで利用できるのかといったこともわかります。

工事は立ち会い必要?

auひかりの開通工事は立ち会いが必要です。

だたし、稀なケースで配線設備が既にあり、工事担当が訪問しない無派遣工事を実施する場合もあります。

しかし、無派遣工事の場合自分で設定する必要があり、料金が安くなるというわけでもありません。

なお、無派遣工事になるかどうかは申し込み後に判明することがほとんどです。

集合住宅だけどマンションタイプが非対応!どうすればいい?

集合住宅にお住まいでauひかりのマンションタイプが非対応な場合は、光コラボの光回線を契約する、またはホームタイプを利用するといった方法があります。

しかし、どの光回線も集合住宅タイプが安い傾向にあるため、auひかりのホームタイプより安く済む場合がほとんどです。

そのため、他の光コラボ回線のマンションタイプを利用するのがおすすめです。

auスマホが割引になる他の光回線は?

auスマホが割引になる光回線はこちらです。

auスマホが割引される光回線
  • auひかり
  • auひかりちゅら
  • コミュファ光
  • eo光
  • ピカラ光
  • メガエッグ光
  • BBIQ光
  • ひかりゆいまーる
  • ひかりJ
  • ビッグローブ光
  • エディオンネット光
  • so-net光
  • @TCOM光
  • @nifty光

auスマホを利用している人は上記の光回線を利用すると、auスマートバリューが適用されスマホ料金が月額最大1,100円割引されます。

無派遣工事だったが設定ができない!設定だけ頼めない?

無派遣工事だったがWi-Fiの設定ができないという方はauひかりの「かけつけ設定サポート」を利用するのがおすすめです。

有料ではありますが、専門のスタッフが自宅までかけつけてインターネットが利用できるようにサポートしてくれます。

なお、基本メニューは2種類あります。

スクロールできます
基本メニュー料金内容
基本設定
(有線)
7,480円パソコン1台またはその他KDDI指定機器1台を、
インターネットで利用できるようにする
基本設定
(宅内LAN機器パック)
10,450円パソコン1台またはその他KDDI指定機器1台を、
インターネットで利用できるようにするとともに、
宅内LAN機器の設定も併せて実施する

決して安いものではないため、どうしても必要な場合のみ利用しましょう。

auひかりで使う無線LANルーターはレンタルか購入どっちがいい?

auひかりで使う無線LANはレンタルするのがおすすめです。

そもそもauひかりでインターネットを利用するには「ホームゲートウェイ」が必要になり、無線LANだけではインターネットに接続できません。

auひかりでは無線LAN付きホームゲートウェイを月額550円レンタルできます。

また、auスマートバリューを適用することで、永年無料で利用できるようになります。

一方で、レンタルしない場合は10,000円〜30,000円の無線LANルーターと、ホームゲートウェイ代わりの中継機も購入する必要があります。

auスマートバリューを適用しているのであれば無線LANはレンタルするのがおすすめです。

まとめ

本記事ではauひかりの実際の良い口コミ・悪い口コミを紹介しました。

改めて、auひかりの実際の評判は以下の通りです。

良い口コミ
悪い口コミ
  • 通信速度が速い
  • auスマートバリューでauスマホの月額料金が安くなる
  • 高額のキャッシュバックが受け取れる
  • 他社からの乗り換えの場合違約金相当額を負担してもらえる
  • 月額料金が他の大手キャリア光回線より安い
  • 関西・中部・沖縄では利用できない
  • 通信障害が多い
  • auひかりテレビで地デジが見られない
  • auの格安スマホ「povo」はauスマートバリュー対象外
  • 悪質な代理店が多い

そして、以下のような人にauひかりがおすすめです。

auひかりがおすすめな人
  • 通信速度が高速な光回線を探している人
  • 信頼できる大手キャリアを提供している会社の中で月額料金が安いものを探している人
  • 高額のキャッシュバックを受け取りたい人

どの光回線に申し込むか迷い中で、上記が当てはまる人はauひかりに申し込みましょう!

auひかりの評判や料金どうなの?悪い口コミや良い口コミと他社比較で徹底評価

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事の目次