ドコモ光の最安値のプロバイダはどれ?比較でわかる安心・最安の契約窓口や注意点など

ドコモ光はどの窓口で申し込んでも月額料金が変わらない光回線ですが、申し込む窓口によって受けられるキャンペーンやキャッシュバックが異なるため、実質的に支払う料金も変動します。

しかし、ひとえにお得と言っても、アフターサポートが雑、通信品質が悪いなどといったこともあるため、高額キャッシュバック=おすすめとも限りません。

では、どの窓口でドコモ光を申し込むのがおすすめなのか、プロバイダのキャンペーンや口コミなど、注意点を踏まえてプロの視点で解説していきます。

この記事を読むことで、ドコモ光をどこで申し込めば安心でお得なのかが分かります。

この記事の監修・執筆
rui(るい)-ドコモマスター-

Rui(るい)
ドコモマスター(ドコモWiFi・ドコモ光)

ドコモに勤めて15年。 ドコモ社員によるドコモユーザー、ドコモショップスタッフのためになるようサイト「ドコモラボ」を運営している。 ドコモに関するあらゆる情報に精通している。
当サイトではドコモに関する内容の監修を担当。

プロフィール・関連記事一覧はこちら

この記事のもくじ

【早速結論】ドコモ光が最安値のプロバイダ&契約窓口(キャンペーン)

ぷららロゴマーク

ずばり、ドコモ光を一番安く安心して契約できる窓口は「Plala(代理店のWiz経由)です。

プロバイダ情報
プロバイダ名plala(ぷらら)
代理店株式会社Wiz
WiFiルーターレンタル無料
キャッシュバック20,000円(翌月末振込)

dポイント2,000pt
他キャンペーンセキュリティソフト24ヵ月無料
訪問サポート初回無料
開通前ポケットWiFiルーター無料レンタル

ドコモ光と言えば「GMOとくとくBB」が人気のプロバイダですが、プロバイダ公式のキャッシュバックはオプション加入が必須、かつ受け取りに時間がかかる他、セキュリティソフトの無料期間は12ヵ月分しかありません。

「GMOとくとくBB」は、高速WiFiルーターのレンタルもしていますが、キャッシュバック金額、振込時期、キャンペーン内容、アフターサービスを総合的に考慮して、株式会社Wiz経由での「plala」が一番おすすめと判断しました。

\ サポートしっかり!キャッシュバックしっかり! /

【注意】ドコモ光が最安値になるのはドコモスマホユーザーのみ

ドコモ光はドコモのスマホとセットにすることで、「ドコモ光セット割」が適用されるため、スマホの月額料金から最大1,100円の割引を受けることができます。

戸建て
家・戸建て・一戸建て
マンション
アパート・マンション
月額料金タイプA:5,720円
タイプB:5,940円
単独タイプ:5,500円
タイプA:4,400円
タイプB:4,620円
単独タイプ:4,180円
スマホセット割最大-1,100円最大-1,100円
単独タイプは別途プロバイダ契約が必要です

しかし、この「ドコモ光セット割」はドコモスマホにしか適用されず、ahamoを含む他社スマホの場合は通常の基本料金になります。

光回線の月額料金を少しでも抑えたいという方は、下表を参考にしてみてください。

光回線 戸建て マンション
ドコモ光ロゴ5,720円
※タイプA
4,400円
※タイプA
exciteMEC光ロゴ4,950円3,850円
GMO光アクセス4,818円3,773円
おてがる光ロゴ4,708円3,608円
enひかりロゴ4,620円3,520円

ご覧の通りドコモ光の月額料金は、かなり高い部類に入るかがよく分かると思います。

よってドコモ光は、ドコモスマホユーザー向けの光回線ということになります。

ドコモ光の料金内容(プラン内容)

光回線を申し込むに当たり、重要な点は以下の5点です。

ドコモ光を申し込もうか検討している方は、必ずポイントを押さえておく必要があります。

光回線選びのPoint
  • インターネット料金
  • 工事費
  • オプション料金
  • 解約違約金
  • ドコモ光セット割

まずこの5つのポイントが基本情報になります。

順に解説していきます。

インターネット利用料金

ドコモ光の基本料金は、選ぶプロバイダや住居環境によって月額料金が変わります。

戸建て
家・戸建て・一戸建て
マンション
アパート・マンション
【基本】
タイプA
(定期契約なし)
5,720円
(7,370円)
4,400円
(5,500円)
【基本】
タイプB
(定期契約なし)
5,940円
(7,590円)
4,620円
(5,720円)
タイプC
(定期契約なし)
5,720円
(7,370円)
4,400円
(5,500円)
単独タイプ
(定期契約なし)
5,500円
(7,150円)

プロバイダ料
4,180円
(5,280円)

