200GBのポケット型WiFiを徹底比較|選び方と目的別のおすすめを紹介

200GBのポケット型WiFiを徹底比較

実際のところ200GB使えるポケット型WiFiはどこが良いの?

Chat WiFi・どこよりもWiFi・WiMAXなどあるけど、自分にどれがあっているのかイマイチ分からないという方って非常に多いです。

たしかにプラン内容や利用回線・契約期間の情報などが大幅に違うので、どの会社を選べばどのように使えるのかイメージが付きにくいものです。

ここからは200GBプランで人気のあるChat WiFi運営者だからこそわかる情報を踏まえて詳しくご説明します。

この記事の監修者
瀬戸根(セト・せっちゃん)

瀬戸根 弘宜
ネット回線アドバイザー,WiMAXマスター

神戸新聞社が認めるネット回線アドバイザーであり株式会社LIFEFiTの代表取締役。利用ユーザーのことを第一に考えた、本来あるべきインターネット回線の選び方を提唱。
監修者プロフィール(マイベストプロ)

それではまず、200GB使えるポケット型WiFiの種類から解説します。

無制限のポケット型Wi-Fiをお探しの方はこちら

この記事の目次

200GB使えるポケット型WiFiは5種類ある

毎月200GB使えるポケット型WiFiは5種類あります。

  1. Chat WiFi
  2. FUJI WiFi
  3. hi-ho Let’s WiFi
  4. どこよりもWiFi
  5. WiMAX+5G

細かく言えば、他にもレンタル系のみんなのWiFiや、法人系のDoRACOONなどもあります。

ここでは一般ユーザー向けの情報なので、一般向けの会社に絞って解説します。

Chat WiFi

Chat WiFi
データ容量月200GB
速度制限月200GB超過後
月末まで128Kbps制限
月額料金4,780円
※クーポン利用で
キャンペーンクーポン利用で毎月割引
クーポン:chat-r200-blog2
初期費用事務手数料:3,300円
※クーポン利用後
端末U2s/G3000
端末代無料(レンタル)
通信速度目安平均15Mbps
契約期間なし
※縛りなし
解約金0円
※端末返送は実費
Chat WiFiのプラン詳細
ここが魅力
(メリット)
ここがイマイチ
(デメリット)
  • 契約期間の縛りがない
  • 解約時の費用が安い
  • 通信速度は平均的
  • クーポン利用で安くなる
  • クラウドSIMでエリアが広い
  • 端末代が無料
  • クーポンを非適用だと初期費用が1078円高い
  • 初月日割りがない

Chat WiFiの特徴・口コミも是非ご覧ください。

申込時は必ず、クーポン「chat-r200-blog2」ご入力してください!毎月割引料金+事務手数料も割引になります。

\ クーポンでめっちゃお得 /

クーポン:「chat-r200-blog2」

FUJI WiFi

データ容量月200GB(SoftBank SIM)
or
1日10GB(クラウドSIM)
速度制限どちらも規定容量超過後、回線停止状態になる。
※1日制限は翌日0時に解除
※月制限は翌月1日に解除
月額料金5,995円
キャンペーン■デポコミコース
デポジット5,000円先払いで毎月500円割引
※1年後に返金されます。
初期費用事務手数料:3,300円
端末U3・H01
(SoftBankSIMのみG3あり)
※送られてくる端末はランダムです。
端末代無料(レンタル)
通信速度目安平均17Mbps
契約期間なし
※縛りなし
解約金0円
※端末返送は実費
Chat WiFiのプラン詳細
ここが魅力
(メリット)
ここがイマイチ
(デメリット)
  • 2種類のプランから選べる
  • 比較的通信速度は速い
  • 月額料金は少々高め
  • デポコミコース利用時1年未満の解約は返金されない