プロバイダ料
ドコモ光 ミニ
(定期契約なし)
2,970円~6,270円
(4,620円~7,920円)

プロバイダ料金
※括弧内は定期契約なしの月額料金です

ドコモ光は24社のプロバイダから好みに合わせて選ぶことができます。またプロバイダによって月額料金、サポートやセキュリティが異なります。

タイプCとはケーブルテレビの設備を使ってインターネットを利用することができるサービスで、お住まいのエリアが提携CATVエリアであれば申し込むことができます。

▶提携CATVとエリアを確認する

ドコモ光ミニとは、インターネットをあまり使わない月は安く、たくさん使った月は定額で料金がストップする2段階定額プランです。このプランはプロバイダがセットになっていないため、別途プロバイダ料金が発生します。

単独タイプとドコモ光ミニには注意

一見、単独タイプとドコモ光ミニが安く見えますが、プロバイダ契約をしないとインターネットは利用できません。

仮にプロバイダをどうしてもYahooBBにしたい!という場合は、戸建ては1,320円/月、マンションは1,045円/月のプロバイダ料が別途必要なため、戸建て・単独タイプだと6,820円/月になり割高になります。※単独タイプの場合

オプション料金

ドコモ光では、インターネット料金の他に「ドコモ光電話」「ドコモ光テレビオプション」、アフターサービスとして「あんしんパックホーム」などのオプションがあり、固定電話や地デジを見る際に契約が必要になります。

ドコモ光電話

ドコモ光電話は固定電話サービスで、通常プランとバリュープランがあります。

ドコモ光電話 契約事務手数料
ドコモ光電話
(通常プラン)
550円2,200円
ドコモ光電話バリュー1,650円2,200円
※ドコモ光と同時に申し込む場合はドコモ光電話の契約事務手数料は発生しません

バリュープランは「6つのオプションサービス」と「1ヵ月くりこし可能な無料通話」がついています。

オプションサービスは以下の通りです。

ドコモ光電話バリューの詳細
サービス名 月額料金
バリュープラン
(対象)
発信者番号表示
(ナンバーディスプレイ)
440円
ナンバー・リクエスト220円
迷惑電話
ストップサービス
(迷惑電話おことわりサービス)
220円
転送でんわ
(ボイスワープ)
550円
通話中着信
(キャッチホン)
330円
着信お知らせメール110円
ダブルチャネル
(複数チャネル)
220円
追加番号
(追加番号)
110円
※括弧内はNTT西日本提供時のサービス名

ドコモ光電話を申し込む方のほとんどは「通常プラン」を選びますが、オプションを単品で契約しすぎると、かえってドコモ光電話バリューにする方が安い場合があります。

またオプションサービスには工事料1,100円が設定されていますが、ドコモ光電話と同時に申し込むことで費用が免除されます。

ドコモ光テレビオプション

光回線を使用して地デジを見る場合は「ドコモ光テレビオプション」 の契約が必要になります。

ドコモ光テレビオプションは戸建てに住んでいる方向けのサービスで、「屋根の上にアンテナを設置したくない」「アンテナだと災害時が不安」という方にはおすすめです。
※NTT東日本の場合、一部のマンション(光配線方式)にのみ対応

費用
ドコモ光テレビオプション825円/月
契約事務手数料2,200円
工事料28,160円
※ドコモ光と同時申込の場合はドコモ光テレビオプションの契約事務手数料はかかりません
※工事料はドコモ光と同時申込でテレビ2台~4台を想定しています

工事料が高額に思えますが、テレビアンテナを新規で工事する場合の相場は、地デジアンテナの場合でも3~4万円ほどで、BS/CSアンテナだと6万円ほどになるため、光テレビの工事料のほうが安価な場合が多いです。

ドコモ光テレビオプションの工事料は分割で支払うことができ、12回払いから最大60回払いまで選ぶことができます。

また地デジの他にCSや専門チャンネルを見たい場合は、「スカパー!」の契約を追加することで視聴可能になります。

視聴可能チャンネル 月額料金
ドコモ光
テレビオプション
地デジ・BS825円
セレクト55ch3,234円
セレクト1010ch4,114円
基本プラン50ch5,214円
光パックHD60ch以上5,392円
※スカパー!の料金は「ドコモ光テレビオプション」「スカパー!基本料」「パック料金」を含んだ金額です

ドコモ光テレビオプションと同時に「スカパー!」を契約すると、ドコモ光テレビオプションの工事料を実質無料にすることができます。
※テレビは3台までが対象となり、4台目以降は5,500円/台かかります

専門チャンネルが見たい方は、必ず同時契約するようにしましょう。

あんしんパックホーム

あんしんパックホームとは、「インターネットが繋がらない」「WiFiの繋ぎ方がわからない」など、困ったときにサポートをしてくれるアフターサービスです。

サービス名 月額料金
あんしんパックホーム
※下記3点パック
968円
※初回31日間無料
デジタル機器補償サービス550円
ネットトータルサポート550円
ネットワークセキュリティ385円

3サービス合計1,485円がパックにすることで517円割引され、968円/月になりお得です。

例えば「デジタル機器補償サービス」に加入しており、過失によりパソコンが壊れた際は税込で70,000円まで補償上限金額が設定されているため、安心して利用することができます。

初期費用(工事費・事務手数料)

ドコモ光を申し込むにあたり、工事費と契約事務手数料が発生します。

工事費事務手数料
戸建てキャンペーンで無料
(通常:19,800円)
3,300円
マンションキャンペーンで無料
(通常:16,500円)
3,300円
※ドコモ光を新規契約した場合の工事費を記載しています

2021年10月現在では工事費無料キャンペーンを行っているため、工事費はかかりません。

公式のキャンペーンは工事費無料+dポイント(1~2万ポイント)進呈のパターンが多いですが、工事費無料キャンペーンが終了しdポイント進呈のみになる場合があります。

ごくまれに工事費無料+dポイント(3万ポイント)進呈になる場合もあり、申し込むタイミングが重要です。

解約違約金

ドコモ光を2年契約している場合に限り、更新月以外の解約は違約金が発生します。

解約違約金
戸建て14,300円
マンション8,800円
※定期契約ありの場合

2年契約の考え方は、ドコモ光を申し込んだ月ではなくドコモ光が開通(工事が完了)した月を1ヵ月目と起算し24ヵ月~26ヵ月の3ヵ月間が違約金免除期間です。

更新月の確認はMy docomoで確認することができます。

ドコモ光セット割

ドコモ光セット割とは、ドコモのスマホとドコモ光をペアにすることで最大1,100円の割引を受けられるサービスです。

料金プラン 月額料金
(割引適用前)
割引額 月額料金
(ドコモ光セット割適用後)
5Gギガホ プレミア
(3GB~無制限)
7,315円-1,100円6,215円
5Gギガホ プレミア
(~3GB)
5,665円-1,100円4,565円
ギガホ プレミア
(3GB~60GB)
7,205円-1,100円6,105円
ギガホ プレミア
(~3GB)
5,555円-1,100円4,455円
5G/ギガライト
(~7GB)
6,765円-1,100円5,665円
5G/ギガライト
(~5GB)
5,665円-1,100円4,565円
5G/ギガライト
(~3GB)
4,565円-550円4,015円
5G/ギガライト
(~1GB)
3,465円3,465円
※「みんなドコモ割」「dカードお支払い割」は含めておりません

ドコモ光セット割はあくまでドコモの料金プランに加入している必要があり、他社スマホはもちろんahamoプランも対象外になります。

ドコモ光を契約できる窓口(プロバイダ)は24社ある

ドコモ光にするメリットの1つとして、選べるプロバイダが24社から選ぶことができます。

プロバイダによってサポート内容やセキュリティなどサービスが異なるため、適当に選ばないようにしてください。

プロバイダ名
タイプA
【主流】
plala
GMOとくとくBB
@nifty

ドコモnet
BIGLOBE
【サブ的スタンス】
andline
SPEEDIA
hi-ho
ic-net
Tigers-net.com
DTI
エディオンネット
SYNAPSE
BB.excite
楽天ブロードバンド
TiKiTiKi
@ネスク
COARA
タイプB【主流】
OCN
【サブ的スタンス】
@TCOM
TNC
@ちゃんぷるネット
WAKWAK
AsahiNet
※ドコモ光1ギガタイプの場合

これだけプロバイダがありますが、実際に選ばれているプロバイダは、タイプAの「plala」「GMOとくとくBB」「@nifty」の3社がほとんどで、タイプBの中では「OCN」くらいです。

その理由として、タイプAはまず月額料金が安く、更に高額キャッシュバックやアフターサポートの強さ、WiFiルーター無料レンタルがついているのでお得だからです。

ドコモ光の各社プロバイダのタイプ・月額料金一覧

ドコモ光のプロバイダはタイプ別、かつ住居タイプによって月額料金が変動します。

タイプA/Bの月額料金の違いは前述した通りで、プロバイダによって月額料金が変わることはありません。

しかし、プロバイダ独自で実施しているキャッシュバックにより実質的に支払う金額が異なります。

スクロールできます
プロバイダタイプキャンペーン
※1
実質月額料金
(戸建て)
実質月額料金
(マンション)
GMOとくとくBBロゴマークタイプA20,000円