FUJI WiFiの特徴・口コミも是非ご覧ください。

\ プランが2つから選べる /

hi-ho Let’s Wi-Fi

hi-ho Let's WiFi
データ容量1日7GB(月200GB相当)
速度制限1日7GB超過した日の
翌々日(1日中)128Kbpsに制限
月額料金4,730円
キャンペーン■鬼コスパキャンペーン
初月含む7ヵ月1,452円割引
+
事務手数料無料
初期費用事務手数料:0円
端末U2s
端末代無料(プレゼント扱い)
通信速度目安平均12Mbps
契約期間2年間
解約金1~12ヵ月目:19,800円
12ヶ月目以降:10,450円
※更新月(25ヶ月目)のみ0円
hi-ho Let’s WiFiのプラン詳細
ココが魅力!
(メリット)
ココがイマイチ
(デメリット)
  • 1日7GBも使える
  • キャンペーンで費用が安い
  • 端末代が無料
  • 解約後の端末返却不要
  • 1日7GBギリギリだと月200GB使えない可能性がある
  • 途中解約時の違約金が高い
  • 最近不安定という声が増えている

hi-ho Lets WiFiの特徴・口コミも是非ご覧ください。

\ 解約時の端末返却不要 /

どこよりもWiFi

どこよりもWiFi
データ容量最大月200GB
速度制限月200GB超過後
月末まで128Kbpsに低下
月額料金~4,400円
※縛りなしは+500円
※料金は段階性
キャンペーン■2年割
毎月500円割引
初期費用事務手数料:3,300円
端末JT101
端末代無料(レンタル)
通信速度目安平均15Mbps
契約期間2年間
※縛りなしは+500円
解約金1~24ヵ月目:10,450円
※更新月(25ヶ月目)のみ0円
どこよりもWiFiのプラン詳細
ここが魅力的
(メリット)
ここがイマイチ
(デメリット)
  • 毎月の利用データ容量に応じた段階定額制で無駄が少ない
  • 2年契約なら毎月500円安くなる
  • 端末代が無料
  • docomo SIMはサブ回線なので通信速度に不安がある
    ※過去のdocomo simのポケット型WiFiは遅さで不人気になっているもの多数
  • 2年契約は20ヵ月以上使わない人には向かない
  • 端末のデータ通信量カウントは毎月自分でリセットが必要
  • docomo simに変わってからの口コミがない

どこよりもWiFiの特徴・口コミも是非ご覧ください。

\ 段階定額制で無駄がない /

WiMAX+5G(UQ WiMAX)

データ容量1ヵ月実質無制限
※3日15GB制限有
速度制限直近3日15GB利用後
翌々日18~2時まで1Mbpsに低下
月額料金4,268円
※WiMAX+5Gはじめる割適用後
キャンペーン■WiMAX+5Gはじめる割
毎月500円割引
■ギガ放題プラススタートキャンペーン
5,000円キャッシュバック
初期費用事務手数料:3,300円
端末Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
端末代21,780円
通信速度目安平均40Mbps
契約期間2年間
解約金1~24ヵ月目:1,100円
※更新月(25ヶ月目)のみ0円
UQ WiMAXのプラン詳細
ココが魅力的
(メリット)
ここがイマイチ
(デメリット)
  • 200GB以上使える
  • 通信速度が最速クラス
  • WiMAX+5Gから(従来プラン)より室内の安定度が大幅強化された
    ※auスマホのメイン回線(4GLTE(2.1GHz))が使えるようになったため
  • 月額料金は他200GBとそんなに変わらない
  • いつ解約しても解約金は1,000円しか掛からない
  • キャッシュバックがある
  • 端末代が掛かる(無料のプロバイダもある)
  • 3日15GB制限がある

WiMAX+5Gの特徴・口コミも是非ご覧ください。

200GBのポケット型WiFiはどの種類が良いの?