2,000point
3,872円2,552円
ニフティロゴマークタイプA 20,000円

2,000point
3,872円 2,552円
ぷららロゴマーク タイプA 15,000円

2,000point
4,072円 2,752円
OCNロゴマーク タイプB 20,000円

2,000point
4,092円2,772円
※1 プロバイダ公式サイトのキャッシュバック金額です

計算方法はセット割(-1,100円)適用価格の25ヵ月間分の総額・事務手数料(3,300円)からキャッシュバック額を引いて25ヵ月で割った金額です。

この表から分かるように、「GMOとくとくBB」と「@nifty」が一番安くドコモ光を引くことができます。

しかしプロバイダ公式サイト経由での契約だと、キャッシュバック条件が厳しく、かえって高くつく場合があります。

プロバイダ公式サイトのキャンペーン適用条件

公式サイト経由でのキャンペーンは、プロバイダごとに条件も金額も異なります。

ここでは豆知識として公式サイト経由でのキャンペーンを記載しておきます。
※代理店特典は含めておらず公式サイトのみのキャンペーンを記載しています

加入必須条件 特典金額
ひかりTV for docomo(2年割)

DAZN for docomo
20,000円

dポイント2,000pt
ひかりTV for docomo(2年割) 18,000円

dポイント2,000pt
DAZN for docomo
or
スカパー!
15,000円

dポイント2,000pt
dTV
or
dアニメストア
10,000円

dポイント2,000pt
なし5,500円

dポイント2,000pt
※ドコモ光2年定期契約が必須です
各サービスの月額料金

ひかりTV for docomo(2年割)…2,750円

DAZN for docomo…1,925円

スカパー!…1,980円~4,138円

dTV…550円

dアニメストア…440円

最安値のドコモ光を選ぶときの鉄則5つ

まず最安値で、ドコモ光を選ぶ鉄則を5つ解説します。

■ドコモ光を選ぶときの鉄則
  1. タイプAのプロバイダを選ぶ
  2. IPv6対応のプロバイダを選ぶ
  3. キャンペーンを確実に受けられるプロバイダを選ぶ
  4. 無線LANルーターの代金も含めて算出する
  5. ドコモ光をさらにお得にできる2サービス

鉄則1:タイプAのプロバイダを選ぶ

ドコモ光のプロバイダは、最安値であるタイプAを選びましょう

タイプA/Bの月額料金の違いは220円と大差はありませんが、タイプBとタイプAに品質差はありません。それなら安いタイプAを選ぶ方がお得です。

鉄則2:IPv6に標準対応プロバイダを選ぶ

今やほとんどのプロバイダがIPv6に対応していますが、極稀にIPv6に対応していないプロバイダや、有料オプションでしか利用でいきないプロバイダがあります。

IPv6を選ぶことで、混雑しやすい夜などの時間帯における通信速度が安定しやすくなるメリットがあります。

IPv6はなぜ安定するの?

今まで、IPv4での通信が主流でしたが、近年のスマホやIoT通信デバイスの普及で各端末に割り振られるIPアドレスの枯渇してきました。

ネットに繋ぐためにはIPアドレスが必要ですが、利用者の増える時間帯になると、割当に時間がかかるようになり、ネット回線が混雑しやすい状態(低速化・不安定)になりつつありました。

そこで作られたのがIPv6で、割り振られるIPアドレスの数は340潤(340兆の1兆倍×1兆倍)で実質無制限ということになります。

またIPv4の接続方式のPPPoEは混雑しやすいのに対して、IPv6のIPoEでの接続方式を利用することで、利用者に余裕があり速度が安定するという仕組みです。

Rui

IPv4は信号のある一般道路、IPv6は信号のない高速道路によく喩えられていますね!

鉄則3:キャンペーンを確実に受けられるプロバイダを選ぶ

キャンペーンは「ドコモ公式」と「代理店独自」の2種類があります。

例えばドコモショップでドコモ光を申し込む場合、ドコモ公式キャンペーンを受けられる他、代理店(ドコモショップ)独自のキャッシュバックを受けられる場合もありますが、ショップごとに違うので受けられないこともあります。。

またプロバイダのWebサイトから申し込む際、高額キャッシュバックを謳う悪徳業者もあり、「オプション加入が必須」や「クレジットカードの申込み必須」など条件が厳しく、結果的に受け取れないということもよく聞きます。