200GB使えるポケット型WiFiは5社ありますが、大分類上では以下4種類となっています。

  • クラウドSIM
    (Chat WiFi・FUJI WiFi・hi-ho Let’s Wi-Fi)
  • SoftBankSIM
    (FUJI WiFi)
  • docomoSIM
    (どこよりもWiFi)
  • WiMAX+5G
    (各社プロバイダ)

この4種類のポケット型WiFiは、それぞれ「対応エリア」と「通信速度」にかなり違いがあるので、比較しながら解説します。

4種類のポケット型WiFiの特徴比較

4種類に分類しましたが、SoftBankSIMだけはスマホで利用されているメイン回線と、帯域制限のあるMVNO(サブ回線)の2種類あるので分けてご説明します。

スクロールできます
種類対応エリア
(都会)
対応エリア
(田舎)
通信速度
(平均)
通信速度
(混雑時(夜))
クラウドSIM
(基本MVNO)
問題なし問題なし平均15Mbps平均10Mbps
SoftBankSIM
(メイン回線)
問題なし問題なし平均30Mbps平均15Mbps
SoftBankSIM
(MVNO)
問題なし問題なし平均10Mbps平均5Mbps
docomoSIM
(MVNO)
問題なし問題なし平均10Mbps平均5Mbps
WiMAX+5G
(メイン回線)
問題なし弱い場所もある※平均45Mbps平均25Mbps

※プラスエリアモード利用時は「かなり広い」です。

WiMAX以外のポケット型WiFiは、「利用している回線がメイン回線・サブ回線のどちらか」により通信速度の安定性が大きく違ってくるということです。

そしてプラチナバンドLTEを利用できるかどうかで、田舎での繋がりやすさに差がでるということ。

ただクラウドSIMに関してはプラチナバンドLTEは使っているものの、メイン回線かサブ回線かはっきりしておらず、クラウドSIMの仕入れ先によって変わるので、ポケット型WiFi次第で少し差が出るということです。

ちなみに、通信速度だけならWiMAX+5Gは圧倒的に速いです。また、FUJI WiFiのSoftBankSIMはサブ回線かメイン回線のどちらを利用しているのかわからなくなりました。(遅くなったという声からサブ回線に変わった可能性も。)

現実的には通信速度の安定性を考慮して、今安心できるのはWiMAX+5GかクラウドSIMです。

本当にその通りですね。docomoSIMは名前的に安心感はありますが、プレミアモバイルやスマモバでかなり酷評でしたし、妥当だと思います。

【簡単まとめ】200GB使えるおすすめのポケット型WiFiは4社

通信速度が安定しないと使い物にならないと考えると、200GBで選ぶなら以下4種類がおすすめです。

  • Chat WiFi (クラウドSIM)
  • FUJI WiFi (クラウドSIM)
  • hi-ho Let’s WiFi (クラウドSIM)
  • WiMAX+5G(WiMAX)

やっぱり200GBも使うならある程度は通信速度がでないとダメですね。

そこまで速度はいらないという人もいますが、混雑時の速度で満足度が大きく変わるので、通信速度が速いポケット型WiFiを選んだほうが失敗は少ないです。

そもそも200GBはどのぐらい使えるの?

そもそも200GBはどの程度使えるのか参考データを用意しました。

サービス利用可能時間
Youtube(720p)約300時間
(1時間:約660MB)
Youtube(480p)約400時間
(1時間:約500MB)
NETFLIX約280時間
(1時間:約700MB)
Instagram約500時間
(1時間:約400MB)
ZOOM約320時間
(1時間:約600MB)
GoogleMAP約30万回検索
(1回:約0.6MB)
LINE通話約1万時間
(1時間:約20MB)
LINEビデオ通話約660時間
(1時間:約300MB)
ゲームアプリ1000~4000時間
(1時間:約50~200MB)

1ヵ月30日として、1日12時間ネット利用すると仮定した場合、1ヵ月のネット利用時間総数は360時間になります。

使用例

1日のうち、ネットサーフィン・アプリを2時間、仕事でZOOMを1時間、寝る前にNETFLIXを3時間見る場合。
利用するデータ通信量は1日約3GBほどです。(ネットサーフィンのデータ使用はかなり少ない)