前述したプロバイダの公式サイトから申し込むより、代理店経由で申し込むことで余計なオプション加入条件はなく、高額キャッシュバックを受けられます。

プロバイダキャッシュバック条件受取時期
ぷららロゴマーク
(株式会社Wiz経由)
20,000円

dポイント2,000pt
なし翌月末
GMOとくとくBBロゴマーク
(公式経由)
20,000円

dポイント2,000pt
なし6ヵ月後
OCNロゴマーク
(NTTコミュニケーションズ経由)
20,000円

dポイント2,000pt
なし3ヵ月程度
ビッグローブロゴマーク
(株式会社ネットナビ経由)
20,000円

dポイント2,000pt
なし翌月末
ニフティロゴマーク
(ニフティ株式会社経由)
18,000円

dポイント2,000pt
なし 12ヵ月後

キャッシュバック金額は同じで条件はなくても、受取時期が数ヵ月ずれ込む代理店もあります。

「受取時期をそこまで気にしない」という方なら問題ありませんが、キャッシュバックを受け取るには受取条件をクリアする必要があるため忘れないようにしましょう。

鉄則4:無線LANルーター(WiFiルーター)の代金も含めて算出する

プロバイダではキャンペーンにより、無料でWiFiルーターをレンタルできます。

WiFiルーターには性能がありますが、無料レンタル対象のWiFiは5000~8000円程度で購入できるレベルのものが大半のため、どれを選んでも速度・安定性・繋がりやすさに差はありません。

プロバイダメーカーWiFiルーター市場価格
plala NECNEC-Ateam
PA-WG1200HS3
6,000円前後
GMOとくとくBB NECNEC-Ateam2600HS
WG2600HS
8,000円前後
GMOとくとくBB BUFFALOWSR-2533DHP2
WSR-2533DHP2
10,000円前後
GMOとくとくBB ELECOMWRC-2533GST2
WRC-2533GST2
6,000円前後
BIGLOBENEC NEC-Ateam
PA-WG1200HS3
6,000円前後
@niftyELECOMエレコム製ルーター
WRC-1167GS2H-B
7,000円前後
@nifty I-O DATAIOデータ製ルーター
WN-DX1200GR
4,000円前後

無料レンタルできるプロバイダの中でも、定価が高いWiFiルーターを借りられるのは「GMOとくとくBB」ですが、1万円以下のWiFiルーターに性能差はほとんどありません。

また、1Kや1LDKくらいの間取りであれば、基本どのWiFiルーターでも差を感じないので、元の販売価格はほとんど気にする必要がありません。

瀬戸根

1万円以下のWiFiルーターの性能差はほとんどないです。性能差を感じるのは2~3万円を超えてきたものからぐらいです。

鉄則5:ドコモ光をさらにお得にできる2サービスの有無

プロバイダによってはキャッシュバックとは別に特典を用意している場合があり、それが以下の2点です。

  • セキュリティソフトの無料期間
  • 開通までのポケットWiFiレンタルの有無

セキュリティソフトの無料期間

ウイルス対策や迷惑メール対策などのセキュリティソフトは、自分自身で用意することもできますが、プロバイダ特典として無料期間が設定されています。

スクロールできます
プロバイダセキュリティソフト月額料金無料期間
ぷららロゴマークマカフィー550円24ヵ月間
GMOとくとくBBロゴマーク マカフィー 550円12ヵ月間
OCNロゴマークホームネットセキュリティ220円12ヵ月間
ビッグローブロゴマークBIGLOBEネットあんしんパック550円12ヵ月間
ニフティロゴマーク常時安全セキュリティ24
@niftyパスワードマネージャー
@nifty詐欺ウォール
550円
440円
550円
12ヵ月間
6ヵ月間
初月のみ

昨今、フィッシング詐欺や悪質なWEBサイトによる被害が多発しており、昔に比べて非常に巧妙になってきているので、セキュリティーは非常に重要です。

2~3年利用できるセキュリティーパッケージで4,000円~6,000円ほどするので、できれば無料期間が2年間のものを選ぶのが望ましいです。

ドコモ光開通までのポケットWi-Fiレンタルの有無

ドコモ光が開通するまでのあいだ、ポケットWiFiを借りられるプロバイダもあります。

プロバイダポケットWiFi無料レンタル通信容量
ぷららロゴマーク
(株式会社Wiz経由)
50GB/月
GMOとくとくBBロゴマーク
(株式会社Wiz経由)
非公開
OCNロゴマーク
(NTTコミュニケーションズ経由)
×
ビッグローブロゴマーク
(株式会社ネットナビ経由)
50GB/月
ニフティロゴマーク
(ニフティ株式会社経由)
×

ドコモ光を契約してから、すぐにインターネットが使えるようになるわけではありません。

工事日程の予約は、契約してから大体1~1ヵ月半ほどかかるため、「引っ越し後にドコモ光を引きたい」と思い立っても、しばらく待つ必要があります。

WiFiが無い状態にならないので、ポケットWiFiの無料レンタルはものすごく助かりますね。

公式ではポケットWiFiのレンタルサービスは行っていないため、代理店経由でのメリットと言えます。

Rui

ドコモ光の契約窓口を、代理店にされる方が多い理由もこれですね!