この例から考えても、どのサービスもほどほど満足に利用できる結果と言っても過言ではありません。

またそもそも一日10時間ぐらい動画を見る!という方だと、そもそも光回線でないと足りない可能性が非常に高いのでご注意くださいね。

最近、パソコンOSのアップデートで1回10GB以上使う場合があります。またスマホアプリもたくさん入れているとそれだけ容量を使ってしまうので、一つのサービスだけで考えず総合的に利用時間から判断するのがおすすめです。

200GBという数字は小さくみえますが、使うとなると結構大変なデータ容量です!

もし、200GBも使わなさそう!という方は、以下おすすめのポケット型WiFiがわかる記事より、お探しいただくことを推奨します。

プロ厳選のおすすめポケット型Wi-Fi9選|データ容量・速さ別に契約するべき選択肢がわかる

結局どれがおすすめ?200GB使えるポケット型WiFi4社を徹底比較

まずは比較表をご覧ください。

スクロールできます
ポケット型WiFi実質月額2年総額データ容量キャンペーン月額料金初期費用端末代通信速度解約金
Chat WiFi5,103円127,578円200GB■クーポン割引
クーポン:chat-r200-blog2
4,928円4,378円無料平均15Mbps0円
FUJI WiFi5,577円139,425円200GBデポコミで毎月550円割引
※初月5,000円入金必要
5,445円
※割引適用後
3,300円無料平均15Mbps0円
hi-ho Lets WiFi4,382円109,538円1日7GB
(200GB相当)
鬼コスパキャンペーン
(6ヵ月1,452円割引+事務手数料無料)
4,730円0円無料平均15Mbps1~12ヵ月目:19,800円
12ヶ月目以降:10,450円
※更新月(25ヶ月目)のみ0円
WiMAX+5G5,081円127,030円無制限
※3日15GB制限あり
■WiMAX+5Gはじめる割
2年間550円割引
■ギガ放題プラススタートキャンペーン
5,000円キャッシュバック
4,268円
※割引適用後
3,300円21,780円平均35Mbps更新月以外:1,000円
※更新月(25~27ヶ月目)のみ0円
2年利用想定の比較(25ヶ月目解約想定)

まずこの比較表の結果分かることは下記4つです。

比較からわかること
  • 200GB最安値はhi-ho Lets WiFi
  • 縛りなしの最安値はChat WiFi
  • 200GBで足りないならWiMAX+5G
  • 速度を求める人はWiMAX+5G

それでは、比較結果を細かく解説します。

比較結果①:200GB最安値はhi-ho Lets WiFi

hi-ho Let's WiFi

hi-ho Lets WiFiは鬼コスパキャンペーンのおかげで、割引が沢山あり、事務手数料まで無料になっています。

その結果、2年間利用した際の総コストは109,538円となり、Chat WiFiより18040円も安く利用できます。

しかし解約するタイミングが2年以内だったり、更新月を逃してしまうと、場合によってはChat WiFiのほうが安くなります

ただ上手に2年間利用した場合、200GB使えるポケット型WiFiの最安値はhi-ho Lets WiFiです。

\ 解約時の端末返却不要 /

【注意】hi-ho Lets WiFiの1日7GBは月200GB使えない可能性がある

hi-ho Lets WiFiの1日7GB制限には大きな弱点があり、たくさんデータ容量を使う人の場合、逆に200GB相当も使えなくなる可能性があります。

その理由は、1日7GB以上利用した際に掛かる速度制限にあります。

1日7GB制限による速度制限は、超過した翌々日(1日中)に掛かり、速度制限時の通信速度は128Kbpsとなり、WEBサイトの閲覧すら厳しい状況になります。

もし仮に1ヵ月のうち3分の1程度が速度制限に掛かる場合は、150GB程度になることも考えられます。

1日7GB制限の利用シミュレーション

1ヵ月30日として、毎日6.5GB利用だけど「10日間だけ1日10GB利用する場合」は、どうなるのか?