ドコモ光のプロバイダ4社を徹底比較|6つのポイントで評価

比較

ドコモ光のプロバイダ全24社から、最もおすすめのプロバイダを4社に絞り、以下5つのポイントを徹底的に比較してみました。

比較ポイント
  • 実質月額料金
  • キャッシュバック金額
  • ルーター無料レンタル
  • セキュリティ無料期間
  • 訪問サポート
  • コールセンターの繋がりやすさ
スクロールできます
プロバイダ実質月額料金キャッシュバック
(条件なし)
ルーター
無料レンタル
セキュリティ訪問サポートコールセンター
(繋がりやすさ)
ぷららロゴマーク
Wiz経由

戸建て:3,872円
マンション:2,552円

20,000円

dポイント2,000pt

開通前ポケット
WiFiレンタル可

24ヵ月無料

初回無料

早い
GMOとくとくBBロゴマーク
公式経由

戸建て:3,872円
マンション:2,552円

最大20,000円

dポイント2,000pt

開通前ポケット
WiFiレンタル可

12ヵ月無料

初回無料
(12ヵ月以内)

遅い&切れる
ニフティロゴマーク
ニフティ経由

戸建て:3,952円
マンション:2,632円

18,000円

dポイント2,000pt

12ヵ月無料

初月無料
@niftyまかせて365利用時
(月額料金550円)

少し待つ
OCNロゴマーク
NTTCommunications経由

戸建て:4,092円
マンション:2,772円

20,000円

dポイント2,000pt

12ヵ月無料

初回無料
(6ヵ月以内)

早い

【比較結果】ドコモ光のプロバイダは「plala」がおすすめ

ぷららロゴマーク

ドコモ光のプロバイダは、総合的に「plala」を選ぶのが一番お得です。

スクロールできます
Plala
(Wiz経由)
GMOとくとくBB
(公式経由)
ぷららロゴマークGMOとくとくBBロゴマーク
実質月額戸建て:3,872円
マンション:2,552円
戸建て:3,872円
マンション:2,552円
キャンペーン20,000円

dポイント2,000pt
最大20,000円

dポイント2,000pt
開通までの
WiFiルーターレンタル
セキュリティー24ヵ月無料12ヵ月無料
訪問サポート初回無料初回無料
(12ヵ月以内)
コールセンター
(対応力)

早い

遅い&切れる

GMOとくとくBBも非常に人気のあるプロバイダで、よくイチオシされている事を見ますが、ネット回線アドバイザーとしての視点や経験からいって、どうしてもPlalaに劣るポイントが3つあります。

しかもこのポイントは初心者にとっては致命的とも言える欠点でもあります。

Plalaのほうが優れているポイント
  • セキュリティーの無料期間が12ヵ月も長い
  • 何かあった時のコールセンター等のサポートに安心感がある
  • キャッシュバックにオプション条件がない

GMOとくとくBBはコールセンターサポートはあるものの、どんなサービスでもものすごく繋がるまでに時間がかかり、混雑時には待っている間に通話が急に切れるといったこともあり、サポートを受けたい日に受けられない可能性があります。

これは、解約時のレンタルしていたWiFiルーターの返却手続きのときにも影響がでるので、手続き自体が遅くなって、結局解約する時に嫌な気持ちになる可能性もあります。

だからこそ、Plala(ぷらら)はGMOとお得さは変わらないのに契約後の安心感が段違いです。

ドコモ光(WIZ)

\ キャッシュバック最高額 /

GMOとくとくBBのドコモ光を選ぶ時の注意点

ドコモ光(GMOとくとくBB)
ドコモ光(GMO)の注意点
  • なにかあった際の問合せ時(コールセンター)に繋がらないことが多い!
  • コールセンターは繋がらなくても通話料がかかる(ナビダイヤル)
  • キャッシュバックにはオプション加入条件がある
  • 色々な条件を含めると最安値にならない

GMOは全体的にWEBサポートをメインとしており、コールセンターはいつでも混雑気味でかなり待たされます。

またキャッシュバック額自体は大きいですが、光TVやDAZN等のオプションをつけないと最大20,000円キャッシュバックに到達しません。

困った時に自分で解決できない方、最安値を望む方全てに向いていないプロバイダと言えます。

結局いくらになる?ドコモ光の料金シミュレーション

ドコモ光を検討している方向けに、あらゆるパターンでシミュレーションをしてみます。

シミュレーションパターン
  • 1人暮らし(ドコモスマホユーザー)
  • 3人暮らし(ドコモスマホユーザー)
  • 1人暮らし(ahamoユーザー)

1人暮らし(ドコモスマホユーザー)の場合

ドコモスマホユーザーがマンション1人暮らしで「ギガホプレミア」に加入しており、かつドコモ光を「plala」で契約した場合でのシミュレーションです。

ドコモユーザーと他社ユーザーとの比較は、ドコモ光セット割の1,100円割引が適用されるかされないかです。

ドコモユーザードコモユーザーでない
実質月額料金2,552円3,432円
キャッシュバック20,000円
dポイント2,000pt
20,000円
dポイント2,000pt
月額料金
事務手数料
4,400円
3,300円
4,400円
3,300円
ドコモ光セット割-27,500円
(-1,100円×25ヵ月)
※ 計算方法はセット割(-1,100円)適用価格の25ヵ月間分の総額・事務手数料(3,300円)からキャッシュバック額を引いて25ヵ月で割った金額です
※工事費用は無料でシミュレーション