・10日間10GB利用:100GB
・速度制限10日間(10日使いものにならず):0GB
・日常利用6.5GB×10日:65GB

合計165GBしか使えなかった計算に。

正確には1日7GBではなく6.99GBまで使えるものの、毎日コンスタントに7GB以下で済むとは限らない以上、一度速度制限に掛かってしまうと、1ヶ月あたりに使えるデータ容量は減っていく一方です。

結局のところ、hi-ho Lets WiFiの端末U2sはデータ使用量のモニタリングがしづらいので、1日7GBを超過しないように使える人でないと満足に利用できない可能性があります。

単純な話、hiro4404-ho Lets WiFiの料金は魅力的ですが、月200GBも使えない可能性が充分にあるので注意が必要です。

比較結果②:確実に200GB欲しい!解約時期未定ならChat WiFiがおすすめ

Chat WiFi

確実に200GB使えるポケット型WiFiがいい!更に契約期間の縛りがあるのは嫌だという方はChat WiFiが最安値となります。

Chat WiFiは確実に200GB使えるだけでなく、契約期間の縛りがないのでいつ解約しても解約金不要です。

そのため、今後拡大してくる5Gを待っている間に契約するポケット型WiFiとして利用していただくのに最適です。

hi-ho Lets WiFiより少々高めになりますが、しっかり200GB使っていただけます。また解約金不要なので、いつでも乗換え・解約していただけます。

\ クーポンで毎月割引料金+事務手数料も割引 /

クーポン「chat-r200-blog2」

比較結果③:WiMAX+5Gは200GB以上使う+速度を求める人に最適

WiMAX+5Gイメージ

WiMAX+5Gは、3日15GB制限があるものの、1ヵ月無制限なので200GB以上利用することができます。

3日15GB制限も、直近3日間の利用合計が15GB以上になった翌日18時~2時までの計8時間だけ、約1Mbpsほどに低下するというものです。

約1Mbpsという速度はYoutube(480p)が問題なく再生できるレベルなので、一般的なWEB利用は全く問題ありません。また、18時より前の時間帯は速度制限が全くないので、ビジネス利用としても使いやすいです。

ただ、UQ WiMAXでWiMAX+5Gを契約する場合は端末代21780円もかかるので注意が必要です。

WiMAX+5Gはプロバイダによって料金・キャンペーン・契約期間等の詳細が変わります。なので、最適なプロバイダを選んだほうが良いです!

\ 専門家によるプロバイダ比較 /

200GB使えるポケット型WiFiはいくつかあり、各ポケット型WiFiには様々な特徴があり、一長一短あるので人によっては選ばないほうが良いポケット型WiFiもありました。

トクに目に見えない回線に関する特徴で、サブ回線は通信速度が遅く不安定なことが多かったりするわけで、月額料金の安さだけで決めることができませんでした。

ではこの記事でお伝えしたことをまとめます。

簡単まとめ
  • 200GBのポケット型WiFiはクラウドSIMかWiMAXで選ぶのが良い
  • 現在のdocomoSIM/softbankSIMは安定とは言い切れない
  • 200GBの最安値ならhi- ho Lets WiFi
  • hi-ho Lets WiFiは200GBも使えない可能性がある
  • 200GBの縛りなしなら最安値はChat WiFi
  • 200GBで足りないor速度を求めるならWiMAX+5G

この記事でお伝えした重要なポイントをまとめると、上記のようになります。

結果的に200GBでは、「hi-ho Lets WiFi」「Chat WiFi」「WiMAX+5G」のうち利用用途やニーズに合わせておすすめが変わるというわけです。

ぜひ参考にしてくださいね。

200GBのポケット型WiFiを徹底比較

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事の目次