ドコモユーザーの場合、実質月額料金が2,552円で利用できるため非常にお得と言えます。

3人暮らし(ドコモスマホユーザー)の場合

次に戸建て家族3名(ギガホプレミア2名+ギガライト1GB未満)で算出してみます。

家族構成料金プランドコモ光セット割
5Gギガホプレミア-1,100円
ギガライト(~1GB)
ギガホプレミア-1,100円

ギガホプレミアの場合は何ギガ利用していようと必ず1,100円の割引が適用されますが、ギガライトで1ギガ未満だった場合は割引はありません。

よって上記の場合は、合計2,200円/月の割引となります。

ドコモユーザードコモユーザーでない
実質月額料金2,772円4,972円
キャッシュバック20,000円
dポイント2,000pt
20,000円
dポイント2,000pt
月額料金
事務手数料
5,720円
3,300円
5,720円
3,300円
ドコモ光セット割-55,000円
(-1,100円×25ヵ月)
※ 計算方法はセット割(-1,100円)適用価格の25ヵ月間分の総額・事務手数料(3,300円)からキャッシュバック額を引いて25ヵ月で割った金額です
※工事費用は無料でシミュレーション

家族がドコモで揃えていると、ドコモ光セット割の適用額も増えるため、他社利用と比較すると月額料金にかなりの開きが出てきます。

よってドコモユーザーはドコモ光を選ぶのが一番お得ということがわかります。

1人暮らし(ahamoユーザー)の場合

ahamoユーザーの場合、ドコモ光セット割は適用されません。

マンション1人暮らしで、ギガホプレミアだった場合とahamoユーザーを比較してみました。

ドコモahamo
料金プランギガホプレミア
(~60GB)
ahamoプラン
(~20GB)
スマホ月額料金7,205円2,970円
ドコモ光月額料金4,400円4,400円
事務手数料3,300円3,300円
ドコモ光セット割-27,500円
(-1,100円×25ヵ月)
キャッシュバック20,000円
dポイント2,000pt
20,000円
dポイント2,000pt
実質総合料金
(スマホ+光の25ヵ月分)
9,757円
(243,925円)
6,402円
(160,050円)

料金自体はギガホプレミアとahamoの月額料金の差が開きすぎていることもあり、25ヵ月総額ではahamoに軍配が上がりましたが、利用可能ギガ数の差が大きいため仕方ないところもあります。

ahamoユーザーはドコモ光以外の格安コラボ光にされるのがおすすめです。

ドコモ光をさらにお得にするコツ

ドコモ光を申し込むなら、ドコモのクレジットカードサービス「dカードGOLD」を一緒に申し込むのがおすすめです。

dカードGOLDは年会費11,000円で、スマホ料金の10%をdポイント還元してくれます。

そのスマホとドコモ光がペアになっていれば、ドコモ光の月額料金に対してもポイントが10%還元になります。

仮にスマホ料金が8,000円でドコモ光が4,000なら、dポイントが毎月1,200pt、年間14,400ptもらえる計算になります。
※スマホの分割代金やドコモ払いなどは10%還元の対象外です

▶dカードGOLDについてもっと詳しく知りたい

また貯まったポイントは毎月のスマホ代金に充当することができ、よりお安く持つことができます。

dカードGOLDを持つメリット
  • 毎月のスマホ代金やドコモ光代金の10%分ポイント還元
  • 年間100万円の利用で10,000円分のクーポンがもらえる
    ※年間200万円なら20,000円分のクーポンがもらえる
  • dカードケータイ補償で10万円まで端末代金を補償
  • 自動付帯保険が付属(国内外旅行保険/お買い物あんしん保険)
  • 空港ラウンジが無料、海外レンタカーが格安
Rui

年会費が11,000円しますが、毎月の利用料金に対してポイント10%還元してくれる他、年間100万円(84,000円/月)利用すれば1万円のクーポンがもらえます。外での買い物は1%還元のですが、100万円利用したということは10,000pt付与されることになるため、年会費は簡単にペイできます。

新規申し込みキャンペーンだけでも年会費がペイできる

2021年9月のキャンペーンでは、最大11,000pt還元キャンペーンを行っているため、初年度は年会費は実質無料と考えてもいいです。

ポイントもお金と同じ使い方ができるため、ドコモ光とdカードGOLDはセットで持つべきなのです。

ahamoユーザーの場合、ポイントは10%還元になるものの、上限300pt/月しか還元されないようになっています。
ということは300pt×12ヵ月で3,600ptしか付与されないため、年会費が11,000円なので7,400円分届かない計算になります。
しかしahamo×dカードGOLDでセットにした場合、月の利用ギガ数が通常20GBのところ、+5GB増加され合計25GB利用することができます。

ドコモ光のよくある質問

ドコモ光の支払い方法は何がある?

ドコモ光の支払方法はドコモスマホと紐づくため、スマホ料金と同じ支払方法になります。

ドコモ光を申し込む際は、どの電話番号とペア(紐づけ)にするか考える必要がある他、ドコモ光の契約名義はペアにしたスマホ契約者と揃える必要があります。

ドコモスマホを持っておらず、単独でドコモ光に申し込む場合は、口座振替かクレジットカードからの”引き落とし”が必須で、コンビニ払いなどの請求書での支払いは不可です。

ドコモ光セット割はどこから割引されるの?

ドコモのスマホとドコモ光をセットにすることで、最大1,100円が永年割引されます。

ドコモを取り扱う店員は、お客さんに分かりやすく説明するために、ドコモ光のネット代金から割引されているような見積書を作成することが多いですが、セット割の割引金額はスマホ代金から引かれます。

注意ポイント

ドコモはファミリーグループを三親等以内なら20回線まで組むことができ、同じファミリーグループ内にドコモ光を引いている身内がいれば、自身のスマホの料金プランが「ギガホプレミア」「ギガライト」などのギガプランに限り、自身の世帯も光セット割引の恩恵をすでに受けています。よって、自身がドコモ光を引いたとしても、光セット割引は増額しませんので注意してください。

ドコモ光の契約後の料金確認方法は?

ドコモ光契約後の料金確認方法は「My docomo」から見ることができます。

しかし見ることが可能なのは、支払いの代表回線からのみです。
※支払いがスマホと光のみの場合はペアにしている回線

ドコモ光の料金確認方法
  1. My docomoにログイン
  2. dアカウントでログインする
  3. 「データ・料金」を選択する
  4. 確認したい月を選択する
  5. ドコモ光を選択する
Rui

マイドコモは、WiFiにつないでいる場合はdアカウントを求められ、WiFi以外の場合はネットワーク暗証番号を求められます。

ドコモ光の解約方法は?

ドコモ光の解約方法は「ドコモショップ」か「インフォメーションセンター(151)」で解約できます。

インフォメーションセンターであれば、電話一本で解約できるので楽です。

解約時の注意点
  • プロバイダとの契約が残る可能性がある
  • レンタルしているWiFiルーターはプロバイダ指定の方法で返却手続きが必要
  • ひかり電話も解約となり使えなくなる可能性がある
スクロールできます
プロバイダドコモ光解約時の
自動解約
問い合わせ先繋がりやすさ
ぷららロゴマーク【光電話から】
0120-971391
【携帯電話から】
050-7560-0033(有料)
GMOとくとくBBロゴマーク【入会前】
0120-377-109(無料)
【入会後】
0570-045-109(有料)
ニフティロゴマーク
一部サービスのみ継続
03-6625-3232(有料)
ビッグローブロゴマーク
意思確認の用紙が郵送される
【固定電話から】
0120-86-0962(無料)
【携帯電話から】
03-6385-0962(有料)
OCNロゴマーク0120-506-506(無料)
※2021年9月現在の情報。

GMOとくとくBBは本当に問合せにつながらないことで有名なプロバイダなので、解約するとなった際の手続きなどで困る可能性があるかも?という想定はしておいたほうが良いです。

PlalaやOCN等のNTT系プロバイダは、多少待つこともありますが、比較的すぐ繋がるので、解約時にかかる手間も少ないです。

ドコモ光を解約する時に料金はかかる?

ドコモ光を定期契約あり(2年契約)プランにしており、更新月以外で解約する場合は解約金がかかります。

解約違約金
戸建て14,300円
マンション8,800円
※定期契約ありの場合

契約更新月は「My docomo」から確認することができます。

また解約月の月額料金は日割りにならないため、月初めの解約は少し損をすることになります。

まとめ 

この記事のおさらい
  • ドコモ光はWiz経由のplalaが一番お得で安心
  • plalaならWiFiルーター無料レンタル、セキュリティ24ヵ月無料
  • パワフルなWiFiルーターをレンタルするなら公式サイト経由のGMOとくとくBB
  • ドコモ光はドコモユーザー以外はお得にならない
  • ドコモ光を申し込むならdカードGOLDはセットにしよう

ドコモショップや公式サイトから申し込む方法はありますが、少しでもキャッシュバックを多くもらいたいなら代理店経由での申し込みがおすすめです。

申し込みフォームから必要事項を入力するだけなので、非常に簡単に申し込むことができます。

ぜひチャレンジしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
この記事のもくじ
閉じる